えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

アナル・おしり

アナルを使う時には、意思の確認と、事前準備を念入りに

投稿日:

・まずは確認

以前から、彼からアナルでしてみたいとは言われていました。

どうやら、異様に興味があるらしいのですが、今まで交際してきた女性達からは全て断られたそうです。

更に気がとても弱い人だったので、風俗にもいけない人だったんです。

ですが、私もアナルを使った事はなかったので、すぐには返答出来ませんでした。

私は、沈黙で断ったつもりだったのですが、彼は私の沈黙を了解と取ってしまったらしく、早速、その日。

彼はいきなり私のアナルに指を挿入しようとしたんです。

ろくに前戯もしないで、ローション等で濡らしもしない指をいきなり挿入しようとされて、私は慌てて彼から離れました。

私の意思を無視して行為に及ぼうとするなんて、信じられませんでした。

私は、彼にアナルを使うなら別れると泣きながら言い、彼は朝まで私に土下座をしました。

とにかく、アナルを使いたいと繰り返す彼に、私は、時間が欲しいとしか言えませんでした。

まずは、私にきちんと確認して欲しかったです

 

2.そんなにしたいなら

それからというもの、彼から毎日、メールでいつになったらアナルを使わせてくれるのかと、催促されました。

そして、中には指を入れないから、せめて見せて欲しいと言われたんです。

正直、見せる方が抵抗あります。

だから嫌だと言ったら、彼はまるで小さな子供のように「分かった」と納得してくれたんです。

と、思ったのもつかの間、「見たい!見たい!見たい!」と叫ぶんです。

私は、半ばうんざりしていました。

毎日、毎日見せてくれと言われて、正直、心が疲れはてていました。

でも、それを抜かせば優しくて、素敵な人でした。

このままだと嫌われてしまうかもと、思った私は、見せるだけならと、彼が見る事を許可しました。

彼はよほど嬉しかったのか、私のお尻を左右に広げて、じっくりと観察していました。

私は、かなり恥ずかしくて、早く終わって欲しいとしか思えませんでした。

時々、彼が息を吹き掛けてきて、その度にアナルが収縮して、私は逃げ出したかったです。

そして、彼が何度もアナルでしたいと言うので、とうとう私が妥協する事にしました。

一度だけならという条件で、アナルを使う事にしたんです。

 

3.準備は完璧に

アナルを使うにあたり、私は彼に条件を出しました。

まずは、痛いのは嫌だという事です。

そして、必ずコンドームを使って欲しいという事です。

彼は了承し、かなり長い時間をかけて、私のアナルを広げようとしました。

でも、私はその間、恥ずかしくて、恥ずかしくて、その場から逃げ出したかったです。

彼は興奮した様子で、舐めても良いか、とか、気持ち良いかと聞いてきたのですが、私には答える余裕はありませんでした。

指を入れられている事は分かりましたが、違和感のみで、快楽など感じなかったし、彼の指もきつくて、かなり時間がかかりました。

そして、彼自身の挿入までは至りませんでした。

やはり初めてで、私の体が緊張していたという事もあり、彼が挿入しようとした瞬間、アナルが締まってしまったのです。

確かに、アナルは気持ち良いと感じる人もいますが、やはりお互いの気持ちが合わさって、初めて得られるのだと思います。

それから、彼は熱心にアナルの研究をして、いつか私を気持ち良くさせると宣言していました。

 

・やっと

そして、彼は毎日のように私のアナルを広げました。

最初は、どこが気持ち良いのか全く分からなかったのですが、やっと彼の指が2本入るようになった頃に、今までとは違う感覚がしました。

その変化は彼にも伝わったみたいで、彼は今度こそ成功させるから、もう一度だけチャンスが欲しいと言いました。

私は仕方がないと思い了承しました。

でも、彼だけに任せておくのは心配で、事前に私なりに調べておきました。

そして、心の準備もちゃんとしておきました。

アナルを使う男女は意外と多くて、私はこの行為がそんなに特殊ではないのだという事を、自分に言い聞かせました。

そして、彼が挿入したと同時に、息を吐き出し、彼を迎え入れやすくしました。

そして、彼も急ぎたい気持ちを抑えて、私が気持ち良くなるのを待っていてくれました。

最初は、恥ずかしくて顔を上げる事もできなかったのですが、彼が胸や前の方を愛撫してくれて、私の体から緊張感が抜けていきました。

そして、ゆっくりと動き出した彼に、私はリズムを合わせる事で、何とか前回よりは、気持ちよさを感じる事は出来ました。

ですが、絶頂までは至りませんでした。

そして、彼は最後が良くわかっていなかったので、終わった時に乱暴に抜いてしまったです。

そこまでは私も考えていなかったので、しばらくは動く事が出来ませんでした。

アナルを使ってみたいと言われた時に、すぐに了解してはいけないという事は良く分かりました。

そして、了承したからには、ある程度自分で知識を得ておく事も必要なのだという事を、改めて分かりました。

男性ばかりに任せておくのではなく、自分でも調べた方が、より簡単です。

-アナル・おしり
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初めてのアナルは彼氏からの強要!その後は良さを知る私

私がはじめてアナルセックスを経験したのは28歳の時でした。 当時の彼氏は既婚者の41歳の男性でした。 彼とは社内不倫を密かにしていて、どちらかと言うと私は彼を好きで憧れていたので、彼とのお付き合いは彼 …

no image

私がアナルプレイにはまったきっかけは元彼によるアナル開拓

◎男性経験6人目で出会った彼はちょっとだけアブノーマル系。 私は1人の男性と長く付き合っていた時期があったので、31歳の時まで5人の男性としか経験がありませんでした。 処女を失ったのも大学時代と比較的 …

no image

ソフトアナルプレイで責められたい変態性癖

【初めて知った性感帯】 私自身、いわゆる女性のアナルにペニスを挿入するというアナルSEXは、興味がないわけではないのですが、ちょっと抵抗があります。 自分から女性をリードしてアナルに挿入というのに自信 …

no image

年下彼女のアナル舐めとアナルセックスで怒られた話

数年前の事です。 付き合っていた彼女がいました。 彼女は私の6歳下の26歳で、大阪の人材派遣会社でOLをしていました。 背は低く顔は中の中でしたが、Gカップの巨乳をいつも揺らしていました。 Hな事にも …

no image

友人に「浣腸」されたことを忘れられず一人アナルで自慰

アナルへの興味を持ったのは友達によるふざけた「浣腸」行為 昔から手を合わせて指で後ろからいきなり「浣腸!」と言われて肛門を刺してくる人、いましたよね。 いや、そういう真似をしている人は小学校にいたりし …

お問い合わせ

個人で運営しているブログです。

お問い合わせ等ありましたらメールアドレスまでお願いします。

tokky.adult@gmail.com