えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

熟女

身近に潜むエロい女性に会うことが一番興奮する。

投稿日:

遠い世界のエロい女性よりも身近に潜むエロい女性に出会ったときのゾワゾワ感は、言い表せないくらいに興奮するものです。

それはまるで向かいの奥さんの着替えのシーンを目撃してしまったとき、はたまた近所のアノお姉さんが彼氏とベロチュウしてるところにばったり出くわしてしまったときなど、いろいろあります。

その中でも私の心を揺さぶりライフスタイルに大きな変革をもたらした出来事が、同じ町内でもひと際豪華な一軒家に住んでいる奥様の秘密に触れてしまっときです。

 

[その奥様とは]

その奥様は50代半ばのマダム、旦那は地元の有力企業の重役さんで、とにかく普段から普段着とは思えないような高そうなお召し物を着ている方です。

また頻繁にエステやジムに通って自分磨きも怠ってないことが窺えるほどで、50代にもかかわらず優雅な曲線を描くボディラインとスラッとした長身が特徴、そこらの小娘よりもはるかに美人で色っぽい女性なのです。

なので町内会の寄り合いやイベントで言葉を交わすだけでもうれしかったりするほどでした。

男性人気も高いため、周囲の女性陣の評判は微妙。

あることないこと触れ回る井戸端会議では、マダムがジムの若いインストラクターをたぶらかしてるなど、下世話な話題で盛り上がってる女性陣をみかけたことがあります。

 

[マダムの秘密の活動を発見]

私は35歳のフリーター、人生負け組で当然女性からも相手にされず、彼女の方も10年くらいおりません。

たまに行く風俗の女の子がお相手してくれるのみという女性との付き合い方をしています。

したがってマダムみたいな女性とはご近所さんじゃない限り果てしなく縁遠いのです。

でもやっぱり淋しいじゃないですか。

 

そこで始めたのが出会い系チャットというもの、PCを利用して顔出し的に女性とやり取りしてあわよくばってやつです。

普通に会話だけのノンアダルト女子やエッチなリクエストにも積極的に応え得てくれるようなエロ女子、または実際に出会ってチョメチョメもOKな女子など幅広い思惑を持った女子たちが全国から集っていました。

そこでいろんな女性とお話したり、少しだけエッチなやり取りもできた私は、出会い系チャットの虜となっていたのです。

ただ行き当たりばったりで女性を選んでしまっていたため、検索機能をないがしろにしてしまっていました。

地域やタイプ、年代など項目にチェックを入れると、要望に沿った相手を見つけ出してくれるものです。

軽い気持ちでご近所さんを探してみたところ、どこかで見た顔が。

そうです、あのマダムではありませんか。

しかも結構大胆なショットをギャラリーにアップしており、私唸りを上げて股間を擦り上げてしまいました。

 

[覗き見しながら様子見、そしてコンタクト]

そのマダムの自己紹介文では、エッチな話もリクエストもOKと大胆宣言。

さらには「欲求不満気味なんで、楽しませてくれる男性に出会えるといいな」なんてことも。

今すぐにでも名乗り出たい気持ちを押さえながら、コッソリ覗き見でマダムのことを眺めていました。

胸元のアップ画像が艶めかしく、よくみるとこんな顔をしてたのかと食い入るように見つめてましたね。

そこで「顔出ししなければいいのかな」とコンタクトを取ってみることに。

 

「こんにちは」と軽い挨拶から入ります。

平日昼間だったのでマダムは「アラッ、こんな時間にどうしたの、お暇なの」なんて聞いたことのに色っぽいトーンで語りかけてきます。

「色っぽいですね」と返してみると、「そう、ありがと」と余裕の返しから胸元をスッと見せてくるしぐさ。

イタズラな表情がとてつもなくそそられます。

「そんな格好されると興奮しちゃいますよ」と続ける、マダム「そうなの、オチンチン硬くなりそう」といきなり核心部分へ。

私「ハイそうですね」マダム「確認させてもらっていい」私「えっ、本当ですか」マダム「うんッ、ダメッ、ねっいいでしょ、見たいのおチンポ」「お願い、カメラに近づけて」。

仕方なくズボンを下し、生チンポをPCのカメラに近づけます。

するとマダムは「ハァ~ァ~ン、スッッゴ~イッ」「ダメ、ワタシ我慢できないかも」「ねぇ、見て」とソファに座り直し、M字開脚でオナニーを始める始末です。

まさかまさかのスピード進展、しかもあのマダムの無修正オマンコが存分に観察できるし、エロい喘ぎ声と特定の男性にしか見せないであろう女の顔。

私も激しい興奮状態になってしまい、火が出るほど擦り大量発射です。その様を見てたマダムは「すごい発射、妊娠しそう」とアヘ顔です。

 

[その後について]

マダムは初コンタクト以来、私のことを気に入ってくれたようで、この時間に待ってるからと言って誘ってくれます。

私も願ってもないことなので、お付き合いさせてもらっております。

ただ、私の方はまだ顔を出して無いので、カミングアウトのタイミングを計っている状況。

果たして名乗り出ていいものかどうかが難しいところですが、名乗り出て成功すれば、きっとさらなるエロが実現しそう。

誰か私に一歩踏み出す勇気をください。

-熟女
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エロ小説に出てきそうなお色気熟女をナンパ。お尻に向かって発射

暑い季節になると決まって思い出すのが人生で初のナンパ成功を達成した時のこと。 どうもうだるような暑さの中で失礼します。 その思い出はかれこれ10年近く前になるでしょうか、私が20代半ばのフリーターとプ …

no image

最初で最後の熟女との体の関係。生で挿入してしまった

■寮母さんがいました 社会人になり、会社の寮に入ることになりました。 今時珍しい寮母さんがいる寮でした。 普段は会社で忙しく、食事の時くらいしか顔を合わせることがありませんでした。 正確な年齢は分かり …

no image

色気が満ちた熟女。スナックのママとフェラ&セックス

私の実家は小さな酒屋、最近はどこででも酒を手に入れることが出来るのでヒイヒイ言いながら営業している状態です。 私自身、働きに出ているので後を継ぐことは、限りなくゼロに近いと思います。 中学生の時や高校 …

no image

熟女の大家さんとのセックス三昧の目くるめく生活

■熟女の大家さんと懇意になりました 私が30歳前に転勤で地方の田舎町の工場勤務となりました。 殺風景な田舎町で、工場とアパートを往復する毎日で、退屈な時間を過ごしていました。 アパートは2階建てで8室 …

no image

親友のママに愛されてしまったプチっと年の差レズ

友達のお母さんについ興味持ってしまう趣味の変わった私 つい最近ぼーっとしているときに思い出した、かなりヤバイ思い出があります。 それを経験しているときには自分がイケナイことしている、いや、されていると …