えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

レズ・ゲイ・バイ

身近にいた人は実はレズで不倫をしてしまった話

投稿日:

・パート勤務始めました。

結婚を機に会社を寿退社して、旦那の暮らす家に引っ越し。

とりあえず、働こうと思い、扶養内ではありますが、近くのパン屋さんで働くことになりました。

そこで出会ったのが、あみさん(仮名)。

歳は30歳。社員さんで、パン屋の製造を担当しています。

バリバリ働いていて、勤務10年目の社員さんで、大ベテランさんです。

私も製造で入ったのですが、パン屋の経験は初めてで、全くわからなかったのですが、あみさんは丁寧に教えてくださいました。

私が26歳だったこともあり、年下のせいか、可愛がってもらいました。

打ち解けて、仲良くなるのにそう時間は掛からなかった様に思います。

 

・仕事もできて美人で人気のある、あみさん。

あみさんは、パン屋の製造の一通りの技術は勿論、人柄もよく、製造は勿論、販売のみんなからもとても好かれていました。

店長は、既婚者の35歳ぐらいの方でしたが、あみさんに一目置いているのはみんなが知っていることでした。

また、なんといっても、美人さんなのです。

製造なので、帽子にマスクをしているのですが、それでも人目を引いてしまうくらいの美人。

身長も170センチほどあり、すらっとしていて、出る所は出ていて、締まっている所は締まっていて、モデルさんの様な方でした。

前に、こんなパン屋ではなくて、もっと、モデルとか営業とかあみさんに合った仕事があると思います!勿体ないです!と、試しに言ってみた所、うーん。

仕事が好きだからなぁ~。

と笑っていました。

自分のスタイルと顔に自覚はあるようでした。

あみさんから話を聞いたり、周りから話を聞いていくうちに、やはり、世間の男の方は彼女を放っておかないようで、合コンに行っても、男の人が殺到。

町で歩いていてもたまにナンパされるみたいで、職場のみんなと羨ましい限りだねぇ、とよく話していました。

なのに、あみさんは彼氏がおらず、どうしてですか、と聞いたら、今は仕事と遊びが楽しくて興味が無いのだそうです。

私は単純に、自分のやりたい事に熱中していて、素敵な方だなぁ、と尊敬していました。

 

・初めてのごはん

LINEを交換してから、ほぼ毎日のようにあみさんとお話ししました。

職場でも少し話しますが、忙しい職場の為、ほとんどLINEでお話ししてました。

内容は本当に些細なことで、今日の夕ご飯の話とか、どこに遊びに行っただとか、あの新曲がよかっただとか。

毎日楽しくお話しして、新しい友人が出来た様な感覚でした。

そして、あみさんからお誘いを貰って、今度一緒にランチに行くことになりました。

二人ともお休みの日を選んで、あみさんお勧めのパスタ屋さんに行くことが決定。

現地集合かと思いきや、あみさんが迎えに来てくれるとのこと。

さすがに悪いと思ったので、私、自分で行きます!といったのですが、あっさり却下。

行ったことない所だし、ぼーっとしてるから、危ない!ダメ!と言われて、乗せていって貰うことになりました。

まぁ、お昼ご飯代、出してあげればいっか~、と軽い気持ちで了承。

 

当日。

年上の女の先輩という事で服装、少し悩んだのですが、30歳独身という事で、あんまり気を使わなくて大丈夫かぁ!と、10月だったのでショートパンツにニット、ショートブーツという服装をチョイス。

わくわくしながら、お家で待機しているとLINEが。

お家を出ると、ダイハツの青いトールに乗ったあみさんが。

スキニーにニット、パンプスという恰好で、美人さんオフコーデでした。

車で一時間程の、少し遠くのパスタ屋さんだったので、私は予め買っておいたカフェオレを渡すと、なんて気が利くのと、とっても喜んで頂きました。

初めは、私服のあみさんに緊張し、あみさんもすこし緊張気味な感じでしたが、話していくうちにいつものペースに戻りとても楽しくドライブ出来ました。

パスタ屋さんでは、あみさんのお願いで、私の頼んだパスタを食べさせてあげたり、あみさんのをパスタをあみさん直々に食べさせていただきました。

すこし恥ずかしかったのですが、学生気分で楽しめました。

結局、パスタ代金もいつの間にか払われてしまい、帰り際に、ガソリン代を渡そうと思ったのですが、拒否。

代わりに、またランチに行く約束をしました。

 

・あみさんの家で宅飲み

そんな調子で、何度もランチに行き、互いの家も行き来する中になりました。

ある日、旦那が飲み会で、夜、1人の日があるんだ~、と言ったら、ウチで宅飲みしよう、とあみさんに誘われました。

勿論、大賛成でしたし、私は楽しみで仕方なかったです。

 

当日、あみさんが迎えに来てくれて、アパートに行く途中、買い出しをしました。

お酒を2人で飲むのは初めてでした。

ちなみに、私はそこそこ強いほうです。

あみさんも自分で強いと言っていました。

二人で簡単なおつまみを作って、いざ宅飲み開始。

あみさんは自分で言うだけあり、やっぱり強くて、私は22時までの記憶があるのですが、そこから記憶がなくなりました。

 

次に気づいたのが深夜2時過ぎ。

首元に、心地よさと違和感を感じて、ん…。と思わず、声を出してしまいました。

私はてっきり、自宅でソファーで旦那に抱かれていると思ったのです。

…かわいい。

と女の人の声がして、私はびっくりして、目を開けました。

すると、あみさんの髪が私のあごに当たって、いるのが視界の隅に見えて、薄暗いあみさんの家の天井が見えました。

あみさんは、私の首筋に夢中な様子で、私が意識を取り戻した事に気づいていません。

しかも、あみさん、とっても上手で旦那より気持ちいいんです。

あ、…っみ、…さんッ、とやっとのことで気づいてもらうと、あみさんは我に返って、慌てて、私を放してくれました。

そして、彼女は、泣きながら、自分は、実はレズであること。

私の事がすきであること。

自分とは縁を切ってくれて構わないから、会社のみんなには言わないでほしいことを告げられました。

 

そして、来週も旦那は、飲み会。

私は、あみさんの家で宅飲みです。

私は、あみさんと不倫をはじめてしまったのでした。

-レズ・ゲイ・バイ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

レズのプレイは男性とセックスするよりも激しく濃厚だった

□女性同士ってキレイだと思っていた印象とは真逆の濃厚なプレイ。 私は初体験を10代の終わりに男性を経験を済ました後は、何人かの男性と体の関係を持ちました。 当時がそれが当り前だと言う感覚があり、男性と …

no image

バイの私の幸せには女性との恋愛・男性との浮気が必要

性的趣向は様々ですが、大きく分けるとレズ・ゲイ・バイ・トランスジェンダーが挙げられます。 少しずつ世間に認知・理解されつつありますが、今だ周囲からの偏見は強いです。 私の場合はバイですが、それが周囲に …

no image

女子校育ちが長いとレズに目覚める?彼女がレズに目覚めました

■彼女がレズ経験があり… 僕の以前の彼女はレズ経験が豊富でした。 はまったきっかけは中学校の修学旅行でのことだったそうです。 修学旅行先の宿は6人くらいが1つの部屋で過ごすことになったのだそうです。 …

no image

ノンケの私が新入社員の露出狂女子との出会いでレズに。

こんにちは。私は東北地方在住の20代半ばの女性です。 多分ノンケだと思いますが、職場で起きたとある事件で少しだけレズビアンに目覚めました。   私が働く職場は家族経営に毛が生えたような小さな …

no image

3人で結婚は罪になる?彼女2人がバイである私の現状

今回の記事では、現在お付き合いをしている、今年で34歳になる12歳年下の、自分の彼女に関しての記述内容になっています。 実は彼女本人は女性ですが実は日本人とイギリス人とのハーフであり、更にはなんと、男 …