風俗・水商売

風俗店の種類と、それぞれのメリットとデメリットまとめ

投稿日:

風俗店と一口にいっても実はいろいろな種類があり、それぞれにメリットもデメリットも異なります。

では、いくつか見て行きましょう。

 

「セクシーキャバクラ」

これは、〇〇分〇〇円という料金体系になっている所はキャバクラと同じですが、顧客がキャバ嬢の胸を触れるという所が異なります。

つまり、お触り有りのキャバクラということですが、店舗や嬢の方針によっては、それ以上のサービスが期待できることもあります。

 

顧客のメリットとしては、「キャバクラのように会話をしつつ、いちゃつきたい」という人に適しているという点が挙げられますが、デメリットとしては「長時間いると意外にお金がかかる」「基本的に抜きはないので不完全燃焼になりがち」という点が挙げられます。

 

一方、嬢のメリットとしては、「コミュニケーション能力が高ければ、けっこうな収入になる」「時給プラスアルファとなっているので、最低限の保証はある」「基本的に胸を触らせるだけなので、精神的な苦痛は少なめ」などが挙げられます。

デメリットとしては、「コミュニケーション能力が低いとリピーターが付かないので、あまり稼げない」「店外営業などをする必要がある」という点が挙げられます。

 

「ピンクサロン」

俗にいう「ピンサロ」のことで、仕切られたスペース内で手や口によるサービスを行うお店です。

時間は短めなことが多いですが、料金も比例して安めです。

 

顧客のメリットとしては、「料金が安いので気軽に利用できる」という点が挙げられます。

デメリットとしては、「隣の声などが聞こえるので落ち着かない」「プレイ前にはおしぼりで拭くだけなので、あまり衛生的ではない」という点が挙げられます。

 

嬢のメリットとしては、「簡素な仕切りで区切られただけのスペースでサービスするので、安全度が高い」「時給プラスアルファという給与体系になっている所が多い」「コミュニケーション能力が低くても、あまり問題ない」という点が挙げられます。

デメリットとしては、「重労働にもかかわらず、給料が安め」などという点が挙げられます。

 

「ヘルス」

これは、抜きありの本番なしというお店です。

基本は、ピンサロと同じく手か口を使ってサービスを行います。

たいてい〇〇分〇〇円という料金体系になっていますが、嬢の写真を見てから選ぶ場合は「写真指名料」、本指名すると「本指名料」などの追加料金が発生することもあります。

また、「コスプレ」や「ローター」などをオプションとして付けることもできますが、嬢によってはできないこともあるので、事前の確認は必須です。

そして、ヘルスはさらにいくつかの種類に分けることができます。

 

「店舗型ヘルス」は、いわゆる「箱ヘル」で、店舗内の個室でサービスを行います。

顧客のメリットとしては、「時間が短く料金も安いので、気軽に利用できる」という点が挙げられますが、「ピンサロと同じく隣の声などが丸聞こえ」というデメリットもあります。

 

嬢のメリットとしては、「会話する時間が短いので、コミュニケーション能力が低くても大丈夫」「基本的にシャワーを浴びてからサービスを行うので、衛生的」「衣装や備品などはお店側が用意してくれる」などという点が挙げられます。

デメリットとしては、「重労働のわりに、一人あたりの単価が安い」「手待ち時間は、給料が出ない」という点が挙げられます。

 

「マットヘルス」は、店舗型ヘルスの亜種で、マットプレイが可能な箱ヘルのことです。

ここで働く場合、マット技術を身に付けなくてはなりませんが、嬢が主体となってサービスするので、触られるストレスはあまり感じずに済みます。

 

「ホテルヘルス」は、「ホテヘル」とも呼ばれ、街中で受け付けを済ませてから、お店と提携しているホテルもしくは指定された個室で嬢と落ち合うという物です。

顧客のメリットとしては、「店舗型ヘルスよりも広いスペースで楽しめる」「恋人気分を味わえる」などという点が挙げられます。

ただし、「ホテルなどに移動するのがめんどくさい」というのがデメリットです。

 

嬢のメリットとしては、「確実にシャワーが浴びられるので衛生的」「コミュニケーション能力が高ければ、長時間利用してくれるお客を掴みやすい」という点が挙げられます。

デメリットとしては、「それなりの見栄えの服を、自腹で揃えなければいけない」「何かトラブルが起きた場合でも、助けを呼びにくい」などという点が挙げられます。

 

「デリバリーヘルス」は、俗にいう「デリヘル」のことで、顧客は前もって電話などで予約を入れ、自宅やホテルなどに錠を派遣するという物です。

店舗型ヘルスと比べると、時間設定は長めとなっています。

顧客のメリットとしては、「自宅などに呼ぶので、嬢が来るのが遅くても暇つぶしがしやすい」などが挙げられますが、「時間が長い分、料金も高め」というデメリットもあります。

 

嬢のメリットとしては、「一人あたりの単価が高め」などが挙げられますが、「待ち時間や移動時間は給料が出ない」などのデメリットもあります。

-風俗・水商売
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

デリヘル嬢を呼んで本番まで持ち込むテクニックを共有!

1.世の中の風俗から見たデリヘル 世の中にはありがたいことに多種多様の風俗というものが存在します。 ライトなところから言えばピンサロのようにライトなものから、ソープのように本番まで許されるものまで様々 …

no image

水商売で太い客を掴む為に枕営業に手を出した体験談

私は22歳の頃から27歳の頃まで水商売をしていました。 一番最初は新宿のクラブが水商売デビューでしたが、その後は六本木や蒲田などに場所を移しながら、水商売を続けていました。 私が水商売で学んで事や太い …

no image

寂しい時に通ってしまう風俗、ヘルスやソープランドなど

<風俗> 男なら誰しも寂しくなり人肌の温もりを欲してしまうときがあるはず。 人間という生き物は一人では生きられない・・・。 時には誰でも良いので近くにいて欲しい、誰でも良いので肌をかさねたい。 そんな …

no image

店舗型ヘルスで勤めて知り合いに会い一番焦った体験談

ー風俗ー 私は、事情があり風俗で暫く働いた経験があります。 風俗と一言で言っても色んなジャンルがあります。 私は、店舗型のヘルスに勤めていましたが、ヘルスでもお店によっては、サービスの内容が様々何です …

no image

処女なのに風俗で働いた体験談…中級ソープ店にて

<決断するまで> 私は大学3年生の秋ごろから、約半年間中級ソープランドで働いていました。 父を早くに亡くし母子家庭で育った私は、母が必死になって働いてくれたおかげで私立の大学に進学することが出来ました …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao