えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

レズ・ゲイ・バイ

ノンケの私がバイのネット友達とAV観てレズ行為にハマる

投稿日:2018年10月25日 更新日:

基本的にはノンケの私

もう20代の社会人になっている私ですが、自分が知る限り私はノンケ、異性愛者です。

今まで付き合ってきた人たちは皆同い年か年上の男性ばかりで、セックスも至ってノーマル、たまにSMちっくなプレイを彼氏とする程度でしたが、基本的にはそこまで衝撃的なものはありませんでした。

今年までの話ですが。

 

でも今年気づいたのです、ノンケだと信じ込んでいる人でも、誰でもバイになる可能性がある、或いはなろうと思えばなることもできる場合がある、ということを。

今のところ頭では女性と恋愛をしたいとは思わなくても、性行為そのものはやっても構わない、と思うようになってしまいました。

バイの知り合いに少し開発されてしまったようです。

しかも友達と言っても親しいわけではなく、ネットでのSNSで知り合った仲です。

年上のアラフォー女性ですが、遠い地方に住んでいて旦那さんがいる方です。

自分のお母さんとも義理のお母さんとも同居していて、なんだか皆のお世話で大変そうだと話を聞いているだけでいつも思ってしまうのですが、実はエロイ方なのです。

 

バイのエロ友と知り合ったきっかけ

平凡な会社員の私が一体どうやってこういったバイの熟女さんと知り合ったのでしょう。

それは実は、憧れのあるグラビア女性がいるのですが、そのグラビア女性のネットコミュニティのようなグループで知り合ったのです。

そのグラビア女性自体もアラフォーなのでバイのネット友も彼女に憧れるのは自然なことです。

私の方がむしろ自分よりかなり年上の女性に憧れを抱いたのですね。

別にエッチな意味ではないです、純粋に顔も美人でスタイルもモデル並みに整っていて綺麗、そして深夜番組などでのトークからも知的な一面も感じられるので、普通の女優さんのように憧れたのだと思います。

たまたまそのコミュニティの中でバイの女性Aと知り合ったのですが、SNSでのやりとりは主に二人とも好きな例のグラビア女性の話題でした。

年に何度かそのグラビア女性はイベントのような感じで、写真集のサイン会のようなものに出ていたりするので、私も今年の春にそれに初めて参加しようと決めていました。

そして遠い地方に住んでいるファン仲間のAも、遠征して同じイベントに来ると言っていました。

アラフォーのAは、SNSではかなり開けっ広げに自分の家庭事情や性癖、例のグラビア女性と性行為をすることができるものならやりたいなど、自分の個人的なことをたくさん書く人でした。

そして結婚して10年経つらしいですが、未だに旦那さんには自分がバイセクシュアルだということは秘密にしているらしく、もし見つかったら即離婚になる、ということも書いていましたね。

加工アプリで盛り盛りの自撮り写真も頻繁にアップしていましたが、結構豊満な体型の、童顔の方だという印象が最初からありました。

ちなみに例の好きなグラビア女性に関しては、旦那さんにもお母様たちにも秘密だそうです。面倒なことを怪しまれたりするのも嫌なのでしょうね。イベントのために遠征する際には好きな俳優の舞台を観に行くと嘘をついて遠征すると教えてくれました。

 

いざイベントでバイのAと会って深く交流

今年の春、やがて憧れのグラビア女性のサイン会がある会場で行われました。

水着姿でテーブルに座った彼女は並んでいるファンの人たち全員に写真集へのサインをしてくれて、握手もしてくれました。

 

それはそれで、私が自分の番が終わった後、しばらく会場の外で立ってぼーっとしていたら、Aが現れたのです。

加工済みの写真よりはさすがに年齢が上に見えたものの、基本的には想像通りのやや童顔で豊満な体型の方でした。

人見知りながらも私にすぐ気づいてくれた彼女は、お茶をしようと誘ってくれたので、二人でドトールに入ってコーヒーだけ飲んだのです。

そうそう、話忘れましたが彼女はラブホテルで働いているそうで、AVのレズ作品を観るのが趣味のようです。

ドトールの中でもこっそりと少しだけスマホでレズ行為の動画を観せてくれました。

 

コーヒーを飲んだ後、「ラブホテル調べてきたんだけど行ってみない?入ったことないでしょ?」と、雑談の空間のためにラブホテルに入ろうと誘ってきました。

同性の人からラブホテルの誘いとは少し驚きでしたが今どき女子の旅行用やパーティー用などにもラブホテルを利用する人も増えているみたいですし、あまり考えずに「行ってみるのもいいかもしれませんね」と答えている私がいました。

案外あまり普通のホテルと変わりませんでした、空間が少し薄暗くて窓やカーテンもしっかりしていたぐらいですね。

二人の憧れのグラビア女性の話をしながら、気づいたらベッドの上に転がって昼寝しそうな状態でした。

 

と、そのとき、Aはいきなり私のほっぺをチュっとキスしてきました。

ビクっと驚いた私は起き上がろうとしましたが、押さえつけられたのでした。

「こういうの女とやったことないでしょ?私もないんだけどやってみようよ」と言った彼女は部屋のテレビを付けて色々リモコンのボタンを慣れた手つきで押して行ってなんとAVのレズものをかけたのでありました。

私の顔中をキスしながらAは私のパンツの上から指でゆっくりと私の大事な部分をいじって行き、いじりながらもう一つの手の指で私の脚の付け根をなぞって行きました。

後はもう何をされたか覚えていないのですがとにかく気づいたら濡れていたことを覚えています。

かなりたくさん濡れてしまった後に彼女は私にパンツとスカートを履かせてくれたのですが、終わった後は私に同じことを求めることはなく、「今度会ったときには攻め役お願いね」と一言言っただけでした。

 

結局ホテルを離れた後彼女は地方に帰ったのですが、自分が10歳以上年上の女性と一体何をしたのかがグルグル頭の中で回っている状態で、帰りの電車の中でもボーっとしている状態が続きました。

とてもではありませんが人に話せるような経験ではありません。

気持ち良かったのですが同性とそういった行為をしたという事実を自覚するたび後ろめたさのようなものを感じました。

でもそういった後ろめたさは「教育」によって刷り込まれたものかもしれませんね。

本当はいけないことではないし、本当は誰でも同性も異性も愛してどちらとも気持ち良くなる行為をして良いはずなのですよね。

-レズ・ゲイ・バイ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生の私は童貞よりも先にアナル処女を卒業してしまった

性欲はありながら二次性徴が遅れていた高校時代 私は現在28歳の男性です。 名前は光といいます。 私は、中学生の頃から二次性徴が遅く悩んでいました。 高校一年生になっても私は声変わりもせず、チンコにも毛 …

no image

彼氏にふられた。失恋した時にレズビアンとしての私を発見!

30歳の頃までは男性一本のノーマルタイプだったので、同性の事を好きになったり、増してや体の関係を持つなんていうことは想像もしていませんでした。 そんな私の思考を変えたのは失恋を経験した後にでした。 & …

no image

学校の美人ママ友とのいけないレズ関係。二人だけの秘め事

私は人生の中で数少ないですが、同性と体の関係を持ったことがあります。 一度目は大学生の頃でしたが、二度目は体が完全に成熟して大人になってからの体験でした。 ふいに私の生活の中に入り込んできた、大好きな …

no image

上野のゲイマッサージ店で気付かされた自分の性癖

コーチのセクハラ体験から もともと女性が好きだった私、もちろん若い頃は女性と付き合うことしか想像していませんでしたし、まさかゲイの世界に興味が湧くなんて思ってもみませんでした。 思い出すと高校時代の夏 …

no image

レズセックスの方が男性と行うよりも快感度が高い理由

同性同士のセックスが快感な理由 女性同士だけでなく、男性同士といった具合に同性同士で1度セックスしてしまうと病み付きになってしまう人が珍しくありません。 しかも異性間とのセックスの経験がある人でも、異 …