えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

20代後半のかわいい女もセックスをしたいと思っている事実

投稿日:

30歳前後のおんなはおいしそう

私ががまだ20代後半の頃、会社で本社長崎に転勤する先輩がいてその夜は、送別会がありました。

私はあるマスコミ系の東京支社で営業職でした。

東京支社全員で40名ほどの規模でしたから、所属している社員、アルバイトさん含め、全員とはよく知った仲です。

女子は20代から30歳をちょっと超えたくらいのかわいい子ばかりでした。

女子の人数は6人で、時々、女を感じさせる仕草も彼女たちにはありました。

皆それぞれに女をアピールしているのですね。

 

30歳前後の女子は、色気たっぷりで雑誌なんかでは「触れなば落ちん」といった世代だから、積極的にアプローチすべし、などと書かれていました。

さわられれば、彼女たちも濡れてくるんだ、びちょびちょになったら舐めてあげたいなどと、自然といやらしいことを想像しながら彼女たちを見ている自分がいました。

自宅から通勤している子より、地方から出てきてアパート暮らしの女子の方が多かったですね。

色っぽいおんなが単身でアパート暮らし、何かすごくそそるシチュエーションではありませんか。

 

やりたい!などと思ってはいけないんだけど

私は、若い時も今も一応ジェントルマンです。

色気むんむんのおんなを見て、ムラムラしても、決して「やりたい」と言ってはいけません。

すぐ「やらせろ」と言って迫っていく先輩もいましたが、そういう人を馬鹿にし、軽蔑もしていました。

やりたいけれどそういう時はじっと我慢する。

これが男というものだと思っています。

やりたいときは自分でしごいて、放出する。

やりたいけれど、我慢することが男たるものだ。

「やらせろ」なんて、はしたないことはするな。

 

タクシーで一緒に帰ったので…

さて、送別会は飲めや歌えのバカ騒ぎです。

どうして、この業界の飲み会はこんなに騒いで飲むのですかね。

ほかの業界でも同じなのかな。

 

この日、私は連日連夜の飲み疲れもあったので、2次会も早々に切り上げて、帰宅しようと思いました。

転勤する先輩にあいさつすると、先輩からもエールを送られました。

今度、長崎で飲もうな、九州のおなごもいいらしいぞなどと、たわいもないことも言われました。

 

店を出ると、M子が走ってついてきました。

「私も帰りたかったの。一緒に帰ろ」というので二人でしばらく歩きました。

転勤する先輩のことを話題にしながら地下鉄の駅をめざしました。

ところがM子は、「疲れたからタクシーで帰りましょう」というので、彼女とは帰る方向がちょっと違うけど、「ま、いいか」と思ってタクシーを探しました。

 

彼女がタクシーの中でフェラを

お互いに程よくアルコールが入っており、ほろ酔いがもう少しだけ進んでいる状態でした。

やりたいとか挿入したいとか思ったわけではありません。

M子も疲れているんだなあ、と思ったので私は「少し眠ってもいいぞ」と言ったのです。

 

その瞬間、M子はぐらっと体を私の方に預けたと思ったら、頭を私の股間に押し付けました。

そして、私のズボンのジッパーを下げました。

思わず、M子の頭を股間に押し付けながら、私は両手でM子の髪をなでていました。

M子はすかさず私のムスコを取り出し、口に含んだのです。

私の胸の動悸が激しくなり、ああああ、という声が出そうになりました。

しかし、タクシーの中です。

必死でこらえました。

M子の髪をまさぐりながら思いました。

「ああ、この子も女なんだなあ。女も男を欲しがっているんだなあ。ペニスが欲しいんだなあ」。

私にとっては目に鱗でした。女は性欲がない。

男とやりたいなんて思わないものだ。

男だけがやりたい、やりたいと思っているが、女はそんな男を軽蔑しているのだろう。

漠然とですがそんな風に思っていました。

ところが、M子はタクシーの中でいきなりペニスを取り出し、それを握って口に含みました。

フェラってこんなに気持ちいいものなんですね。

M子も美味しそうに口にくわえている。

しごいている。

ほしかったんだね。

やりたがってるんだねきっと…。

私はもう、倫理観も羞恥心も失ってM子のアパートの前で一緒にタクシーを降りました。

 

女の肌は白く陰毛の奥は濡れ濡れ

M子の部屋は、お世辞にもきれいに整理整頓されていなかったが、そんなことはどうでもよかった。

二人とも少し恥じらいながら、それでも、電気をつけて、お互いの裸を見た。

私のペニスは怒張していたし、M子の白い肌は幾分紅潮しているように見えた。

私は、彼女の陰毛を触った。

そしてM子を立たせたまま茂みの奥に舌を入れた。

「今度は俺の番だよ。ゆっくり舐めさせてね」と言いながら私はひざまずき、M子の柔らかいヒップを抱えながら、ゆっくりとしっかりと割れ目に舌を這わせました。

M子は恥じらいながらも下半身をくねらせ、声をあげるのでした。

 

女も男が欲しいのだ。

M子と私はベッドに横たわると、お互いの下半身をなめながら「ほしかったの、これ」。

「濡れ濡れだよ」といいながら興奮の頂点に向かっていきました。

 

その後は思いっきり合体して射精しました。

「おんなも男を欲しがっている」という新発見をし、興奮した若き日の経験です。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鬼畜彼氏の束縛。完全に調教されてしまった私

イケメン先輩。 高校生になった冬の日、私は一つ上の先輩に告白した。 先輩は中学からずっっと好きで先輩を追っかけて今の高校に入学したようなものだ。 先輩は中学からバスケ部で、ルールはよくわからないけど、 …

no image

満員電車での痴漢プレイは最高に興奮。彼とのエッチな生活

彼との出会いについて。 わたしは、24歳の時にある会社で営業として働いていました。 毎日仕事に一生懸命働いている私でしたが、恋は全然出来ておらず、寂しい私生活を送っていました。 そんな時に、友達にコン …

no image

職場の男を見下した気の強い女先輩を陵辱した体験談

僕が新入社員の頃の話です。 僕の会社の本社は東京なのですが僕は北関東の営業所に配属されました。 その営業所は20人程度の規模で小さなものでした。 営業所には50代の男性の所長がいたのですが、実質この営 …

no image

テレクラで噂になってた美少女がセフレになった

今から10年程前にテレクラでゲットとした美少女との体験談です。 当時私は31歳の独身男性で会社員でした。 この頃にハマっていたのがテレクラ。 私の地元和歌山県和歌山市にJR和歌山駅近くにテレクラがあっ …

no image

私がノーマルから変態になっていったエッチな体験談まとめ

私は、週末の土日になると同僚のところへってアルバイトしているのですがその内容がまあ同僚達の性的な処理ということをしています。 そこでやっていることは、土日だけで日払い的なお金がもらえるという約束の下で …