えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

スワッピング

擬似スワッピングから、リアルスワッピングへ

投稿日:

【ライブチャットという空間】

数年前に付き合っていた彼女との体験です。

当時、彼女は普通のOLとして働いていましたが本職以外で収入が欲しいということで最初、風俗で働くことも検討していたのですが、さすがに見ず知らずの男性との行為ということには抵抗があったようで、チャットレディのバイトを始めました。

そのことは僕にも正直に話してくれました。

最初は抵抗もありましたが、実際に彼女がライブチャットに出演している姿を見ると、普段とは桁違いの興奮を覚えるようになりました。

パーティチャットの覗きでインしていたのですが、他の男にいやらしいことを指示されながら淫らな行為をしている彼女の姿は通常のSEXの時とは違った異様な興奮を感じました。

30代半ばにさしかかり勃起不全などはないですが、一回射精すると回復までに時間がかかってしまい、実際に彼女とSEXする時も2回戦には突入できず、デリヘルなどの風俗で遊んでも、120分で1回しかできないという状況だった僕が、ライブチャットで他の男から「仮想世界で犯される」彼女の姿を見てると1時間で連続2回のオナニーが、ぜんぜん平気で射精しても驚くような回復力ですぐ勃起する自分に驚いたほどです。

 

【犯される彼女の姿に興奮】

そんなネット上の擬似スワッピング的な行為に異様な興奮を覚える自分に気づいた時、「もしかしてリアルなスワッピングをしたらもっと興奮するのではないだろうか?」そんなことを考えるようになりました。

ライブチャットでの擬似スワッピングでは、彼女は他の男に犯されているとはいっても、あくまでネット上の話で、彼女の行為自体はオナニーですし、それを見て興奮しているとはいうものの、僕の行為もオナニーに過ぎません。

本当に他人に犯される彼女の姿を見ながら自分も他の女性とSEXしたらどれだけの快楽が得られるのだろうか?

ライブチャットでの覗きを繰り返す度に、徐々に欲望はリアルスワッピングへと向かっていく自分がいました。

しかし、彼女の同意も必要ですし、何よりその行為に同意してくれるカップルを見つけなければならないというのが最大の問題でした。

 

【思わぬところから】

そんな叶わぬ欲望と妄想を繰り返す日々が続きましたが、思い切って彼女に、スワッピング願望を伝えてみました。

そうしたところ意外にも彼女からはOKの返事ももらい、早速スワッピング相手募集の掲示板やサイトで相手を探して見ました。

ただ、掲示板や専門サイトからでは、なかなかお互いの条件に合うカップルが見つからず、せっかく彼女からのOKが出ているのに、実際に理想のスワッピングにたどり着くまではハードルが高いなぁ。

と感じていたのですが、ダメ元で自分の元カノへ連絡してみることにしました。

とういのも、元カノは中々の変態でして、性的なことへの好奇心は非常に旺盛で付き合っていた当時、自分の友達(女性)を連れてきての3Pまでは体験済みでしたので、今現在付き合っている彼氏でもいればスワッピングに誘えないかと思い、連絡を入れてみました。

久しぶりの連絡が「スワッピング相手探してるんだけど」というとんでもない連絡ですから、嫌悪されても当然だとは思ったのですが、正直にその話をすると「彼氏に聞いてみる」という返事で元カノ自体はスワッピングOKの返事でした。

それから数日後、元カノからの連絡で「彼氏も興味深々」という連絡があり、なんとも身近なところから相手を見つけることができました。

 

【ビジネスホテルのツインルームで】

日程を決め、実際にスワッピング行為に及ぶ場所を考えた時にラブホテルではベッドが一つしかないこと、お互いの自宅も同様だったので、ビジネスホテルのツインルームを予約して、シングルベッド二つで行為に及ぶこととしました。

自分も相手の女性(とは言っても元カノですが)を愛撫しながら、自分の彼女が他の男に愛撫されている姿を目の当たりにするとライブチャットの時とは全く違った興奮が身体の芯を走っていくのを感じました。

彼女の方もいつもより濡れていて非常に興奮している様子でした。

その姿を見て僕の息子もビンビンです。

また僕が愛撫している元カノも付き合っていたころとは比較にならないくらい、トロトロに濡らしていました。

お互いにお互いの姿が見えるようにベッドに向かい会っての愛撫です。

ベッドを横の状態で使っているような感じなので少々窮屈ではありますが、そんなことなど気にならないほどの異様な興奮状態です。

特にお互いに背面騎乗位の状態で挿入部がお互いから見える状態でのSEXは、これまでにない興奮につつまれ、射精しても勃起が終わらないというか、膣内ですぐに復活するほどの自分でも信じられないほどの興奮が身体的機能にも反映されるほどでした。

元カノの彼氏も、このスワッピングにはまったようで、それ以来、お互いの都合のつく時には何度か行為を繰り返しています。

ビジネスホテルのベッドは狭いので、近々四人で温泉旅館でも予約して四人混浴からの浴室SEXと広い部屋でのスワッピングを予定しています。

-スワッピング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

募集前に再確認!スワッピングのメリット4つとデメリット3つ

スワッピングとは、一言でいうとカップルで参加する乱交パーティーのことです。 自分のパートナーではなく、他のカップルのパートナーと性行為をすることになります。 これはかなり特殊なプレイであり、人数も必要 …

no image

妻の親友の駄目旦那を回春させるスワッピング体験

■妻からの意外な相談 私が40歳を少し過ぎた頃の体験です。 ある夜、久しぶりに激しい夜の営みを終えた寝物語の様に、妻から意外な相談を受けました。 妻の親友の旦那が全く妻に興味を示さないと言うのです。 …

no image

友人の一生のお願いはスワッピングへの招待そして参加。

私には大学時代からの友人で気心が知れた友がいます。 友人とは独身時代から旅行へ行ったり、互いの家に泊ったりする間柄です。 結婚後はお互いのファミリーを連れてバーベーキュウをしたり、年に1度は1泊の旅行 …

no image

スワッピングでSEXした女子大生のまんこがいい匂いすぎた件

・マンネリ化していた私たち 付き合って5年になる彼女がいます。 一応、結婚も視野に付き合っているのですが・・。 5年も付き合っていると、正直言ってマンネリ化してしまうんですよね。 特に夜の営みに関して …

no image

彼氏の性癖を満たすためネットスワッピングの相手を探す

スワッピングを決意するまで 二十代の頃に付き合った彼氏が、自分の彼女が他の男に抱かれていることに興奮するというような変わった性癖を持っていて、関係が深まっていくにつれて、スワッピングの願望を高めていき …