えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

失敗談

えっちの失敗から学び、そして立ち直る方法!

投稿日:

・簡単なプロフィール

サラリーマンをしております、32歳の男性です。

自分で言うのも何ですが、私はこれまでそこそこの人数の女性とえっちをしてきました。

中には今でも忘れられないような、思い出のえっちもあります。

しかしそれ以上に印象に残っているのは、実はえっちで失敗してしまったときのエピソードなのです。

今回はその詳細と、そこから立ち直った方法についてお話しをします。

 

・当時の私とお相手の女性

その失敗を犯したのは、私が高校生の頃のことでした。

当時の私には同い年の彼女がいて、彼女の方は既に2人の男性と経験済みという状態です。

しかし私はほぼ童貞のような立場で、まともに女性の裸を生で見たことはありませんでした。

そんな中で、初めてのえっちの瞬間を迎えたわけです。

 

・全く無意味だったイメージトレーニング

思春期の男性にとって、えっちほどワクワクドキドキすることはないでしょう。

私も初めてえっちをする際には、圧倒的にこうした感情の方が大きかったです。

そして同時に、来たるべき日に備えて勉強もしていました。

コンドームはどう着けるのかや、女性はどう触ると気持ち良いのかなど、雑誌を見て必死に覚えたものです。

とはいえ、いざそれらを実践しようとなるとそう上手くはいきません。

まず初めて見る女性の裸に感動して、何もされなくても射精をしてしまいそうになるのです。

更に彼女の方がとても積極的な人だったので、容赦なく彼女主導で愛撫をしてきます。

結局私はそれに全く我慢ができず、えっち開始3分ほどで射精をしてしまいました。

 

・初めての挿入もまた難しい

それからも暫くは、私だけが一方的に快感を覚えるえっちが続きました。

毎回ちょっとの我慢もできずに射精してしまうため、挿入など夢のまた夢です。

一応彼女は経験がある人で、多少そうした早漏にも理解がある人でしたが、さすがに何回もこういう状態だと嫌になっているのではと不安でした。

そこである日、一切愛撫をせずいきなり挿入に挑戦したことがあるのです。

えっちを始める前からコンドームも着けておき、とにかく1回挿入を経験してみようという意図でした。

すると今度は不思議なことに、初めて挿入する緊張から勃起の持続ができません。

亀頭が彼女の性器に触れた途端、ちゃんとできるか不安になり一気に悪い意味で緊張するのです。

ですから結局、挿入もまた上手くできませんでした。

今振り返ってみると、恐らく挿入してすぐに射精してしまう怖さもあったのだと思います。

コンドームを着けていても、仮に中に漏れたらどうしようだとか、色々と考えてしまうことはありました。

えっちの機会が訪れる前は、こんなにも挿入が大変だとは想像もしていなかったです。

・自信喪失から芽生えるえっちへの怖さ

どれくらいの失敗を重ねたか、気が付くと私は徐々にえっちに抵抗感を持つようになりました。

単純に、恥をかきたくない感情や自分への自信を失った部分もあるのでしょう。

事実、自慰行為であれば安心して毎日繰り返すことができたのを覚えています。

ですが当時の彼女はとても性欲が強く、えっちも大好きな人でした。

だからこそ、えっちが下手でも嫌われる不安があり、えっちを拒めば浮気をされるかもと不安だったのです。

大好きな彼女を失わないためには、私自身のえっちへの問題をどうにかするしかありませんでした。

 

・私を救ってくれた彼女の肯定力

そんな中で私の救いになってくれたのは、他でもない彼女本人です。

彼女は私がどれだけ失敗をしても、それを否定せず粘り強くチャレンジするチャンスをくれました。

同い年だったにも関わらず、何倍も彼女の方が大人だったのかもしれません。

加えて彼女は、何故失敗してそうすれば改善できるのかを、一緒になって考えてくれました。

緊張や不安、プライドなど、要因は多種多様でしょうが、そういったことは経験豊富な彼女の方が詳しかったのでしょう。

このようなサポートのおかげで、私は段々とえっちへの積極性を取り戻せるようになります。

えっちの失敗はえっちでしか取り戻すことができませんし、やはり避けていてはいけないのだと感じました。

逆に自分が失敗している姿を知っている女性だからこそ、素直に見栄を張らずにいられる側面もあります。

もしもあのまま彼女に見放されていたら、私はえっちが苦手なまま大人になっていたことでしょう。

 

・大事なことは精神面からの克服

どんな私でも受け入れてくれる、このことほど嬉しいことはなかったです。

結局初めてのえっちと失敗から3ヶ月ほどの間、機会があれば毎日のようにえっちのトレーニングを行いました。

もちろん、彼女も一緒にという前提でです。

すると、これまでの彼女の器の大きさに安堵できたのか、徐々に早漏や途中で萎えることはなくなっていきました。

特に早漏に関しては、視覚から来る興奮に慣れてきたのも大きいのでしょう。

少しずつ進歩する度に彼女が喜んでくれ、もっと頑張らなければと自然に思えました。

そしてあの失敗から1ヵ月後には、初めてのまともな挿入も経験します。

あまりの気持ち良さにすぐ射精をしてしまいましたが、この真の快感を知ったことで挿入前の緊張も持たなくなりました。

以上のような経験を踏まえ、やはりえっちの失敗を克服するには、何よりも精神的に楽でいることが重要なのだと学びました。

 

・その後のこととアドバイス

私を精一杯サポートしてくれた彼女ですが、私は約4年間この彼女と交際を続けることができました。

知らない間に、えっちでも私からリードするようになったりして、初めて彼女がイッたときは本当に嬉しかったです。

ちなみに私のえっちが上達すればするほど、彼女は淫らな姿を見せてくれるようになりました。

学校でも誘われたりすることがあり、歴代で最もえっちが好きな彼女だったかもしれません。

同時に、だからこそえっちが下手な私をよく支えてくれたなと感じています。

ですからもし現在、えっちの失敗で悩んでいる人がいれば、是非パートナーと一緒に克服する方法を探ってみてください。

失敗の克服は、失敗してしまった相手とするのが一番なのです。

恥ずかしくて逃げたくなる気持ちもとても共感できますが、早めに立ち直れると何倍もえっちが好きになるでしょう。

現在もまだまだえっちに積極的でいられるのは、紛れもなく当時の彼女のおかげです。

心からの感謝と共に、今後もえっちの機会を大切にしていきます。

-失敗談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生&大学生のエッチな失敗談を思い返してみました

どうも30代も終わりに差し掛かっている会社員の男性です。 この歳になるとそれ相応にエッチな経験があります。 もちろん成功体験もあれば失敗体験も、しかし失敗体験の方が思い出深いのはなぜなんでしょうかね。 …

no image

【失敗談】お酒の飲み過ぎはセックス中に勃たなくなります

エッチの失敗談で多いのは、プレー中にブツが勃たなくなることではないでしょうか。 せっかくお目当ての子を見つけられたのに、勃起しなくて失敗してしまったことがあります。 デリヘルなどを利用し発射できれば満 …

no image

えっち行為前後に起こる失敗、セックス夢中に注意!

えっちな行為をしていると、本能のまま突き進むので数々の失敗をする事になります。 それはある程度の年齢の大人になっても、結局は変わりありません。 また、行為のテクニックが上手くなったと思っても、それは単 …

no image

エッチの前のあるある的失敗!エッチ前のウンコは要注意

もしかして、エッチの時の失敗をやらかしてしまったのって、自分だけかと思っていましたけれど。 友達なんかにこの話をしたら、似たようなことは自分にも経験あるよ、と言っていた人が多かったのには少し驚きました …

no image

年上女性にラブホでリードされたが中折れしたほろ苦い初体験。

自分を変えようと整形手術を受けるも変わらない内面 私は、昔から自分の顔がコンプレックスでした。 不細工な顔のせいで、私は大学を卒業するまでに一度も女性と交際したことが無く、勿論童貞のままでした。 &n …