中学生初体験

卒業までえっち禁止と言われ、我慢できずに風俗で童貞卒業

投稿日:

高校三年生の冬に童貞を捨てました。

相手は年上の風俗店の女性です。

 

高校三年生の時僕は受験に名古屋に行きました。

正直行って全然勉強もしてなくて行けそうな大学にとにかく見つけてそこを受験するという名目でホテルで一人で前泊していました。

その頃僕の頭の中は受験のことも気にはしていたのですが、ホテルの周辺に広がるネオンの方にもすっかり目がいっていたのです。

当時僕は童貞で付き合っていた彼女はいたのですが卒業するまでHはダメだと言われていて、でも頭の中はセックスがしたくてそのことばかり考えているような感じでした。

大学受験前日とは言え、僕はどうしても悶々とした気持ちを抑えきれずにフと夜の街に出て一軒のヘルスに入って見ました。

ちなみに全くの行き当たりばったりではなく、あらかじめ下調べはしてあって、何軒か候補を絞っていた中で前を通りかかって直感的にここだと決めたお店でした。

 

お店は雑居ビルの2階に会って入ってすぐに待合室がありました。

そこでは受付の人が親切に対応をしてくれて、指名の有無なんかを聞いてくれました。

僕は特に指名もなかったのでありませんと答えました。

その答えを聞いて店員さんは僕を奥の部屋に通してくれてここで待っててくださいといって去って行きました。

やがてやって来たのが里香さんという僕の童貞を奪ってくれる女性でした。

里香さんはちょっとスレンダーで少し明るい茶髪、目がクリッとしている可愛らしい女性でした。

胸はないのですがウエストがとても細くて僕好みの女性でした。

里香さんは入って来て「若いね、幾つ?」と聞いて来ました。

僕は「20歳だよ」と答えました。

そして風俗は初めてで童貞だと正直に言いました。

里香さんは「そーなの、嬉しいな」となぜか喜んでくれました。

 

里香さんはシャワーを浴びるから洋服を脱いでと僕に言いました。

僕は洋服を脱いで裸になりました。

恥ずかしさもありましたがそれよりもこれから起こることへの期待が大きすぎて全然気にならなかったです。

当然その状態で僕のおちんちんは完全勃起で反り返っていました。

そんな僕のおちんちんをみて里香さんはちょっとびっくりしていました。

そして「大きいね、しかもすごい硬いし」と言ってくれました。

お風呂の中で里香さんが僕のおちんちんを洗ってくれた時、それだけでイキそうになってしまったけどなんとか必死に我慢しました。

 

お風呂の後、ベットに移動しました。

里香さんは「初めてだったらじっくり見てみる」といって横たわりました。

僕は里香さんの体を見て乳首を眺めて性器のあたりに目をやりました。

里香さんは「足開いて見てもいいよ」と言ったので僕はそのまま足を持ち上げて足を広げました。

写真では何度も見たことあるのですが初めて見た女性の性器はとてもエロくて感動ものでした。

里香さんが「触ってもいいし舐めてもいいよ」と言って来たので僕は里香さんのおっぱいから脇腹、そして性器まで必死で舌を這わせました。

性器を舐めた時里香さんは「うーん、アーっ」と声を出してくれました。

 

今度は里香さんが僕を横に寝かせて、僕の身体中に舌を這わせて来ました。

耳から首筋、乳首から脇腹そして最後におちんちんです。

おちんちんは最初はソフトクリームを舐めるような感じで次に口にくわえて頭を上下させるような感じです。

時折頭を止めて、手で持って上下にしごいたりもしてくれました。

途中里香さんは何度か「大きいおちんちんだね」と言ってくれました。

僕は気持ちよくってすぐに里香さんの口に出してしまいました。

その後は里香さんと雑談をして過ごしました。

時間が切れるちょっと前に里香さんが、「今日仕事が終わったら遊ばない?」と誘って来ました。

僕は明日の受験のことが気にかかったのですがそれよりも里香さんと遊ぶ方が優先してしまって「うん」とうなずいてしましました。

 

里香さんのお仕事は0:00まででした。

お店が終わった里香さんと待ち合わせをして少し一緒にご飯を食べました。

食事が終わると里香さんは「童貞捨てたくない?』と聞いて来ました。

僕は二つ返事で「うん、捨てたい」と答えました。

その15分後に僕は里香さんとラブホテルの部屋の中にいました。

 

今度も里香さんは僕に優しく教えてくれました。

女性の気持ちのいいところ、優しく扱うこと、ムードを大切にすること、AVを真に受けないことなどです。

僕はそれを気にかけながら里香さんの身体中を愛撫してみました。

すると里香さんは声を出して答えてくれました。

性器を触ってみるとぬるぬるに濡れていました。

僕は里香さんに「入れさせて欲しい」と頼みました。

里香さんは僕のおちんちんを掴むと自分の穴に位置に導いてくれました。

里香さんは僕に「ここだよ」と言ってくれたので、腰を前に動かしました。

するとぬるっと里香さんの性器の中におちんちんが吸い込まれたのです。

さっきお店でフェラをしてもらった時も気持ちよかったのですが、その何倍も気持ちよかったのです。

僕は多分5分ほどなんとか耐えながら腰を動かしていましたが、里香さんがちょっと腰を使った時に我慢できずにイってしましました。

里香さんは笑いながら「これで男だね」と言ってくれました。

その後結局僕はさらに3回射精をしたのです。

 

明け方僕は里香さんと別れました。

軽く朝食を取って受験票を持って大学の入試に向かいました。

徹夜明けで眠いはずだったのになぜか目はギンギンにさえて集中力も抜群でした。

結果は合格でした。

4月に大学入学してからあのお店に再び行って見ましたが里香さんはもう居ませんでした。

-中学生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生の神聖化されたマンコ。実際に彼女のマンコを見たら…

・どうしていいかわからなかった小学生時代 割と性に目覚めるのは早くて、小学5年生の頃にはすでに女性の体を見てオチンチンが勃起してたように思います。 とはいえ、その先どうしていいのかが全く分からず、この …

no image

中学生の女同級生にコンドームをもらい保管しておいたら…

同じマンションの同級生 私の住んでるマンションには同級生が僕の他に3人住んでいました。 しかも、みんな女の子。 2人は小学校の頃から知っている友達で、もう一人は中学から仲良くなった元気で活発な女の子で …

no image

田舎の初えっちは早い。中学生の時の恋愛体験談

私の生まれ育ったのは、山の中の小さな小さな集落です。 その集落では皆家族のような感覚で生活しており、誰もが顔見知りで知らない人はいないというのが当たり前の状況でした。 そんな小さな集落にも学校は存在し …

no image

女子テニス部員の野外放尿を見つけ、その子とエッチをして

中学校でパソコン部に入部 私は、神奈川県在住の現在30歳の男性で、智之といいます。 私は中学生の時、パソコン部に入部していました。 私の中学校では、生徒は必ず何らかの部活動に入部しなければなりませんで …

no image

幼馴染との未熟な恋。知識のない中学生はゴムなしで初体験

●初体験の相手 彼是もう10年前くらいの話である。私は中学二年生にして初めて彼女ができた。 最初は向こうから好意を寄せられていて、周囲からの煽てや冷やかしも重なり、次第に私も彼女のことを好きになってい …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao