えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中だし

人妻の自宅で不倫!しかも中出しまでやっちゃいました

投稿日:

・34歳には見えない

大学生のころに働いていたバイト先で、一人の女性と知り合いました。

当時私が20歳だったのに対してその女性は34歳。

ちなみに彼女は結婚をしていてお子さん(2歳)もいます。

当時大学生だった私にとって、34歳の、それも結婚してお子さんもいる女性なんて、はっきり言って恋愛対象から完全に外れていました。

多分、同年代の男性なら、みんな同じようなことを感じているはずで、なんだろう、こんなことを言うのは大変失礼ですが、オバさんというか、もっと言えば、自分の母親と同じような、何とも言えない居心地の悪さを感じてしまうんですよね。

だけども、この女性はですね、そういった、つまりはオバさんくささが全くないんです!

まず単純に見た目がものすごく若々しい!

そうですねえ、ぱっと見では20代の半ば、いや前半だといっても通用するかもしれません。

いわゆる童顔で、全体的に丸みを帯びたフォルム(決して太っているわけではありません)なので、すごい若く見えるんですよね。

上手く表現できませんが、そうですね、擬音語で表現するならムチムチって言うのが一番しっくりくるかな。

とにかく、ぱっと見ではとてもじゃありませんが34歳には見えない彼女。

初めて会った時は、まさかそんな年齢には見えませんでしたし、まさかお子さんがいるとは思えませんでした。

最近で言うところの美魔女に属するのかな?

いや、34歳はまだそんな年齢じゃないのかな?

まあ、よくはわかりませんが、とにかく、一目彼女を見た時、何とも言えないときめきを感じましたよ。

一緒に働いているときは、毎回ドキドキしっぱなしでした。

 

・お笑いライブに行くことに

そんな彼女と働いていく中で徐々に親しくなっていった私。

好きなお笑い芸人が同じだったことで意気投合した形です。

で、ある日、その人妻がですね、お笑いライブのチケットがあるから、一緒に見に行かない?なんて誘ってきてくれまして・・。

断る理由もないので、行くことになったのですが・・。

結論から申し上げますと、この日の夜に、彼女の自宅で不倫をすることになったのです!

ライブを見終わった後、車で家まで送ってくれることになったのですが、道中、彼女の自宅がありまして、そこで、「コーヒーでも飲んでいく?」ってな流れになり・・。

何やらこの日は旦那さんは出張中のようで、子供も実家に預けているとのことで、家には誰もいないのだそう。

でも、相手は人妻。

本当にこんなことしていいのでしょうか。

と罪悪感にさいなまれつつも、好奇心が勝った格好です。

お言葉に甘えて家に上がり、コーヒーをいただくことに。

で、先ほどのライブの話で盛り上がるわけですが、私の頭の中は、エロイ妄想でいっぱいです。

 

・やば、コンドームが無い

そうこうしているうちに、いてもたってもいられなくなり、気が付けば彼女の身体に抱き着いていたのでした。

一心不乱に乳を揉みしだき、唇を吸い、股間を尻に当て・・。

当時大学生だった私の性欲は尋常ではなく、他人の妻というシチュエーションも相まって、ピークに達していたのでした。

ちなみに彼女はというと、ダメ、とか言いながらも、体は決して拒もうとはしていません。

その証拠に、股間に手を当ててみると、ビックリするくらい濡れちゃっているじゃありませんか。

もうトロットロです。

準備万端といったご様子で、それならばと、遠慮なく挿入させていただくことにしました。

ちなみに、まさかこんな展開になるとは思ってなかったので、コンドームを所持していなかった私。

この状況で、わざわざコンドームを買いに走り、改めて・・、なんてことはあり得ません。

というわけで、本能の赴くままに、何もつけずに彼女の膣へと挿入することになったのでした。

 

・初めての中出し

さて、これが人生で初めての生の挿入だったわけですが・・。

わずか0.01ミリの壁(コンドームのことね)を取り払っただけなのに、なんなんですか、この気持ちよさは。

快感が数倍、いや100倍にも跳ね上がっています。

なんというか、女性の温かみであったり、母性であったり、そういった部分に触れられた気がします。

結果、わずか数回擦っただけで、あっけなくイってしまいました。

この時コンドームは付けていないので、当然のことながら放出された精子は彼女の膣に中出しされることに。

「中はダメって言ったのに~」みたいな、言葉が後から聞こえてきましたが、そんなこと言われた記憶がありません。

そりゃもう、腰を振ることに全身全霊をかけていましたからね、何を言われようとも、そんなことは耳に入っていなかったのです。

これが私の、人生で初めての中出し経験であり、相手が人妻という、今思い返しても、何ともおいしいシチュエーションでした。

ちなみにですが、彼女とは、大学を卒業するまで付き合いがあり、その間で、数えきれないほど彼女の中に精子をぶちまけました。

幸いというかなんというか、妊娠に発展するようなことはなく、そこは、おそらくしっかりと彼女が対策をとっていてくれていたのだと思います。

あれから5年がたちましたが、彼女は今どうしてるのかな。

40手前の年齢になってますが、きっとまだまだキレイな容姿をしているんだろうなあ。

ああ、また彼女に会いたい・・。

-中だし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中だしセックスとゴムありの違いやエロ体験談とか

●はじめに 中出しセックスについての話をして行きます。 男性の俺が中出しセックスした体験談も話しますが、そればかりでは、俺が恥ずかしいので、他の人の中出しセックスについても話します。 コンドームをつけ …

no image

好奇心旺盛なゴムを嫌がる女子高生に生中出し。それと後日談

恋愛が苦手な学生時代 私は高校時代を謳歌出来なかったタイプの人間でした。 普通高校生活というと華やかで高校デビューという言葉もあるくらいです。 しかし、私の場合は違います。 中学の頃は比較的モテていた …

no image

屋上での野外露出中出しSEXの相手は同じ新入社員の女性

私が就職した会社の研修期間 私は、現在23歳の東京都在住の男性で、名前は翔太といいます。 私は、昨年大学を卒業し今勤務している会社に就職しました。 私の会社では、新入社員に初めの三か月間の研修期間が設 …

no image

浮気より不倫にはまる既婚者の魅力とばれないコツとは

不倫に目覚めたきっかけ 私はこれまで何人もの女性と交際してきましたが、交際しつつも浮気をすることが多かったです。 浮気をしているときは交際相手も好きだが浮気もリスクと普段は味わえない非日常の楽しみが刺 …

no image

ダメといったのに彼が我慢できず中だし!しかも彼には秘密が

【彼との出会い】 彼との出会いは、大卒後リラクセーションサロンを経営する会社で働いていた時でした。 一年目はセラピストとして、店舗で忙しくも楽しい日々を送っていたのですが、二年目に突然の転機。 当時お …