えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

熟女

熟女と出会いからセフレに至った体験談。最近の熟女はキレイな人が多い

投稿日:

1.最近の熟女

少し前は熟女ときくと何となくおばさんのような女性が連想されていたが、最近では美魔女という言葉にもあるように年をとってもキレイな女性が増えたように思います。

また、TVや雑誌等でも美魔女芸能人やモデルを積極的に取り上げていますのでそういった社会的な背景もあるのかもしれません。

そこで今回はそんな熟女との出会いからセフレに至った体験談をシェアしていきたいと思います。

 

2.熟女と出会えた場所

当時、私は病院に勤めていたのですが、系列病院から40歳前後の女性看護師が異動してきました。

身長は170センチくらいでかなりスラっとした方でした。

やはり医療系の仕事で体を動かしているせいかパッと見のスタイルは良かったのを覚えています。

名前をまゆみさん(仮名)という方でした。

私は部署の中で研修担当や異動職員のOJTの担当になっていましたので、病院のシステムや職場のことなどまゆみさんに教える担当に任命されたのです。

そのため、ほとんど勤務シフトはまゆみさんと同じシフトになりました。

その時僕は20代後半でまゆみさんは40前後でかなり歳の差がありました。

ただ、スタイルが良いのもありかなり若く見えました。

研修の回数をこなすうちにまゆみとだんだん打ち解けてきて色んな事を休憩中にしゃべってくれるようになりました。

まゆみさんは独身で結婚歴なしということでした。

看護師によくあるのですが、仕事に夢中になっていたら婚期を逃したと笑いながらいっていました。

顏としては切れ長のクールビューティー系の顔立ちでしたが、その反面中身はかなりさっぱりしており、

そのギャップがかえって魅力的でした。

 

いよいよ僕がまゆみさんに教える研修も終わりに差しかかったころ何気なく『まゆみさん研修お疲れ会的な感じでご飯でもいきませんか?』とさそったころ二つ返事でOKをもらい食事のデートに行く流れとなったのです。

これは年を重ねた女性に共通するのですが、だんだん女性としての要素に何となく母親的な母性の雰囲気が出てくるような気がします。

その雰囲気がまた若い僕からすると同年代の異性にはない魅力として映りました。

 

3.熟女の話した悩み

まゆみさんはお酒をのめるとのことでしたので、繁華街の居酒屋に飲みにいくことになりました。

もともとお酒は好きらしく職場とは打って変わって陽気な感じで話しかけてくれました。

また、病院の場合は制服を着用したり髪を結ぶのででルックス面で女性的な雰囲気にならないのですが、私服とのキャップが更に魅力を掻き立てます。

まゆみさんは30代のはじめまでは彼氏もいて結婚も考えていたらしいのですが、まゆみさんの性格的に家庭に入るのは性に合わないと思ってなかなか結婚に踏み出せなかったそうです。

かたや、彼氏さんの方は両親に孫の顔を見せたい等の思いもあり二人の結婚観に違いが生じはじめ別れてしまったと話してくれました。

その後、しばらくは婚活を頑張っていたらしいのですが、それも疲れ今はのんびりしているとのことでした。

 

そんな話を聞いているとつけ入る隙がなさそうだなと感じていたのですが、さらにお酒が進むにつれてまゆみさんの本音がポロリポロリと出始めるようになりました。

『でもね、婚活に疲れたとはいっても寂しい時はあるんだよね~』と少し寂し気な表情で僕に言いました。

看護師という職業は夜勤もあるし体力的にも精神的にもなかなかハードです。

そんなときにやはりプライベートで一緒にまったりできる人は欲しくなるのは当然の流れかもしれません。

直感的に今しかないと思いました。

幸いにも研修でシフトを同じにしていたので奇しくも次の日は二人とも休みでした。

そして、僕はこういったのです。

『まゆみさん僕の家で飲みなおしませんか?』

1秒くらい間が空いた気がしましたが、『いいよ』とOKしてくれました。

 

終電も近かったのでお店を出てタクシーで自宅まで一緒に帰りました。

家につくやいなや僕は我慢できず抱きしめながらキスをしました。

まゆみさんは少し笑いながら『君、分かりやすくていいね。』と言いました。

熟女からすると僕ぐらいの若造の性欲溢れる姿は少し可愛くみえたのかもしれません。

そして、そのまま部屋の奥のベッドに押し倒しました。

熟女というのはやはり経験値が多い分、テクニックも最高でした。

同年代にはない老寧さを感じるテクニックは秀逸の一言でした。

そんなところまで愛撫してくれるのかというところまで丁寧にやってくれるのです。

しかも、色んな性感帯に詳しくまゆみさんは、『ここはねこういう風になめると気持ちいいんだよ。やってあげるね。』と謎の説明付きの愛撫がたまりませんでした。

若い女性の場合は抱きしめたときに肌の感じが筋肉質な感じがするのですが、熟女の場合はほどよく脂肪がのって吸い付くような感じがたまりませんでした。

エッチ中の感じ方も表現豊かの一言です。

 

結局、ふたりで朝方までセックスにふけっていました。

体の相性がよかったこともありその後も飲みに行って僕の家でセックスをする関係になっています。

 

4.まとめ

今回は体験談を通しての熟女をセフレにする方法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

私自身まゆみさんと出会って感じたことは熟女といえども女性としての部分は若い女性と概ね変わらないと感じました。

ただ、やはり年を重ねている分、熟女ならではの性の知識やテクニックを兼ね備えているように思いました。

またコミュニケーション能力も高く一緒にいて成長させてもらっているような感覚も覚えました。

少しでも熟女に興味を持った方はダメ元で果敢にアタックすることをオススメします。

上手くいけば熟女との出会いがあなたを男として成熟させてくれるかもしれませんね。

-熟女
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

50代前半の社長の娘に迫られて、熟女と仕方なく身体の関係を持つと…

■社長の娘と… 大学を卒業し、それなりに大手の会社に就職することができました。 期待していた社会人生活が始まりました。 同級生と話をしてみると、自分の入社した会社は大当たりだったようで、他の方よりも待 …

no image

熟女とのエロい体験。三十路を迎える独身男性と職場のアラフォー

もう直ぐ三十路を迎える独身男性です。 本当はもう結婚を考える年齢なのですが、既婚熟女にはまっていてなかなか結婚相手にちょうどいい女性との交際には至りません。 2年前に同学年の女性と付き合っていて結婚も …

no image

熟女のメッカ台東区で熟女&お母さんプレーを体験

台東区は風俗の宝庫です 東京の風俗街と聞いて、まず頭の中に思い浮かぶのは歌舞伎町ではないでしょうか。 歌舞伎町は遊ぶことに関しては事欠かないですが、初めてだとボッタクリに遭う心配が付きまといますよね。 …

no image

熟女の大家さんとのセックス三昧の目くるめく生活

■熟女の大家さんと懇意になりました 私が30歳前に転勤で地方の田舎町の工場勤務となりました。 殺風景な田舎町で、工場とアパートを往復する毎日で、退屈な時間を過ごしていました。 アパートは2階建てで8室 …

no image

いい感じに熟した人妻さんとえっち。片っ端からペロリ

はじめまして、中部地方のとあるスーパーマーケットで店長をしている40歳の男性です。 スーパーと言えば老若男女多くの方が買い物に訪れてくれる憩いの場所であります。 おかげさまで、私が預かっているお店も朝 …