えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

成人済み初体験・その他初体験

23歳の初えっち。処女だけど処女じゃないフリをした

投稿日:

私は中学からずっと女子校だったせいで、男性とのお付き合いはしたことがありませんでした。

だから、恥ずかしいけど23歳を過ぎても処女のまま。

初めての彼とのセックスでは演技が必要だったのです。

 

・社内のパーティーでは会話をすることができる

彼とは社内でのクリスマスパーティーで知り合いました。

うちの会社では各課関係なく集まるパーティーがありました。

クリスマス、忘年会、新年会、夏祭り、まるで大学のサークルのように各課総出で数日かけて準備をして、大食堂で立食パーティーをするのです。

夏祭りは、地元の住人の方々を招いて広い敷地内で屋台をして盆踊りのようなこともしました。

私はそのパーティーが大好きでした。

パーティーもそうですが、入社時から好きだった営業課の彼と社内で堂々と会えるからです。

入社して間もない頃、エレベーターで偶然乗り合わせた彼と私。

お互い一目惚れでした。

それからは外で会っていましたが、社内では噂になりたくないとお互い知らんフリ。

とても寂しかったです。

でもパーティーの日はべったりはできないけれど、お話することができます。

お互いに顔を合わせて、みんなの前で話ができる。

自己満足ですが、その時間だけ、みんな公認の仲のように思えてとても嬉しい時間でした。

 

・パーティーから抜け出してプロ―ポーズ

その日は彼と出会ったからちょうど1年後のクリスマスパーティーでした。

その日は彼はいつもと違っていました。

いつもは社内では適度な距離をたもって当たり障りのない話ばかりなのに、その日は積極的に私に近寄って恋人のように接してきました。

そして、気のせいか、周りの人達も私達を遠巻きにしているようでした。

 

そして、パーティーが始まって1時間くらい経った頃、彼が耳元で「これから二人だけで飲みに行こうか」って誘ってくれたのです。

パーティーですでにお酒が入っていたので、二人でタクシーに乗って会社から少し離れたホテルのバーに行きました。

いつもとは違う彼の艶っぽい目に私はドキドキしていました。

囁かれるのは愛の言葉ばかり。

やがて、彼は私に小さな箱を渡しました。

見ると指輪が入っていました。

「結婚してください」

照れているのか、彼は冗談ぽい口調で、でもとても真剣な目で私にプロポーズしてくれました。

私はしばらく顔を赤くしてぼんやりしていました。

なんていうか、現実感がなかったからです。

でも、手の中には確かに指輪があります。

現実感と夢のような感覚の間で、私の心はふわふわと揺れていました。

「返事、聞かせてもらっていい?」

彼に言われてハッと我に返りました。

(そうだ、返事しないと・・・)

そう思いましたが、どう返事をしてよいのかわかりませんでした。

だから、ただ頷くしかできませんでした。

それでも彼は嬉しそうでした。

カクテルを3杯くらい一気に飲み干して、それから私の手を引いて立ち上がりました。

「今日は朝まで一緒にいたいんだけど」

私はまた頷くしかありませんでした。

 

・彼との初エッチ

彼は私の手を引いて店を出ると、予約していた部屋に連れて行ってくれました。

中はとても豪華な部屋。

あまりに広くきれいな内装の室内に驚いてしまいました。

私のために用意してくれた部屋なんだと思うと嬉しくて心がじんわり温かくなりました。

でも・・・私はまた我に返りました。私は恥ずかしながらまだ処女だったのです。

10代の間に経験済みの女の子が多いこの時代で処女なんて、彼をガッカリさせてしまうのではいかと思いました。

なんとかしないと・・・私の胸は動揺してドキドキしてしまいました。

とりあえず考えないと。

 

私はなんとか笑顔を作って、「先に体をきれいにしたいからお風呂に入らせてね」と言って、バスルームに向かいました。

お風呂はジャグジーでした。

お湯を入れながら、私は焦る気持ちで考えていました。

(どうしよう、今日は断ろうかな)

でも、こんな豪華な部屋を用意してもらってそれはできません。

それなら、なんとか処女でないことをバレないようにしないと。

そう決心しました。

 

しばらくすると、彼もバスルームに入ってきました。

もちろん裸です。

彼はお湯の中で私を抱きしめてキスをしてくれました。

本当なら嬉しくて我を忘れてしまうくらいの至福の時なのに、私は別の意味で胸が破裂しそうでした。

これから始まるセックスで、痛がってはいけない、気持ちよさそうにしないといけない、慣れてるように演じなければいけない。

私は彼に抱き上げられて連れて行かれたベッドで、彼の行為についていこうと必死でした。

 

彼はとても丁寧に前戯をしてくれました。

体中を隅々まで愛撫してくれて、とっても気持ちがいいのです。

でも、彼が私の中に入って来る時を考えると気持ちが怖さでいっぱいになりました。

ちゃんと入ってくれるかな、痛くないかな、そればかり考えていました。

 

でも、彼の愛撫がとても丁寧で優しかったおかげで、私のアソコは十分なくらい潤って、彼のモノをすんなり受け入れることができました。

気持ちよさはないけど、痛みもあまりありませんでした。

だから、私は彼の背中に腕を回して、「気持ちいい?」って聞いてくる彼の言葉に「うん、気持ちいい」って答える余裕はありました。

無事に乗り越えることができた初エッチ。

結婚した今ではよい思い出として心の中に残っています。

-成人済み初体験・その他初体験
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

記念すべき初えっちの時にありがちな失敗談まとめ

初えっちというと記憶にいつまでも残るものでもあります。 時がたって男同士で集まると、初えっちの時はどうだったなどの話も出てきますよね。 そんな色んな話を聞きながら、自分の体験も含めてよくありがちな初え …

no image

24歳社会人になってやっとの初体験はカーセックスでした

〜大学時代の私〜 大学に入ると周りの人達は友達同士で付き合ったり、サークルやバイト先で恋人をつくっており、いまだにそういった経験がない自分に劣等感を感じていました。 皆は中学生や高校生の頃には初めての …

no image

遅咲きの初体験は23歳。大好きな彼に処女を捧げました。

私の恋愛遍歴 私が初エッチを体験したのは23歳の時でした。 一般的にはとても遅い方です。 それまでに一度だけ高校生の時に付き合ったことがありました。 しかしその人とは手も繋がずに自然消滅してしまったの …

no image

年上の男性と19歳の時にドキドキの初えっち体験談

初えっちの相手 私が初えっちを経験したのは、19歳の頃です。 周りはほとんど初えっちを終えており、私だけが取り残されているような感じでした。 これまで何人も付き合ったことがあるのですが、初えっちまでに …

no image

キスされる快感、奥を突かれる快感を知った初体験

その彼とは社会人サークルで知り合いました。 私は21才。彼は20才でした。 21才だというのに私はずっと女子校で、仕事場も女性ばかりで出会いがなく、処女でした。 彼は好みのタイプとは全く違っていて、彼 …