えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

熟女

出会い系サイトで熟女好きさんを探してつまみ食い。

投稿日:

現在49歳になる女性です。

世の中的には熟女と言ってもらえるギリギリのラインの年齢にいますが、この年になっても、セックスが大好物です。

また、言い方を変えればこの年になってからの方がセックスの良さを知ったのです。

 

私は結婚前には男性を1人しか知らず、現在の夫と結婚してしまったので、結婚後は男性は2人しか知らずに人生を終わると思っていました。

しかし、一昨年に夫の浮気が発覚したのです。

それまでは浮気疑惑?らしい事は何度もありましたが、証拠を掴めずにいましたが、一昨日にとうとう夫の浮気の証拠を掴みました。

それからは、一気に夫への気持ちも覚めて、夫は肉体関係は無くなりました。

 

そして、一気に私は外の男性に目を向けて、出会いを求めまくりました。

今日は私が普段どんな風に夫以外の男性とセックスをしているか、こっそり話したいと思います。

 

【出会い系は熟女好きが集う場所】

出会い系のサイトを使う様になったのは2年前のことでした。

私はスマホのアプリを使って、出会い系に登録をして、自分の年齢と似ている芸能人をプロフに入力して、割り切ってお付き合いができる男性を求めている事を付け加えました。

すると、5時間程度で6人の男性からメッセージが来たのです。

その瞬間に、熟女系ってまだまだ出会い系では需要があると知りました。

中にはいらやらしい言葉や文章をダイレクトの書き込んでくる、あきらかに冷やかしの男性もいましたが、その中で一回り以上下の医療関係で働く男性のメッセージには好感が持てたので、ラインを交換して連絡を取り始めました。

 

彼は独身の男性でしたが、大学生の時からとにかく年上の女性に憧れがあり、何人かと年上の女性とお付き合いをした経験もあると言うのです。

ラインをするようになって、2日目にして、会いたいですと言われたので、私はとてもぞくぞくしました。

 

こんな感覚は結婚して初めてだと思ったので、その日の夕方に、思わず久々にマイミニローターを出してきて、オナニーをしてしまったほどです。

その日のお昼間に彼の画像を送信してもらったので、まだ会わぬ彼の画像を見ながら、オナニーをしたら、とっても興奮したので、オナニーをしながら、早く彼に抱かれたいと思いました。

 

【緊張している彼をリードしてあげました】

会う約束をしてから2日後の午後に彼が半休を取れると言うので、お昼に都心の某駅改札で待ち合わせをしました。

私は緊張よりも、もし、実際の私を見て、余りのおばさんに引いてしまうのではないか?と恐怖心の方がありましたが、彼は私を見て、想像より若いですと言ってくれたので、すっかり気分を良くしました。

しかし、反対に彼が猛烈に緊張をしていることが分ったので、緊張を和ます為に、まずは映画を見ることにしました。

 

丁度恋愛物の映画が上映されていたので、迷わずその映画を選びました。

映画を見ながら、私が彼の手を握ると、彼も手を握り返してきました。

そして、次の瞬間に私は自然と、彼の股間に手を伸ばしました。

既に半勃起している彼の性器をズボンの上から撫でました。

彼は体をもぞもぞと動かしているので、耳元で、「ホテルへ行く?」と聞くと、しっかり頷いたので、映画のクライマックスを見ずに、席を立ちました。

タクシーに乗り込むまでは無言でしたが、彼が携帯で近くのラブホを検索して、運転手さんに住所を津宛くれました。

10分程度の道のりでしたが、しっかり手を繋いでいました。

 

【若いのにがつがつしていない彼に逆に興奮してしまった私】

ホテルの部屋に入っても、私を押し倒すわけではなく、とても落ち着いている彼でしたが、まだ緊張はしているようにも感じました。

彼が二人でシャワーを浴びませんか?と誘ってくれましたが、やはり年齢には勝てない肉体を見られるのは嫌なので、それは拒みました。

別々にシャワーを浴びた後は、まずは私は彼の性器を加えてフェラをしました。

男性の性器はこれで3本目だと思うと、妙に興奮をして、フェラしながら濡れていました。

 

私がフェラをしながら、感じている事を察してくれたのか?彼が69しましょうと言ってくれました。

ライトをもう一段階暗くして、私は彼の上に乗りました。

彼の長い舌が私のクリトリスの周りを丁寧に愛撫してくれて、声を出さずにいられませんでした。

本当はコンドームを用意してきましたが、あまりにクリトリスの愛撫が気持ちよくて、私はくるりと体制を変えて彼の性器を私の中に入れました。

 

彼の上に乗って、賢明に腰を振り続けると、彼は小さく、「ううぅ」と言うと、私の中でドクドクと音を立てて、果てました。

私はあと少しでいきそうでしたので、少し残念でしたが、それを察してくれて、彼が自分の性器を抜いたばかりの私の性器を再び舐めれくれて、結果、手マンでいかせてくれました。

彼とはその後も4回程会って、セックスをしましたが、私が別の30歳男性と出会い系でにて知り合ったので、4回で関係は終わりました。

今、思っても純粋な彼だったと思います。

そんな感じで、この2年間はサイトで出会った熟女好き男性を摘み食いしております。

-熟女
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

熟女デリヘルのメッカ鶯谷の魅力とエッチ体験について

鶯谷は熟女の代名詞がつくほど、性産業が発展していて、駅北口にはズラリとラブホテルが立ち並ぶ独特の雰囲気が漂う街です。 近くにある吉原や川崎堀之内とは違い、ソープランドではなくデリヘルとホテへㇽが滅茶充 …

no image

最初で最後の熟女との体の関係。生で挿入してしまった

■寮母さんがいました 社会人になり、会社の寮に入ることになりました。 今時珍しい寮母さんがいる寮でした。 普段は会社で忙しく、食事の時くらいしか顔を合わせることがありませんでした。 正確な年齢は分かり …

no image

親友のママに愛されてしまったプチっと年の差レズ

友達のお母さんについ興味持ってしまう趣味の変わった私 つい最近ぼーっとしているときに思い出した、かなりヤバイ思い出があります。 それを経験しているときには自分がイケナイことしている、いや、されていると …

no image

いい感じに熟した人妻さんとえっち。片っ端からペロリ

はじめまして、中部地方のとあるスーパーマーケットで店長をしている40歳の男性です。 スーパーと言えば老若男女多くの方が買い物に訪れてくれる憩いの場所であります。 おかげさまで、私が預かっているお店も朝 …

no image

再会した中年女性が色気あるスケベ熟女に大変身!

■出会いは外科のリハビリ室 約4年前、当時30代後半の私は、持病の腰痛が悪化して地元で有名な外科医院に通い始め、そこのリハビリ室で治療をするのが週末の日課となりました。 何度も通っていると、次第に顔馴 …