高校生初体験

女子高通いの16歳高校1年生。隣の男子校の先輩とラブホでえっち

投稿日:

ー始めての恋ー

高校1年の16歳の時、私は女子高に通っていましたが、私が通っていた女子高の隣には男子高がありました。

共同のグラウンドでは、男子高の野球部やサッカー部、ソフトボール部が練習をしていたのですが、私はソフトボール部の2つ歳上の先輩に始めて恋をしてしまいました。

先輩を見るだけで、胸が苦しくなるくらいに鼓動がドキドキして、目が合うだけで、顔が真っ赤になり恥ずかしくてうつ向いてしまうくらい、異性として意識をしたのが、始めてでした。

友達の彼が、憧れの先輩と同じソフトボール部に居たのがきっかけで、少しずつ、先輩と会話をするまでにこぎ着ける様になりましたが、それ以上は、何の進展も無く、先輩にしてみたら私は妹的な存在にしか思われていませんでした。

 

夏休みに入った頃、家庭の事情で私は高校を退学する事になってしまいました。

母の突然の他界に、私は、寂しい思いもありましたが、それ以上に家族を支える事に精一杯でした。

私が退学をしてから、数ヶ月の月日が流れて、もう、私の中には先輩を思う気持ちも無くなっていました。

 

半年程の月日が流れた後、自宅に先輩から電話が掛かって来ました。

始めは、先輩の事も忘れかけていたし、まさか、先輩から電話があるなんて思っていなかったという事もあったのですが、久しぶりに先輩の声を聞いた時に、あの時に自分が思っていた感情が、懐かしくもあり、先輩に会いたい…。

という思いが溢れ出し始めました。

先輩は、そんな私の気持ちに気付くかの様に、

「今週の土曜日にでも会わない?」と言ってくれました。

「うん、絶対に行く。」私は、嬉しくて飛び上がりたい気分になりました。

 

ー始めてのデートー

当日の夕方、私は仕事を終わって、先輩との待ち合わせ場所へ行く為にバスに乗り、(先輩に合うのは半年振りくらいかなぁ~。)と胸をドキドキさせていました。

待ち合わせ場所のファミレスに入って行くと、先輩はもう座って待っていましたが、私と目が合ったのに首を傾げるんです。

私は、先輩の方へ歩いて行くと、先輩は驚いた顔をしながら、

「○○ちゃん?」

「そうですよ。嫌だなぁ~。」

「何か、変わったね。」と先輩に言われながら、私は、久しぶりに合う先輩に照れながらイスに腰を下ろしました。

「本当、綺麗になったね。ビックリしたよ。」先輩は私の顔を見ながら呟いた。

私は、就職をしてから、一気に体重が落ち、会社の先輩から化粧を教わったり、と周りの16歳と比べたら、ちょっぴり大人っぽくはなったのかも知れません。

寒い冬の夜、二人でファミレスを出て、外を散歩しながら歩いていると、先輩は私の手をギュッと握ると、立ち止まり、私にキスをしてきました。

いキスですが、私にとっては始めてのファーストキスでした。

 

ー初体験ー

先輩は、「映画でも観に行こう。」と私の手を握り引っ張って行きました。

次の日は日曜日で休みだから、夜が遅くなっても大丈夫だと思い、先輩と映画を観て、食事をして、そのまま、始めてのラブホテルへと入って行きました。

部屋の中に入ると、私は、緊張のあまり口から心臓が飛び出る勢いだったのですが、私は先に冷えた身体を暖める為に、お風呂に入り気持ちを落ち着かせていました。

ガラス張りの浴室から、先輩の姿を見ながら、また緊張して、なかなかお風呂から出る事が出来ませんでした。

恥ずかしくて電気も付けていない浴室は部屋のテレビの明かりだけが反射して、ほのかに明るく照らしていました。

 

私は、バスタオルを身体に巻いて、浴室を出ると、先輩は浴室へと入って行きました。

私は、ベッドに腰を下ろし、部屋の中を見渡しながら、先輩が出て来るのを待っていました。

浴室から出てきた先輩と一緒にベッドで横になると、先輩は、私にキスをしながら身体に巻いてあるバスタオルを左右に広げ、露になった乳房をゆっくりと揉み始めました。

「ハァ~。ハァ~。」私は、キスをされながら、鼻から漏れる息遣いがあらくなっていきました。

先輩の硬くなった性器が、私の太ももに当たっている。

先輩は、乳房を揉みながら、硬く立った乳首を、ベロベロと舐め始めると、

何とも言えない気持ち良さが、私の身体を覆っていった。

私の性器から温かい液体が出てくるのを感じながら、小さく喘ぐ声を出し、私は、先輩がする事に抵抗する事も無く、受け入れていました。

 

先輩は、自分の硬くなった性器を私の性器に擦り付けて、ゆっくりと挿入してきました。

が、私は、気持ち良かった身体に激痛が走り、私は自然とベッドの上へ、上へとずれて行きました。

先輩は、私が上へ逃げるのを阻止するかの様に、私の両肩に両手を置いて、上へ逃げないようにすると、自分の性器をズブッと押し込みました。

「ウッッ。」私は、痛みに耐えながら変な声を発してしまいました。

 

その後、痛みが少し和らぐと、先輩はゆっくりとゆっくりと腰を前後に振り始めました。

私は、目を閉じながら、先輩との始めての体験をしているんだと思うと、変に興奮してしまいました。

先輩は、私にキスをしながら、息も荒く、腰を振り続けていると、私の背中に、ビリビリとした電気が走っていきました。

その時に、先輩は、「ウゥッッ~。」と声を発して、腰の動きを止めてしまいました。

先輩も、私も一緒にオーガズムを迎えてしまったのでした。

その後は、朝まで眠る事も無いまま気持ち良さを一緒に堪能していました。

-高校生初体験
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生をセクシーな下着で誘惑する人妻。暑い夏に童貞卒業

「はじめに」 とっても暑い夏の日がやってくると思いだすことがあります。 それは高校時代(高校2年)に初えっちをしてしまったことです。 お相手は、向かいの家に住む奥さん、そこまでにはいろんな流れがあって …

no image

浪人中の先輩との初めてのエッチは、突然のことで…

■1年先輩と… 高校時代は真面目な進学校でしたので、下ネタを言う同級生などいなかったですし、志望校目指して勉強に部活にと励み、家と学校と予備校の往復で1日が過ぎていくというような生活を送っていました。 …

no image

高校生の夏、彼女との初体験は海の砂浜で野外SEX

高校時代付き合っていた彼女 私は、現在26歳の男性で、名前は淳一と言います。 私は、中学校を卒業すると親元を離れ神奈川の高校に進学しました。 高校の近くには海があったので、私は夏になるとよく泳ぎにいっ …

no image

高校3年生18歳処女。処女卒業済みと嘘をつく自分に焦りが

○処女を捨てたいと日々焦る私。 高校生になったからは、かなり際どいところまではいった経験がありましたが、一線と言うのはなかなか超えなれい状態が続いていました。 入学時は地元の同級生と付き合っていました …

no image

高校生で初セックス、相手はまさかの学校の先生

「出会いから」 私の童貞が卒業されたのは高校一年生、田舎だったこと時代が時代だったこともあり仲間の中ではかなり早い方でした。 しかしそのうれしい童貞卒業の話も、周りの友人に伝えることができない体験でず …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao