高校生初体験

ゴムを買いにコンビニへ、高校生時代の初えっちの思い出

投稿日:

興味はあっても相手がいない

私の初えっちは高校3年生、17歳のときでした。

えっちに対しての興味はシンシンで中学生のころからいつ処女を捨ててもかまわないと思っていました。

しかし真面目な見た目と引っ込み思案な性格のせいで男の子と仲良くなることはできず、彼氏どころか好きな男の子すらなかなかできませんでした。

 

高校2年生のときに始めて気になる男の子ができ、毎日彼とのキスやえっちを妄想して一人で盛り上がっていたのですが彼には他の学校に彼女がいることが分り諦めました。

何もおこらないまま高校3年生になってしまい処女のまま大学生になるのかと思っていたころに同じクラスの男の子に告白されました。

彼は色黒で口数が少なくサッカー部でしたがクラスの中では薄い存在でした。

彼に興味を持ったこともなかったのですが人生初のチャンスだったのでOKしました。

 

ぎこちない初めてのお付き合い

私が通っていた高校は八王子にあり、彼とはまったく別の路線を使って通学していました。

付き合い始めてから学校帰りにデートをするようになったのですが何しろ初めての交際なので何をすればいいのか分りませんでした。

彼に誘われるまま彼の地元の立川をブラブラ歩き、マックでジュースを飲んだり服を買ったりする健全な交際が1ヶ月くらい続きました。

ただ彼も女の子と付き合った経験は2回目だということで会話は途切れがちでした。

気まずい空気のなかでひたすら立川を歩くデートがほとんどでした。

 

彼の部屋で初キス

こんな私たちがやっと初めてのキスをしたのは交際開始から1ヵ月半くらいたってからです。

彼に家に来ないか誘われたので学校の後で2人で行きました。

彼のお母さんになんて挨拶すればいいのか分らずドキドキしながら家に上がったのですが家族は留守でした。

彼は私を彼の部屋に通すとジュースを取りに台所に行きました。

2人姉妹だった私にとって男の子の部屋に入るのは人生で初めての経験でした。

汗のような脂のような匂いを感じ、敷きっぱなしになった布団は黒ずんでいました。

汚いなーと思いましたが何となく微笑ましくて不思議と嫌悪感はありませんでした。

彼の部屋でジュースを飲みながら車の雑誌を見ました。

私は車などまったく興味はなかったのですが嬉しそうに話す彼がかわいく思えました。

 

そして会話が途切れた瞬間に彼がキスしてきました。

普通にキスをするつもりだったようですが勢いが余って押し倒されてしまいました。

このままえっちするのかなと思い緊張と期待でいっぱいでしたが、しばらくしてから彼は私から離れました。

まだ早すぎると言って笑いながらまた雑誌を読みました。

その日はキスだけで終わりましたがキスの感触や部屋の匂いが身体に残って眠ることができませんでした。

 

初めてのえっちのチャンス到来

それからも健全な交際は続きましたが私は早くえっちをしてみたくてウズウズしていました。

またえっちを体験する日が近いことを実感してから避妊のことも考えるようになりました。

高校には妊娠して退学した女の子が何人かいました。

外出しすれば大丈夫だという噂は聞いていましたが、やっぱりコンドームを使って欲しいと思いました。

でもそのときにちゃんと言えるか自信がなかったし自分で買って備えておく勇気もありませんでした。

 

えっちのチャンスがやってきたのは初キスの2週間後くらいです。

末に両親と妹がサーカスを見に行くことになったので彼を家に誘いました。

土曜日の13時に私の最寄り駅で待ち合わせ、コンビニでお菓子を買ってから誰もいない家に入りました。

 

コンドームを買いに

彼とはキスをしてからもう少し自然に過ごせるようになっていました。

私の家でテレビを見ながらお菓子を食べていつそのときがやってくるのか期待していました。

しばらくテレビを見ていると彼が実はコンビニで買いたいものがあったと言いました。

何が欲しかったのか聞くと恥ずかしそうにコンドームと答えたので安心しました。

 

それから2人でコンドームを買いにもう一度コンビニに戻りました。

コンドームを買うときの恥ずかしさは忘れられません。

年配の男性が私たちを怪訝な目で見て彼の手は少し震えていました。

彼はえっちは初めてではないと言っていましたが本当は初めてだったんじゃないかと思います。

 

念願の初えっち

家に帰ると彼はすごい勢いで私を押し倒しました。

リビングのソファーで服を脱がされましたが何となく恥ずかしくて私の部屋のベッドに誘いました。

私はすごく濡れていて彼が挿れたときにもまったく痛みはありませんでした。

彼のがしっかり入っているところを確認して何となく満ち足りた気分になりました。

彼は何回も気持ちがいいが聞いてきましたが気持ちよさは分りませんでした。

彼が動くたびにベッドがきしみ少し笑ってしまいました。

 

えっちが終わってから力の抜けた彼が私の上にかぶさると汗でびっしょりになっていて、こんなにがんばってくれたのかと少し感激しました。

それからは彼の部屋や学校の図書室などでえっちをするようになりました。

気持ちいいと思えるようになったのはそれから半年以上先でしたが今でも初めての相手のことはときどき思い出します。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「ゴム無いけどいいかな?」「はあ?」処女は大切な人にとっておこう

私は高校1年生。彼は大学2年生でした。 初めて彼氏が出来て、何もかもがドキドキでした。 異性と二人っきりでのお出かけ、デート、手をつなぐだけでもドキドキしっぱなしでした。   しかし、なかな …

no image

高校生の同級生女子にフェラさせてそのままSEXし、最後は顔射

吹奏楽部で好きになった女子部員の夏美 私は現在30歳の会社員の男性です。 名前は正樹と言います。 私は、オーケストラをしていた両親の影響で中学時代から吹奏楽部でクラリネットを演奏していました。 その為 …

no image

妄想壁のある高校3年生。初体験は刺激的で恥ずかしい行為連発。

今でもたまに、高校生の時の初エッチの事を思い出すことがあります。 思えばあの頃はまた身体も心もとっても未熟で、それでいて、常に妄想壁もあって、早く大人の世界へ仲間入りをしたいと思っていました。 しかし …

no image

童貞の卒業式。高校生よそんなに焦ることはないと思う。

高校二年生の秋、私は焦っていました。仲の良い友人達が次々に童貞を卒業していく中、彼女が出来ても中々行為に発展せずにフラれる現状に非常に焦っていました。 周りの友人達はそんな私に「焦ってするもんでもない …

no image

気持ち良すぎる初体験。高校生の私はあそこが汁だらけ

【最初のとき】 私は高校2年生のときに、1つ年上の彼氏と関係を持ちました。 もちろん、それがはじめての経験でした。 彼はそれまでに経験を済ませていたため、私は、彼の言うがままに従って経験したと言う感じ …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao