アナル

エスカレートするアナルの快感は簡単には止められない

投稿日:

初アナルは女性相手の風俗店

僕の初めてのアナル体験は風俗でのこと、性感エステ店でのオプションでアナルファックをしたのが最初でした。

今だから思うんですが正直なところそんなに感激はなかったですね。

入ってる感覚はあるものの入り口がキュッと締まってるきつさだけが印象に残ってその奥に感じるものがそんなにありません。

本番なしのお店でしたから同じ日に比べることはなかったんですが、やっぱり普通のエッチの方が気持ちいいと思いました。

包み込む柔らかさがないからなんでしょうか、満足度としてはあまりないと思いました。

あるとすれば達成感でしょうね。

普段と違うところに挿入する、もちろん彼女相手ではそうそう経験できませんし、プロ相手だからこそ許される禁断の蕾みたいなものですから。

 

入れる快感はさておいて

二度目のアナル体験はゲイ向けの性感マッサージでした。

魔が差したというか、興味本位で怖いもの見たさのようなものが手伝って、一体どんなマッサージなんだろうと突入してみたのです。

相手はアナル性感専門にしていた某マッサージ店の中年男性、かなり不安を感じながら言われたマンションを訪れました。

 

落ち着いた雰囲気の中年男性に招かれて奥の部屋へ。

言葉少なに喋った後シャワーを浴びて施術開始です。

僕はてっきりお尻を揉みほぐしたりした後に少しづつという展開を想像していたんですが、俯せで軽く足を開いたところにいきなり指を押し込まれました。

最初ですからびっくりしたんですが、さすが熟練しているからかそんなに痛くありません。

気持ちいいとは思いませんがなんかもどかしい変な感じ、入れられてるのは見えませんがそれが妙にエロい気分になってきます。

 

指の後はディルドで

数分間アナルを指で弄られて、それが終わると硬めのディルドが挿入されました。

今度は少し痛い感じがして腰を引いてしまいました。

きっと相手も反応を見て経験が少ないことがわかったんでしょう、すぐ細くて柔らかめのものに変えてくれました。

 

改めて挿入、さっきのと違い痛くはありません。

指より太いけれどその圧迫感がさらに気持ちいい、なんだか女の子になった気分でした。

ゆっくり出し入れされながら俯せタイム終了、次は仰向けの体勢でマッサージです。

お店に来るまではどんな内容なのか怖かったのですが流れがわかって来るとちょっとリラックスしてきました。

またその男性が反応を見ながら合わせてくれたのもよかったですね。

終わる頃にはすごく淫乱な気分、最後ディルド挿入のままハンドで逝かされました。

複雑な気分で帰りましたがその数週間後またして欲しくなって予約したのを覚えています。

 

少しづつ覚えていくアナルの魅力

入れる時の感動はあまりなかったアナルですが、それはきっと人それぞれによるのだと思います。

僕の場合はMっけもあれば変身願望もあります。

女性のような感じ方に憧れる体質なので入れられることで満たされるのですね。

でも無理に動かしたりするとやっぱり痛くて、多少太くても入れたまま動かさない方が気持ちよく感じました。

 

そのお店には何度か通いました。

行くごとに慣れてきてディルドも太めのものが入るようになりました。

だからと言ってその男性とエッチしたいと思うまでには至りませんでしたし、彼もそういう行為は受け付けていないようでした。

おそらく客がアナルの快感に目覚めるのを見て喜びを感じるタイプだったんだろうと思いますね。

僕がそんなに嫌なタイプではなかったようでいつも時間オーバーしても気にせずやってくれました。

しばらく通ったその店もその後知らぬ間に閉店、僕は自分の性欲のハケ口がなくなって困ってしまいました。

 

次のお店でさらにエスカレート

いろいろとネットで探すとゲイ向けのマッサージって結構あるものです。

でも中にはそそらない営業内容のものもあって決めるのは簡単ではありません。

と言いつつも目覚めた快感はなかなか抑えることができずに、利用者の口コミを比較してここならと大丈夫そうだと思う店に問い合わせてみました。

電話を通してなんかピンと来るものがあったので試しに来店、その人も中年のマッサージ師さんですが物腰が柔らかくて優しい感じです。

 

実際会ってみて想像通りの温和な方で一安心。

最初の方と違うのは口数がやや多いところでした。

施術中の囁きも雰囲気を盛り上げるために必要なんですね。

的確な施術と刺激的な言葉責めに僕はすっかり興奮してしまいました。

バイブで責められた後に彼はエッチしようと試みます。

僕もその頃にはすっかり快楽の虜になってほとんど拒否しなかったと思います。

でも結局挿入は未遂に終わりローション手コキで終了。

残念ながらアナルでの本番は夢に終わりました。

 

今でもその願望は継続中

それ以来自分なりに思うところがあってマッサージ店には行っていません。

なんとなく一線を越えるのを躊躇してしまってるんですね。

やっぱり女の子と普通に恋愛したいですし、結婚もしたい。

だから男性とエッチするのはどうなんだろうと自問自答してしまうのです。

 

だけど体は嘘がつけません。

一人エッチの時はマッサージの時の快感を思い出してしまいます。

お尻にディルドを入れながらそれを男性のものだと妄想しながらオナニーに耽ける時があります。

エスカレートしちゃいけない、そう思いつつついお尻で逝ってみたいという衝動を抑えられずにいるのです。

今は願望との葛藤ですね。

-アナル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼女(女子大生)のアナルに初めて中出しした感想

・人生で初めての彼女 私に初めて彼女ができたのは、大学生の時でした。 それまで女性と付き合った経験が無かった私にとって念願の彼女であり、見事OKの返事をもらった時にはそれはそれはうれしかったのを覚えて …

no image

女性のアナル開発と拡張にぴったりな大人のおもちゃ

■男性はパートナーのアナル開発が好きなの? この頃、普通のセックスに飽きてきたのか、彼がアナルに興味を持ち始めました。 手近にある異物を私のアナルに入れようとしてきます。 いくら嫌だと言っても諦めてく …

no image

幼児時代のアナルへの恐怖と成人後の変態心、慣れれば快感

最も早い「アナル」の経験は幼児時代のとき 元々性的な意味で「アナル」には興味が薄かった私ですが、今は少しずつそちらの方の穴でも気持ち良くなることを覚えてきたところです。 きっかけは便秘を治そうとしてい …

no image

スレンダー体型の女友達と宅飲みして愚痴聞いてたらお礼にアナル初体験

・女友達のスペック ミカ(24歳)昔からの友達で良く宅飲みに来る。 なぜか考え方や波長が合うのか相談事や愚痴はいつも自分に言ってくる。 顔はふつうにかわいい感じで、スレンダー体型でBかCカップ。 &n …

no image

叔父の玩具になりアナル拡張飼育。行き場がない私

父と母を交通事故で一度に亡くして東京に住む叔父の家に引き取られたのは私がまだ小学4年生の時でした。 父の弟だということでしたが、それまで一度も会ったことがありませんでした。 「いい人だから」と親戚の人 …