えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

裏垢女子・SNS

裏垢女子の従妹の萌を全裸にし、相互オナニーをする

投稿日:

人並みに性欲がありながら童貞だった大学時代

私は、学生時代まで女性とお付き合いしたことが無く、恥ずかしながら童貞を守り続けていました。

それでも、性欲は人並みか寧ろそれ以上あった為、私は定期的に繁華街に出向き風俗で抜いてもらっていました。

しかし、当時私は、唯一の収入減が週に3回のアルバイトの貧乏学生でしたので、頻繁には風俗にはいけませんでした。

そこで私は、ネットのエロサイトを訪問し、気に入った画像や動画をおかずにしたオナニーで性欲を処理するようになりました。

ネット上のものなら無料で閲覧できたので、私はほぼ毎日利用しオナニーしていました。

しかし、厄介な事に、私はグラビアやAVなどの所謂玄人の画像や動画などだけでは次第に満足できなくなっていきました。

そんな時、何気なくネットサーフィンをしている時に知ったのが「裏垢女子」の存在でした。

 

裏垢女子のサイトで気に入った女子高生

裏垢女子のサイトには、素人がアップしたエッチな画像や動画が沢山ありました。

しかも、女の子の中には明らかに未成年も紛れていました。

彼女たちは、そのピチピチのおっぱいやマンコを惜しげもなくアップし、男性を興奮させていました。

私は、彼女らの存在を知ってから、毎日そのサイトを訪問しオナニーのおかずにしました。

 

そんな中私は、そのサイトの中で「麻友」という女子高生に夢中になっていきました。

どことなく同じ女子高生で従妹の萌に似ている麻友は、女子高生にしては発育が良く、おっぱいは推定Dカップはあるようでした。

おまけに、しっかり性欲もあるようで、麻友は数日おきに自身のオナニー動画をアップしていました。

私は、毎日麻友の画像 や動画を眺めているうちになんとか彼女と接触したいという思いが募っていきました。

 

そして、ある日私は、勇気を振り絞って麻友がアップした画像に「可愛いね!すっかりあなたの虜になってしまったよ。」とコメントしてみました。

私は、どうせ相手にされないだろうと思っていましたが、翌日麻友から「ありがとうございます!もっと私のエッチな姿見て興奮してください。」という返信がありました。

麻友の思わぬ反応の良さとエッチなコメントに私は益々彼女に夢中になり、いつしか私は毎日彼女とやり取りをするようになりました。

 

麻友が従妹の萌であることが発覚

毎日麻友とやり取りしているうちに私は、彼女がいつも来ている制服の「H」と書いてあるエンブレムが特徴的だと思うようになりました。

それと同時に、私はそのエンブレムをどこかで見たような気がしてきました。

そして、しばらく彼女の制服のエンブレムについて考えているうちに、それが萌の通う高校のものに良く似ている気がつきました。

気になった私は、早速萌が通っている高校の制服のエンブレムをネットで調べ、麻友の制服のものと比較してみました。

すると、やはり私の予想は的中していて、麻友が萌であることを確信しました。

従妹が裏サイトで裸体を晒しているという美味しい情報を掴んだ私は、この情報を武器に萌と体の関係に慣れないだろうかと考えました。

実際、萌とは正月やお盆など年に何度か顔を合わせていました。

その為私は、次の正月に萌と会った時にかけに出ようと企みました。

 

待ちに待った大晦日、叔父たちが私の家にやってきて、萌とも数か月ぶりに会いました。

私は、皆で夕食をとった後、「面白い漫画があるから貸してあげる」と言って萌を二階の自室に招きました。

大のマンガ好きの萌は、私の部屋に入ると「ねえ、拓真兄ちゃん、マンガってどれ~?」と言ってあたりをきょろきょろし始めました。

私は、部屋のドアを閉めると、そんな彼女の体を無言で後ろから抱きしめました。

私の体には、彼女の柔らかいおっぱいとお尻の感触が伝わってきました。

突然体を触られた萌は、「いやっ…ちょっ…」と言って体をよじりました。

私は、抵抗する萌をベッドに寝かせ、彼女の耳元で「セクシーな体になってきたね…。麻友ちゃんと一緒だね。」と 囁いてみました。

裏垢の事を私が知っている事を悟った萌は、驚いた顔で私の顔を見ました。

そして、泣きそうになりながら「お願い…。お父さんとお母さんには言わないで…。」と懇願してきました。

私は、「うんうん。勿論そんなこと言わないさ。」と言って慰めつつも、萌のおっぱいをセーター越しに揉み続けました。

萌は、私におっぱいを揉まれ感じてきたのか、「んんっ…。あっ…。」とエッチな声を漏らし始めていました。

徐々に興奮してきた私は、萌のセーターとシャツを脱がし、ブラも外させました。

萌のピンク色の乳首の真っ白なおっぱいは、まさしく麻友の物でした。

私は、彼女のおっぱいを腫物を触るように優しく触れ、丁寧に舐めまわしました。

体を小刻みに震わせ快感に悶える萌は、下手 なAV女優や風俗嬢の演技よりよっぽど官能的でした。

 

すっかり雌になった萌に対し、私は「萌ちゃんのオナニーしてるところ、生で見たいなー…」と言ってみました。

萌は「うん」と返事をすると、素直にズボンとパンツを脱ぎM字開脚をすると、小さな手でパイパンマンコを弄り始めました。

そして、流石は頻繁にオナニー動画をアップするだけあって、萌は手慣れた手つきでオナニーをしていました。

頬を赤くし、悦楽に浸る変態女子高生を見て、勃起しない男がいるはずがありません。

たとえ、それが従妹であってもです。

私はズボンとパンツを下ろし、萌のオナニーを鑑賞しながら自身も息子を慰め始めました。

私のチンコに気付いた萌は、マンコからぐちゅぐちゅとらしい音を立てながらチンコを眺め、「拓真兄ちゃんもオナニーしてる…」と呟きました。

私が、「萌ちゃんのオナニーしてる姿、とってもセクシーだよ…。綺麗だよ…。」と褒めちぎると、萌は「もっと私のおまんこ見て~。もっとおちんちんしごいて~」と、淫語を連発しました。

従妹同士でのオナニーという許されない行為に、私は10分もしないうちに射精したくなってしまいました。

限界に達した私は、萌の元に行き、萌の顔めがけて大量に精子を放出してしまいました。

私は、果てた後も、精子まみれになった萌の顔をいるまでも眺めていました。

結局、この時童貞は卒業できませんでしたが、萌とのエッチな体験は一生忘れることができないでしょう。

-裏垢女子・SNS
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SNSの裏垢女子は割り切り目的で男性が寄って来る。

私はSNSでは勿論、本垢も持っていますが、当然のごとく裏垢も持っています。 裏垢女性は割り切り目的で男性が集ってくるので、既婚者の私にはとっても便利に裏垢を使っています。 私が普段はどんな風に裏垢を使 …

no image

お気に入りの20代清楚系店員さんは実は裏垢女子だった

よく行くドラッグストアで親切にしてくれる薬剤師のお姉さんがおりました。 私が薬を探していると「何かお探しですか」てな感じで、いろんな提案をしてくれるのです。 そのお姉さん、20代半ばくらいで真面目な感 …

no image

性感マッサージ師に出会いツイッターをエロ裏垢に変更!

元々ツイッターは好きなミュージシャンとの交流のため 去年の春に一度だけ少し刺激的な経験をしました。 もうやめましたが、思い出すたび「今頃あの性感マッサージの人はどうしているのだろう?」と思って少し懐か …

no image

【SNS】ツイッター裏垢を使って承認欲求を満たしている私。

☆私の中の裏と表の顔。 私は表の顔と裏の顔があると自分自身で感じています。 多分、女性ならば、誰しもが表向きと裏向きの顔を持っているのではないかな?と思います。 私が特に自分の裏を感じたのは、SNSに …

no image

欲求不満なSNS裏垢人妻とオフパコしたら搾り取られた

・登場人物 千聖さん(30歳) SNSで裏垢をやっており、下着姿やオナニームービーをアップしている。 人妻だというのに、美巨乳でパイパン、引き締まったスタイルをしている。 顔も歳を感じさせない可愛さが …