えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

保育士・看護師・美容師・その他職業

美容師や保育士に触られるのが好きな私の変わった性癖

投稿日:

美容師や保育士、看護師などに触れられるのが好きな趣味

女の私ですが、ちょっと趣味が変わっているようです。

自分でも自覚しています。

多分育った過程の中であまりボディタッチを経験して来なかったせいでしょうか、私は人に触れられるのが好きなのです。

それも「自分が弱くて下に立っている立場」といった状況で自分より上の位置にいる人に優しく触れられるのが好きなのです。

 

色々な妄想をするのですが、分かりやすいのが保育士、看護師、美容師などです。

保育士は子どもの面倒を見て守ってあげる立場です。

子どものお着換えを手伝ったりご飯を食べさせたり、泣いたら抱っこしてあげたりなど、何かと子どもの身体に触れることが多い仕事です。

また、看護師も患者のお世話をするので似たところがあります。

患者に注射をしたりときには身体を拭き取ってあげたり熱を測ったりなど、何かと患者の身体を触ることになる職業です。

美容師も、髪の毛を切りに来たお客さんの上の位置に立ちながら髪の毛を切ったり染めたり洗ったりなど、ずっとお客さんの髪の毛を触っている必要があります。

 

保育園時代の思い出はもう遠すぎてないのですが、病院や美容室は定期的に行くことがある場所なので、触れられるたび色々と勝手に妄想に浸っています。

相手が男性であっても女性であっても関係なく妄想するのです。

看護師に注射されるときや服をめくりあげられるときに何かエッチなことをされる妄想、美容師に髪の毛を切ってもらっている間に耳元でエッチな言葉を囁かれる妄想など、本当に色々です。

退屈なのかもしれませんね、私は。

イケメンな美容師なら尚更妄想に浸ることができるのですが、女性の美容師でも十分妄想だけならできます。

目を瞑ったらボディタッチされることだけを堪能しながら色々な容姿を自分で想像することができますからね。

 

一対一の美容師との出会い

多くの美容室の場合、大きな空間に何人かの美容師がいて何人かのお客さんが施術してもらっています。

なので妄想に浸るにしても多少周りを気にする必要が出てきてしまいます。

しかし、去年友達にお勧めの美容師を紹介してもらったのですが、その美容師は自分のスタジオを持っていて一人だけでやっている人でした。

マンションの一室で設備を全部揃えてやっている人で、完全予約制です。

髪を切る技術が抜群に優れていて、しかもとても丁寧でときには軽食を奢ってくれたりするとか。

カットの料金は一万円なのであまり安くはないものの、友達の話によると誰もが満足して帰るそうです。

私も去年、二回だけその美容師さんにお世話になったのです。

もう怖くて行くことはないと思いますが、かなり刺激的な思い出となりました。

 

例の美容師さんとの出会い

初めて電話をして例の美容師さんに予約を頼んだとき、友達が私のことをあらかじめ話していてくれたみたいで、すぐに私だと分かってくれたのでスムーズに行きました。

週末の午後に予約をとったのですが、無事教えてくれた都内のマンションの一室に辿り着くことができました。

 

例の美容師さんは男性で髪の毛が長く、40歳ちょうどと言っていました。

かなり年上でしたが芸術家独特のイケている感じがあって、おじさんというよりは断然お兄さんという感じでしたね。

色々と自己紹介をしながら椅子に座った私の頭皮を特殊な顕微鏡っぽいもので観察し、私の頭皮タイプに合ったシャンプーで洗ってくれました。

「タピオカミルクティーあげるね」と言って、台湾発祥の有名なお店に行ってわざわざ買ってきてくれたタピオカ入りのミルクティーを奢ってくれたのでした。

なんて優しい人でしょう。

 

髪の毛を洗い終わったら一番好きなジャキジャキ髪の毛を切る時間でした。

髪の毛を久しぶりに軽くするために段をつけ、ジャキジャキ切って行く音がしました。

思わず目を瞑って妄想をし始めたのですが、気づいたらカットは終わっていてブローも終わっていました。

サラサラピカピカの髪の毛になっていた私は鏡で自分を見て「ここまで私に合っている髪型見たことない」と感心してボーっとしていました。

 

床を見たら私の黒くて太い髪の毛がたくさん散らばっていました。

こんなに切り落としたんだ、と感心してしばらく落ちている自分の髪の毛を観察してしまいました。

と、そのとき、美容師さんは「切り落とした髪の毛、触ってみる?」と言って落ちている私の髪の毛を拾って私の手の平に置いてきたのでした。

少し驚いて「ゲッ」と思いながらも適当に「柔らかいですね」とヘラヘラ笑っておきました。

と、そのとき、美容師さんは私の肩を後ろから軽く掴んで床に私を座らせ、落ちている髪の毛を私の膝に乗せ、私の太ももを軽くマッサージしながら言ってきたのでした。

「今までパーマもカラーもして来なかった髪の毛だから特別綺麗なんだよ君の髪の毛は、少女のバージンヘアだ」と。

正直な話逃げ出したくなるような状況でしたがドアは閉まっていたので逃げませんでした。

太もものマッサージは地味に上の位置に上がって行き、私のウエストの、ちょうどジーンズのベルトがあるところまで手が来ていました。

と、そのとき予約の電話が来たみたいで、突発的に美容師は手を止めて電話に出ました。

電話が終わった後には立っている私に向かって「一万円になります、ありがとうございました」とあっさり言ってきました。

ホッとした私は急いで震える手で一万円財布から取り出し、マンションを後にしました。

 

信じがたいことかもしれませんが、実は怖いもの見たさのような気持ちであの日から三ヵ月後にはまた同じ美容師さんのところに行って髪の毛を切ってもらったのでした。

そのときは搾りたてフルーツジュースを用意してくれていたのですが、何となく変なものが入っていたら嫌だという思いからその場では飲まないでお持ち帰りしました。

その日には何も怪しい怖いことはなかったのですが、さすがにもうこれ以上行くのはやめておこうと思い、二回通った後はもう行かなくなりました。

あちらの方から電話がかかってくることは今のところないので良かったです。

友達にも同じことをしていたかどうかは怖くて聞けていません。

友達も同じことを経験していたとしたら、それを承知の上で私にその美容師を紹介していたのでしょうか…

-保育士・看護師・美容師・その他職業
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

看護師コスプレで独特な欲望を満たし、その後オナニー

とにかく人に触られたい、お世話されたいという願望 私は寂しがり屋なのかもしれません。 人に構ってもらいたいし、色々やってもらうのが小さい頃から好きでした。 子どものときには当たり前のように親にご飯を作 …

no image

保育士の下着を嗅ぎながらオナニーし、着替え中にセックス

職場で気に入った真由美 私は、2年前から保育園でボイラー技士として勤務しています。 その幼稚園には、20代の保育士が5人ほどいました。 その中でも年長の担任をしていた真由美は、23歳と年齢が一番若く宝 …

no image

美容室の先生はお色気たっぷりで日々ハプニング

私の普段の髪型はベリーベリーショート、いわゆる坊主頭です。 ただ頭頂部やサイドなどこだわりの長さにしているため、定期的に美容室に通って形を保っています。 坊主頭なんで理髪店でもよいのですが、行きつけの …

no image

欲求不満な保育士の彼女と飲みの席で出会った体験談

保育士は実際、職場での異性との出会いの機会は少なく、男性と出会いたいと思っている女性も少なくありません。 特に、保育士の仕事内容は忙しいけれど、その反面給料は少ないのが実情で、今後も保育士で勤めながら …

no image

保育士として働く20代前半の女性が持つえっちな夜の顔

初めての出会い 私が彼女と出会ったのはバイト先でした。 彼女は保育士として働いている傍、給料がとにかく安かったらしく休みの日を利用しバイトも始めたそうでした。 見た目はいかにも今風のギャルで髪は明るく …