えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

調教

調教をされる事があたり前の日々。性生活の変化。

投稿日:

私の調教体験についてお話をさせて頂きます。

 

1.調教を受けるようになった経緯。

私は大学生の時に東京へ出てきました。

うちはシングルマザーの母に育てられたので、母は自分の近くの学校へ進学して、就職も地元でしてほしいと願っていましたが、高校まで色々我慢した事が多かったので、大学は補助金を使い、自分の好きな大学へ進学して、アルバイトで生活費を稼ぐつもりでいたので、絶対東京へ行くと言う気持ちは揺らぎませんでした。

私は大学生3年の時に、就職の事を考えて、某出版系の会社でアルバイトを始めました。

その時に私に指導してくれた男性に性生活まで調教を受けることになったのです。

 

2.私を調教してくれた斉藤さんは慕われる人間でした。

私を指導してくれたのは、当時40代後半の斉藤さんでした。

二児のパパででもあり、仕事のとってもできる方で、職場では慕われていました。

私はこのままこの会社に就職をしたいと斉藤さんに相談をしていたので、毎回アドバイスをくれた男性でもあります。

 

そんな斉藤さんと男女の関係になったのはバイトを始めて1年後でした。

その年は就職試験でこの会社を受ける手はずを組んでくれたのも、斉藤でした。

何かと親身になってくれるので、一度お礼を込めて、手作りのパンをあげました。

すると、お礼にご飯をご馳走してくれると言うので、斉藤さんと外で始めて二人で食事をしました。

 

3.食事が終わるとホテルの部屋に招かれました。

その日は少しおしゃれして来るように言われたので、飛び切りのおしゃれをしました。

高層階のレストランでフレンチを御馳走になり、夢心地でした。

すると、食事の後に下に部屋をとってあるから、寄ろうといわれたので、その時は大人としての覚悟を決めました。

男性経験は2人とありましたが、大人の男性は始めてです。

 

斉藤さんは、二人でお風呂でシャンパンを開けようというので、人生初のジャグジー風呂でシャンパンをのみました。

すると、斉藤さんはM美は本当に可愛いねと、キスをしてきました。

その後はとにかく斉藤さんに体を預けて、斉藤さんに2時間ほどたっぷりと愛してもらいました。

 

4.ファザーコンプレックスの私は斉藤さんにはまる。

私は父がいないことから、年上の男性に憧れを持ちつつ、どんな風に接して良いのかわからずにいました。

なので、斉藤さんにも上手に甘えられているか?分らず、斉藤さんに嫌われたくない気持ちで一杯でした。

次第に斉藤さんは私の家に遊びに来るようになり、気がつけばセックスをする度にだめ出しをされる日々がありました。

 

ある日は私のフェラのやり方が良くないと言われて、その日は顎がはずれるよ~ってくらい、何時間も斉藤さんのものをしゃぶりました。

またある日は、私の声の出し方が良くないと言われて、セックスを録画されて、後から何度もダメだしをされました。

そのうちにどんどん斉藤さんの要求はエスカレートして、まるで動物が調教をうけているかのように、厳しく時に優しくされました。

しかし、そんな斉藤さんを失いたいない一心で、私は斉藤にさんに言われるままをしました。

 

5.浣腸プレイまで強要さるようになった日々。

私は斉藤さんの前でオナニーをしたり、またオナニーで使うミニのローターを挿入したまま、二人で買い物へ出る事もありました。

その理由は閉まりを良くする為と、他の男性の視線を感じることで感度が良くなるという理由づけをされていました。

言われるがままにしましたし、段々と調教されることが心地よくなりました。

 

そんなある日、浣腸をされたのです。

その日はベットの脇のシートを敷いて、その上で浣腸をされましたが、一定の時間は出すなと言われました。

しかし、初の浣腸で我慢ができずに、粗相をしたのです。

すると凄く叱られたのです。

浣腸は一定の時間を我慢する事で、快感を得るから、次は絶対に我慢する様に言われました。

自信はありませんでしたが、全力で我慢をしました。

 

すると一気に出して良いと言われて、トレイへ駆け込めるので、凄く快感だということが分りました。

浣腸プレイをした後は斉藤さんがアナルに挿入してきます。

すると本当に締りが良くなるようで、斉藤さん自身も満足をしている様子がありました。

私たちは段々とお互いを縛りつけて、段々と変なほうへ進んでいたのかも知れませんが、それでも二人の関係は尚も続きました。

 

6.新入社員と上司の関係

私は念願叶い、就職試験にも合格して、斉藤さんの部下になったのです。

会社でも一緒。

そして週に2回は私の家に終電までいたので、すっかり夫婦のようでした。

またその頃には斉藤さんの調教を受けないと、何もできないようになっていました。

勿論、男性も斉藤さんだけです。

他の彼と付き合い事も考えましたが、全部の意味で物足りないと感じていますのです。

そんな斉藤さんとは今後も関係を続けています。

今は斉藤さん無しでは生活できません。

それくらい斉藤さんの調教は心地良いです。

-調教
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ダンディーなおじさまとの調教生活

□彼との出会い□ 私には現在、24歳も年上の彼がいます。 彼は既婚者で妻子ありの男性です。 彼との出会いは、とあるカフェの常連同士という関係で知り合いました。 私は福岡県で生活をしているのですが、当時 …

no image

実父に施された浣腸調教と排泄管理~アナルに栓をされて~

私は小学性の頃、給食の時間が嫌でした。 なぜならそれは、私を苦しめる時間だったからです。   ■小学2年生から始まった浣腸調教 私の母は私を産んで間もない頃に病気で亡くなってしまったそうです …

no image

彼女との初Hから変態プレイまで。性欲に支配された毎日。

あの時はまだ17歳。 今からもう10年近く前の事です。 当時初めて女性とお付き合いをし、初めてHしたとき、その後の事をお話ししたいと思います。   彼女との出会い。案外簡単に付き合えました。 …

no image

泥酔した巨乳の部活の顧問を調教して性奴隷にしてやった

なかなかレギュラーに成れない高校の部活 私は現在25歳の男性で、名前は雄太郎といいます。 私は昔からバスケットボールが好きで、小学校・中学校とバスケットボール部に所属していました。 当然高校でもバスケ …

no image

私の全てを調教したい夫との性生活の全てを記録。

私は27歳の時に結婚をしました。 彼との出会いはお見合いでした。 自分の中ではお見合い結婚だけは避けたいと思っていたので、結婚をする事になった時には若干の屈辱みたいなことも実は感じていたのです。 そん …