えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

巨乳

隣の巨乳OLさんのノーブラに興奮してたら襲われた。

投稿日:

・登場人物

那月さん(26歳)

アパートの隣の部屋に住んでいるOLさん。

お裾分けなんかしているうちに仲良くなり、買い出しや力仕事を手伝うようになった。

小動物系の顔に推定Eカップの巨乳の持ち主。

 

自分(23歳)

ごくごく、普通のどこにでも居そうな感じの容姿。

社会人2年目、彼女は長い間居ない。

 

・きっかけ

ある日、休日なので家でゴロゴロしていると那月さんがお裾分けにきました。

お礼を言い、玄関先で世間話をしていると谷間が目に入ってきます。

那月さんは部屋着なのかタンクトップを着ていて見下ろすような形で話をしているので谷間が丸見えです。

更に、乳首がはっきりとわかりノーブラだと気付きました。

女に飢えていた自分はそれだけで簡単に興奮してしまい、勃起してきます。

冷静を装って話してますが、目線は谷間と乳首だけを見ていました。

 

すると、那月さんは玄関に入りドアを閉めて鍵をかけました。

ニヤッと笑うと、いきなりペニスを触られました。

変な声が出て驚くと、触りながら溜まってるの?と聞いてきます。

はいと素直に答えると、抜いてあげるとズボンのチャックをおろし出します。

ペニスを取り出すと手コキしながら、亀頭を舌先でチロチロと舐められます。

完全に勃起すると、丁寧に舐めた後に咥えて動き出します。

ジュポジュポと音を立てて動き、舐められあっという間にイかせれてしまいました。

那月さんは口の中の精液を飲み干すと、目がとろーんとしてきて今度はこっちも気持ちよくしてと誘います。

 

断るわけにはいかず、ベッドに行きます。

互いに裸になり、那月さんの巨乳にむしゃぶりつきます。

水風船のような感触の巨乳を揉み、硬くなったピンク色の乳首を舐めたり吸ったりと堪能していきます。

那月さんは気持ちよさそうに喘いでいました。

下の方に手を伸ばし、割れ目を触ると既にヌルヌルと愛液が溢れています。

割れ目をなぞるように指を動かし、クリを触ると一際気持ち良さそうです。

足を広げてクンニしてやると、更に愛液が溢れてきます。

音を立てて愛液をすすり、クリを執拗に責めると那月さんは体を震わせてイったようです。

 

はぁはぁと息を荒げながら、そのまま入れてと言われ正常位でゆっくりと挿入してやりました。

中はキツすぎず緩すぎずの丁度いい感じで、全体を包むように締め付けてきます。

那月さんはやっぱり大っきいとか奥届いてると言い、気持ち良さそうです。

ゆっくりとピストンしてやると、このチンポ気持ちいい、ゴリゴリされてると感じながら言います。

激しくしてやると、再度、体を震えさせます。

動きを止めると、もっといっぱいしてと言うのでギリギリまで抜いてから一気に奥を突くようにしたり、奥に当たるようにグリグリとしてやります。

那月さんは気持ち良いの連呼で、何回かイっていました。

激しくしてやると、イきそうになり抜こうとすると足で抜けないように抑え込まれます。

大丈夫だから奥に出してと言われて、そのまま中出ししてしまいました。

2回目なのに多く出て、那月さんもいっぱい出てると気持ち良さそうです。

 

抜いて、那月さんの隣に寝転がるとお掃除フェラしてくれて、その気持ち良さにまた勃起します。

すると、今度は上に乗るからと騎乗位で挿入されます。

さっきより深いと言い、ちょっと待ってと言いますが構わず下から突いてやります。

ダメっとか、気持ち良すぎと言い感じすぎてるのか全然動けてません。

そのまま突いていると、何回か連続でイってたようです。

もうダメとか変になるとか、すごい乱れています。

そのまま、また中出ししてやりました。

那月さんは力が入らずに自分の方に倒れてきて、こんなにイかされたの初めてと言います。

 

流石に3回も出したので、もう無理と言うと那月さんはえーと言いながら、パイズリしてきました。

愛液と精液まみれのペニスを挟み動き、また勃起させられました。

勃起すると、お尻をこちらに向けて後一回だけお願いといわれたので、今度はバックで突いてやり、また中出ししました。

その日、疲れ果ててそのまま寝てしまい、寝る直前にまたねと言いキスされて那月さんは帰って行きました。

 

・後日談

次の日、朝出勤する時に那月さんに会い何事も無いように挨拶すると夕飯を食べにおいでと言われました。

快諾すると、スタミナつくの用意しておくからまたお願いと言われました。

約束したので、夜に行くとスタミナのつきそうな料理とセクシーランジェリーを着た那月さんが出迎えてくれました。

食べた後は運動しないとねと言い抱きつかれました。

その日も3回ほど中出ししてやふと那月さんは満足していました。

それからと言うもの、那月さんは夕飯をご馳走してくれるようになりましたが夕飯の度に搾り取られています。

この間は、正常位でもっと欲しいと抜かずの3連発でした。

那月さんはセックスが大好きだけど、彼氏が出来ずに悶々としていたそうですが、自分とセックスするようになり満足してるのか結構な頻度で求めてきます。

-巨乳
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

美巨乳な女友達2人にパイズリで精子を搾り取られた話

・女友達のスペック さやか(23歳) 芸能人で言うと、AKBとかにいそうなほんわかしたかわいい感じ。 可愛い顔しながら、自称Hカップの巨乳。 本人曰く、感度も良いとの事。   あずさ(25歳 …

no image

【巨乳】そこにおっぱいがあったから。触りたくなるのが心理なの

巨乳に生まれて 物心ついたときから足元が見えませんでした。 小学生のころは、誰よりも早くブラジャーを身に付けたために男子からのブラパッチン(ブラのひもを引っ張ってパッチンとなるのを楽しむ行為)のかっこ …

no image

おばけみたいな巨乳に生まれて良いこと嫌なこといろいろ

やせっぽっちの女の子だったのに 私は小さい頃食べ物の好き嫌いが酷く、かなり偏食でした。 学校の給食に出された牛乳とおかずのコンビネーションが気持ち悪く、またカチカチのパンも不味過ぎて、食器も薄っぺらく …

no image

【体験談】巨乳は男性を興奮させる武器だが、デメリットもある

■男性はやっぱり巨乳好き? 男性の多くは胸の大きい人を好みますよね。 もちろん、中には貧乳の方が好きという人も居るとは思いますが、ついつい胸の谷間に目が行ってしまうなんていう事態になるのは、相手が巨乳 …

no image

紙パンツ1枚で巨乳お姉さんのオイルマッサージが最高すぎる

45歳で外回りの営業に駆けずり回っているサラリーマンです。 車でとは言え、いろんなところを回るので結構大変で、40を超えてからというもの仕事終わりはグッタリすることが多くなりました。 そんな折にいい休 …