えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

18歳の冬、36歳既婚者とセックス。大学生になっても関係は続く

投稿日:

私は21歳の時に初めて本格的な自慰行為というものを経験しました。

初めての自慰行為だと言うのに、恥ずかしいことに男性の前でする事になったのです。

なぜ、男性の前で私は自慰行為をする事になったのか?また、その時の気持ちはどんな風だったのか?などを、私なりにまとめてみたいと思います。

 

☆初体験は18歳の冬。

私は中高一貫の女子校へ通っていたので、中高時代は彼氏とは縁がありませんでした。

なので頭でっかちになっていました。

高校2年までは超真面目な女子でしたが、高校三年の卒業間じかになって、校則違反となるアルバイトをする事にしたのです。

みんなバイト位は普通にしていましたが、家は両親が厳しかったので、大学の推薦がもらえるまでは大人しくしていないさと言われたので、それまでは本当に良い子を演じていました。

 

高校3年の冬には全てのことが整っていたので、とにかくはっちゃけようと思い、バイト先のご飯会などにも積極的に参加していました。

私のバイト先は某大手の飲食店だったのですが、当時のマネージャーが36歳の既婚者男性でした。

マネージャーは見た目もカッコよくて、何と言っても話しのノリがいいので、密かに憧れていたのです。

マネージャーには私がクリスマスプレゼントを渡したことがきっかけになり、年開けに、お付き合いが始まりました。

私の人生初の彼氏はなんと奥さんがいる、18歳年上の男性。

自分でもびっくりでしたが、当時はマネージャーと結婚したいと思うくらいに好きでした。

 

ファーストキスはバイト先のロッカールーム。

初めてボディタッチされたのは、映画館。

そして初体験はマネージャーの車の中でした。

初体験はもっとロマンチックな展開を期待していたのですが、バイト上がりにこ一時間ドライブに行った先の高台にある公園の駐車場に止めた車の中でしました。

余りに痛くて、彼の性器がちゃんと入ったのかな?入っていないのか?分からないくらいにぐちゃぐちゃな初エッチでした。

 

☆スリルを味わって楽しむ彼。

その後、彼とは日増しにお付き合いが深まり、時間をみつけては、少しの時間も彼と過ごしました。

彼の職場であって、私のアルバイト先の飲食店は24時間営業なので、マネージャーである彼は夜勤の時もあれば、勤務が午後からの時もあって、とても不規則なので、私が彼にスケジュールに合わせる事が多かったです。

時には早朝デートをして、車の中でエッチしたり、彼の自宅で招かれる事もありました。

彼の家族は小学6年の子供と年上の奥さんの二人暮らしなのですが、奥さんはフルタイムで仕事をしているので、夜の7時までは帰宅しません。

彼が夜勤明けで、私が高校の卒業式までは自由登校になったタイミングで、彼の自宅に昼間の時間を呼ばれることが何度かあったのですが、彼は普段、彼が奥さんと寝ているベットを使って、エッチするのがドキドキ感を味わえるので、時に燃えると言うので、最初は余り乗り気ではないけれど、彼が好きなので仕方なく従っていました。

奥さんは毎晩もしかしてこんな風に彼に抱かれると思うと、悲しい気持ちになりましたが、色々な思いを抱いてエッチをする時間は段々と私にとってもドキドキ感が強くなり、最終的には嫌いでは無かったです。

 

☆彼から嫌われたくなくて・・・

彼とは私が大学生になっても相変わらず交際を続けていました。

大学では出会いが全く無いわけではありませんでしたが、彼を超えると思える男性との出会いは無かったので、不倫はいけないことだと分かりつつ、彼との付き合い辞めませんでした。

私は大学生になっても自宅暮らしでしたが、彼の自宅でエッチをする事にはさずかに抵抗があったので、時に、私のアルバイト代を使って、ラブホで昼間から彼と過ごすこともありました。

ラブホでは彼の私のエッチに対する要求が強くなりましたが、嫌々と毎回抵抗しながらも、ラブグッズを使ったり、アナルプレイをされることは実は実はそんなに嫌ではなかったのです。

 

しかし、たった一つだけどうしても抵抗のある事がありました。

それは、彼に自慰行為を強要されることです。

一番最初に彼に自慰行為が見たいと言われた時は、猛烈に抵抗しました。

その理由はちゃんとした自慰行為を経験した事がなかったので、自慰行為のやり方が分からないことと、大好きな人にそんな姿を見せるのが嫌でした。

しかし、彼から、「俺が言う通りにすれば大丈夫だから」と、何度も言われたので、仕方なく、その言葉に従いました。

 

下着姿になり、ベットの上に行くと、彼から片手で乳首を摘んで、片手でクリトリスを摘むように指示されました。

言われた通りにしていると、不思議と変な気持ちになり、自分が濡れている事を感じました。

今度は片手でクリトリスをいじったまま、片手の指の2本を膣内に入れる様に言われました。

初めて感じる自分の中のヌルヌルはとても刺激的でした。

もっと足を開いて、今度は自分の姿を鏡に写してやってごらんと言われたので、夢中で従いました。

彼が膣内の指を出して口に含むように言うので、ヌルヌルの指を口に含みました。

それと同時に彼が我慢できなくなり、私の襲いかかりましたが、初めての自慰行為はそんな風にさせられました。

-初めてのオナニー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エロ漫画で初めてのオナニー失敗。本物の女性が一番

成長期に性への関心が芽生える 性への関心が強くなったのは中学生の時です。 この頃は成長期で身長が伸びるようになり、体重が増えていました。 また、声変わりをしたこともあり、自分の体が変わっていくことに不 …

no image

初めてのオナニーの色々なやり方4パターン

人間誰しもが性に目覚めたときにやってしまうことがあります。 自慰行為、オナニーと言われるものですね。 初めての行為のタイミングは人それぞれかと思われますが、だいたい小学生も高学年の頃前後でしょうか。 …

no image

オナニーへの罪悪感。敏感なお年頃の私は快感を知った

・敏感なお年頃 興味はとてもあったけど、どうするかも分からなかったし、なんだかすごくいけない事をするような気がして、躊躇いがあったんです。 でも、かなり早熟な友人が初めてしてみたと言ったので驚きました …

no image

中学生の初オナニーで使ったアイテムはお姉ちゃんのパンティ

「性に目覚め始める」 小学校高学年のころから夜寝るときに学校の先生や同級生などを想像し少しいやらしいやり取りを思い浮かべるようになっていました。 例えば先生の着替えを覗いていたり、誰もいない教室で追い …

no image

中学生の頃男子にイカされ、初めてオナニーを知った

1、思春期と環境 いわゆる女性のイクっを教えてもらったのは中学生の頃だったのかもしれない。 中学校の頃、自分が女性で、クラスの男子が明確に意識するようになった。 男子も「俺のち○この方がデカい。」であ …