えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

レズ・ゲイ・バイ

ゲイかもしれない男性の特徴と見分け方について

投稿日:2018年10月21日 更新日:

ゲイといわれる男性には、以下のような特徴があります。

 

「下ネタに乗って来ない」

普通の男性であれば、下ネタには多少乗って来るはずですが、ゲイの場合は「ふーん」程度の薄いリアクションしかしません。

あまり反応しすぎると、ゲイであることがバレるからです。

ただし、カミングアウトしている場合はこのかぎりではありません。

 

「ジッと見つめて来ることがある」

ゲイであることを知られたくないが、気になる相手がいたらどうしても見てしまいます。

あからさまなアピールができないため、せめて遠くから見るということしかできないのです。

これは、本当に好きな女性にアピールできない男性の心理と同様といえます。

 

「神経質である」

特に、気になる相手の前ではより神経質になり、自分のあらゆる言動について相当な注意を払いがちです。

それは、普通の男性が好きな相手を前にすると内気になってしまうのと同様で、ゲイであっても何ら変わらないのです。

 

「イケメンである」

これはやや都市伝説に近い物がありますが、ゲイにはイケメンが多いといわれています。

相手に気に入られやすくなるよう、髪型やスタイルに気を遣っているからということが理由だとされています。

実際、女性から見てカッコいいと思える男性がゲイだったというケースや、イギリスの「ブライトン」というゲイが多いことで有名な町はイケメンが多いことから、ある程度の信憑性はあるといえます。

 

「『ホモ』や『オカマ』という単語は禁句」

これらの発言に対して、ゲイの多くはよい印象を持っていません。

ホモという単語は、ゲイにとっては差別用語ですし、オカマという単語も、ゲイとは少し意味合いが異なるからです。

特に、ゲイの人は純粋であることが多いため、うっかり言ってしまうと深く傷付けてしまうおそれがあります。

 

「言動が女っぽい」

これは最も分かりやすいポイントですが、ゲイの男性は言動が女っぽいことが多々あります。

テレビなどで、芸能人が「オネエ疑惑」をかけられることなどがあったりしますが、基本的にゲイというのは「自分の仕草を可愛らしく見せよう」という意識を持っていることが多いため、どうしても女っぽい仕草になってしまいやすいのです(ただし、すべてのゲイがそうであるわけではなく、男性らしさを前面に押し出すタイプも少なからず存在しています)。

 

「下着に気を遣っている」

ゲイの人は、女性と同じかそれ以上に下着に気を遣います。

勝負下着を持っていたり、好みのブランドの物しか身に付けないという人すらいます。

とはいえ、いくら同性同士でも下着を見る機会というのはあまりないので、本人に尋ねないと分からないポイントといえます。

 

「『細マッチョ』体型が多い」

ゲイというと、女性的というイメージと共に「逞しい筋肉を持っている」というイメージも強いですが、それは実は微妙に異なり、いわゆる「細マッチョ」の人が多かったりします。

とはいえ、細マッチョだからといってゲイでないケースも多々ありますし、これだけで判断するのは少々困難といえます。

 

「ゲイの友人が多い」

やはり「類は友を呼ぶ」ということわざのとおり、ゲイの人は友人もゲイであることが多々あります。

よくあるのは、インターネットで相談しているうちに友人になったり、ゲイが集まるバーなどで知り合うというケースです。

やはり悩みに共感してもらいやすいので、友人としても相性がいいからだと考えられます。

 

「ホットパンツを着用している」

これは真偽のほどは定かではありませんが、ホットパンツを好んで着用している男性はゲイであることが多かったりします。

露出が多くなるので、ゲイの人にアピールしやすくなるというのが理由です。

そのため、ホットパンツを穿いていて細マッチョであれば、ゲイである可能性は高くなります。

 

「流行に詳しい」

流行に詳しい男性も、ゲイである可能性があります。

特に、派手なファッションでありながら流行を先取りしているといった場合は、かなり可能性は高いといえます。

とはいえ、「ファッションに興味を持っているだけ」というケースもなくはないので、その他の特徴と照らし合わせて判断すべきでしょう。

 

「美容に気を遣っている」

肌はツルツル、小奇麗なファッションに髪の毛はしっかりケアされているというように、下手な女性よりも女子力が高い男性は、ゲイかもしれません。

上でも述べましたが、ゲイの人は身なりに気を遣うので、当然ながら美容に対する意識も高くなります。

そのため、女性よりも美を追求したがる傾向があります。

 

「ゴシップが好き」

ゴシップを扱った雑誌は女性向けの物では多いですが、それは女性がゴシップを好むからです。

そして、ゲイの人は女性的な心理を持った人が多いため、ゴシップを好むという傾向が見られます。

 

「争い事が嫌い」

たいていの男性は出世や競争を好みますが、ゲイの人はそういったことを避けたがります。

女性に多い考え方ですが、競争するよりも、協調することを好む傾向が強いといえます。

-レズ・ゲイ・バイ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

学校の美人ママ友とのいけないレズ関係。二人だけの秘め事

私は人生の中で数少ないですが、同性と体の関係を持ったことがあります。 一度目は大学生の頃でしたが、二度目は体が完全に成熟して大人になってからの体験でした。 ふいに私の生活の中に入り込んできた、大好きな …

no image

高校生の私は童貞よりも先にアナル処女を卒業してしまった

性欲はありながら二次性徴が遅れていた高校時代 私は現在28歳の男性です。 名前は光といいます。 私は、中学生の頃から二次性徴が遅く悩んでいました。 高校一年生になっても私は声変わりもせず、チンコにも毛 …

no image

女子校育ちが長いとレズに目覚める?彼女がレズに目覚めました

■彼女がレズ経験があり… 僕の以前の彼女はレズ経験が豊富でした。 はまったきっかけは中学校の修学旅行でのことだったそうです。 修学旅行先の宿は6人くらいが1つの部屋で過ごすことになったのだそうです。 …

no image

バイのセフレ(20歳)と一緒にレズ娘(18歳)を弄くり回す話

・レズ娘とするようになるきっかけ セフレにしている、マキちゃん(20歳)はバイです。 男も女もいけるタイプで、女の子のセフレもいると言っていました。 顔は可愛くて、スタイルは出すぎず細すぎずで丁度いい …

no image

彼氏にふられた。失恋した時にレズビアンとしての私を発見!

30歳の頃までは男性一本のノーマルタイプだったので、同性の事を好きになったり、増してや体の関係を持つなんていうことは想像もしていませんでした。 そんな私の思考を変えたのは失恋を経験した後にでした。 & …