えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

アナル

アナルセックスの体験談とやり方や動画について

投稿日:

●はじめに

アナルセックスについて話していきます。

話す内容としては、アナルセックスの体験談とやり方の話になりますが、アナルセックスのアダルト動画についても話します。

 

●アナルセックスのやり方を知っておく

多くの人は、アナルセックスの体験談について知りたいかもしれませんが、まずはやり方を知っておいたほうが良いです。

アナル、すなわち肛門というのは、本来は性行為をする場所ではありませんので、やり方や注意点を知っておかないと、色々と危険があります。

 

初めてアナルセックスをするのであれば、ローションとコンドームを用意しておきましょう。

普通のノーマルセックスでも、ローションとコンドームを使用する人は多いですが、特にアナルセックスの場合は、ローションとコンドームは必ずあったほうがいいです。

 

アナルセックスの経験がない人は、アナル処女と呼ばれたりしますが、アナル処女という表現は結構、的を得ていて、初めてアナルセックスをするときは、アナルがとても痛くなることがあります。

 

アナルというのは入り口が狭いですし、そこに勃起したペニスを入れるとなると、痛くなります。

そこで、アナルセックスをする前に、肛門にローションを塗ることが一般的になっています。滑りが良くなり、挿入がしやすくなります。

 

それから、勃起したペニスをアナルに挿入するときは、コンドームを装着しておくことも一般的です。

ローションを塗るのと同様に、滑りを良くして挿入しやすくる効果がありますが、そのほかに、肛門には菌が多いという理由もあります。

 

肛門の菌によって、ペニスが何かの病気にかかる恐れがあるので、コンドームを装着することは必須となります。

そして、アナルにペニスを挿入した後は、普通のセックスとやることは同じです。

ペニスが射精するまで、アナルにペニスを出し入れします。

 

●アナルセックスの体験談と気持ち良さ

これを読んでいる人の中には、アナルセックスは気持ちいいのか、半信半疑の人がいるかもしれません。

そこで、アナルセックスの経験者がどれだけいるのかという、統計のデータがありますので見てみましょう。

 

それによると、アナルセックスの経験者は、アンケートの回答では3割もいます。

この統計の数字が、どこまで正確なものか分かりませんが、実際、アナルセックスを気持ちいいと思う人は多くいます。

 

まずアナル、すなわち肛門というところは、性感帯が集中している場所となります。

そして、アナル周りの性感帯が開発されてくると、快感を感じるようになるのです。

最終的には、ノーマルのセックスと同じように、アナルセックスでイクことが出来きるようになります。

 

アナルセックスの体験談で、気持ち良さについて聞くと、このような話を聞くことが多いです。

男性器や女性器の他に、アナルという新たな性感帯を持つことになるのです。

 

そしてアナルセックスの体験談で、どうしてアナルセックスをやるようになったかを聞くと、ノーマルセックスでのマンネリが理由になることが多いです。

長く付き合っているカップルのセックスというのは、多くの場合、途中でセックスがマンネリになることが多いです。

 

そこで、マンネリを解消するために、アナルセックスをやるカップルが多いようです。

アナルでは、ノーマルとはちょっと違った快感を感じることができるそうです。

また、アナルセックスでは中出ししても、妊娠の可能性がありませんので、これはアナルセックスの大きな魅力となります。

 

ですが、アナルセックスで妊娠の可能性がないといっても、コンドームを装着することが必要なので、本当の中出しはできません。

抗生物質を飲んで、生でアナルセックスをするという話がありますが、普通はコンドームを装着した方がいいです。

 

実際、アナルセックスの体験談を聞くと、必ずコンドームは装着しているようです。

 

●アナルセックスのアダルト動画

アダルト動画の中には、アナルセックスをしているものがあります。

アナルセックスについて知りたいのであれば、体験談を聞くよりも、百聞は一見に如かずで、アナルセックスのアダルト動画を見た方が理解が早いかもしれません。

しかし、アナルセックスのアダルト動画を見るときの注意点としては、普通のカップルがしているよりも、過激なアナルセックスをしている場合があります。

SM関係のジャンルの場合は、特に注意が必要です。

 

アダルト動画でアナルセックスをしているような、女優や男優はアナルのプロのようなものです。

高等テクニックを駆使して、アナルセックスをしていたりします。

そういう意味では、アナルセックスのアダルト動画は、高等テクニックを学びたい、アナルセックス愛好家が見た方が楽しいかもしれません。

 

●無理をしてアナルセックスをやらない

アナルセックスのやり方や体験談を聞いた人の中には、すぐにアナルセックスをやりたい衝動に駆られるかもしれません。

ですがその前に、確認をしておきましょう。

まずは痔の病気を持っていないかです。

 

肛門に痔の病気があるのならば、アナルセックスに取り組む前に、痔の治療をしておきましょう。

痔があるのに、アナルセックスをした場合、痔が悪化する可能性が高いです。

 

また、アナルセックスのやり過ぎで、痔になるときもあります。

アナルの快感を覚えてしまうと、より強い快感を得るために、アナルを激しく弄りたくなります。

そうすると、肛門に負担がかかり、痔などの病気になる可能性が高まります。

 

体験談を聞いても、激しいアナルセックスをやり過ぎて、痔になったという話を良く聞きます。

無理をしない範囲で、気持ちのよいアナルセックスを楽しみましょう。

-アナル
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

苦痛感を超えた先には絶頂が待つアナルセックス。

○アナルセックスを初めて経験した日の思い出。 私はアナルセックスを初めて経験したのは23歳の頃でした。 当時は彼氏もいましたが、彼氏は年下だったので、セックスのリードも下手くそで、彼とのセックスには愛 …

no image

すすきのハードキャバクラ嬢と、ラブホでアナルエッチができた

ハードキャバクラは、すすきので人気 北海道へ遊びに行った時、夜に友人と歓楽街のすすきのに足を運びました。 多くの飲食店や風俗店が立ち並び、ネオンが輝いています。 友人が「ハードキャバクラへ行ってみよう …

no image

セフレとのアナルセックスでアナルの世界に入り込んだ30歳女

私がアナルセックスに目覚めたのは30歳なったばかりの頃でした。 私自身は自他共に目覚める性欲が強いタイプの人間なので、当時は彼氏の他にも完全なるセフレだけの関係を持っている男性はいました。 性欲は強い …

no image

私がアナルプレイにはまったきっかけは元彼によるアナル開拓

◎男性経験6人目で出会った彼はちょっとだけアブノーマル系。 私は1人の男性と長く付き合っていた時期があったので、31歳の時まで5人の男性としか経験がありませんでした。 処女を失ったのも大学時代と比較的 …

no image

ゲイのおじさんにマッサージ中、アナルでメスイキされた

学生の頃までは至ってノーマルだった私、でも今となってはそれは思い出でしかありません。 今でも彼女とは円満で週に一度は性の営みがありますし、彼女もそれなりに満足はしてくれてそうな気がします。 だけど私に …