特殊なプレイ

潔癖性の彼氏との、ちょっと変わった体温なしのセックス体験

投稿日:2018年10月18日 更新日:

・彼からの告白

私は、彼がずっと何もしてくれない事にイライラしていました。

交際してから、半年以上もたつのに、手も握ってくれないんです。

腕は組んでも良いのですが、なぜか手を繋ごうとすると嫌がられてしまうのです。

そして、キスも、それ以上の事も何もしてくれませんでした。

もしかして、私の事がそんなに好きじゃないのかな?

と思い、何度かそれとなく確かめてみたのです。

その度に「そんな事ないよ。君の事は大好きだよ」と、言ってくれるんです。

言ってくれるんですが、やはり何もしてくれない。

もう、別れようかな。

 

そう思った時に、彼の方から意外な告白をされました。

彼は、極度の潔癖性だったのです。

人の体温を感じるのが、あまり好きではないそうです。

キスやそれ以上の事をしたいと思いながらも、なかなか出来ないらしくて、彼が言うには、直接肌に触れないようなセックスをしたいとの事でした。

肌に触れないで、セックスが出来るのだろうかと、ちょっと不思議に思いました。

ですが、彼は彼なりに私の事をちゃんと恋人として愛したいとの事。

私は、彼の気持ちを嬉しく感じたので応える事にしたのです。

それに、私も彼とちゃんと恋人同士になりたいと思ったんです。

 

・準備万端?

そして、気になるのがやはり肌に触れないセックスです。

どうしたら、そんな事が出来るのかと不思議に思いました。

彼は、全て自分が準備するから心配ないと言ってくれました。

そして、彼から初めて家に来ないかと誘われ、やっとこの日が来たんだと、私は少し緊張しました。

そして、彼の家に到着すると、フカフカのスリッパが置かれていました。

何だか、高級ホテルに来たみたいだと喜んでいたら、カーペットの上を直で歩いて欲しくないと言われて、ちょっと戸惑いました。

潔癖性とは聞いていましたが、そこまでとは思っていなかったのです。

そして、あまりにも殺風景な彼の部屋に、ちょっと戸惑いました。

家具はあるんですが、まるでモデルルームのような印象の部屋でした。

 

しばらくはソファで話していたんです。

今まで、彼は自分が潔癖性である事を隠していたらしいんです。

潔癖性である事を伝えて、何度もフラれた経験があるらしく、彼にとっても辛かったみたいなんです。

そして、ベットルームに案内されると、ベットには驚く事にビニールシートが敷かれていました。

それだけでも、十分戸惑う私の前で、彼が革の手袋をはめ始めたんです。

そして、私には自分で服を脱いで、ベットに寝ていてと言うのです。

まさか、こんな展開になるとは思っていなかったのですが、私は、彼に従う事にしました。

嫌だなんて言って、嫌われたくはなかったからです。

彼は服を着たままなのに、自分だけ裸になるのが、こんなに恥ずかしい事とは思いませんでした。

それに、裸でビニールの上に寝るなんて体験は初めてで、何だか変な気持ちになりました。

やがて、彼が近づいてきて、唇にサランラップが押し当てられました。

 

・初めての経験

彼との初めてのキスは、サランラップ越しでした。

体温も何もなく、感触も不思議な感じでした。

それに、革の手袋をはいた彼の手が私の体に触れる度に、不思議な感覚でした。

体温が全く感じられない指に、胸を揉まれ、乳首をいじられても、私の体は何も反応しませんでした。

当然といえば、当然なんですが、やはり体温を感じられないのは、私にとっては気持ちが良いとは思えませんでした。

それよりも、彼が服を着たままなのがとても気になって、行為に集中出来なかったという事もありました。

ですが、彼はかなり興奮してくれたみたいで、彼が高まった声をあげるのを聞いているうちに、私の体も徐々に興奮してきました。

 

・精神的な快楽

挿入する時も、彼はもちろん服は脱ぎませんでした。

彼の体に腕を回しても、衣服の感触がするだけで、寂しくも感じました。

ですが、耳元で何度も綺麗だと囁かれ、体の隅々を観察するように見つめられ、私は、肉体的というよりも、精神的な快楽を得たような気持ちでした。

精神的な快楽は、もしかしたら肉体的な快楽よりも勝るような、そんな気持ちでした。

いつしか、革の手袋をした彼の指が敏感な部分に触れただけで、私は反応していたのです。

 

・まるでバーチャル体験

行為が終わった後、彼が私に感想を求めました。

私が気持ち良かったと答えると、彼にはそれがたまらなく嬉しかったみたいで、毎日のように家に呼ばれました。

彼との性行為は、まるでバーチャルセックスをしているかのような気持ちでした。

目の前に彼はいるんですが、体温を感じないセックスというのは、かなり特殊な体験でした。

本音を言えば、やはり素肌の彼と抱き合い、感じたかったです。

でも、潔癖性の彼に、その事をどう伝えたら良いのか、かなり悩みました。

彼からされる行為は、決して不快なものではありませんでしたが、行為が終わった後に、僅かな寂しさを感じるんです。

でも、彼が気持ち良さそうにしてくれるので、私は満足です。

-特殊なプレイ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

妻が見守る中、妻の姉に手コキやフェラされSEXしてしまった

おせっかいな妻のお姉さんの麻美 私は、現在32歳の男性です。 私は5年前に同級生の真理子と結婚しました。 真理子には二つ上の麻美という姉がいました。 麻美は去年離婚し、今は真理子の実家で両親と暮らして …

no image

剃毛プレイの後にパイパンセフレと露天風呂で野外セックス

・セフレと温泉旅行 私は今、35歳のサラリーマンで妻と子供がいますが、定期的に会ってセックスを楽しんでいるセフレの関係の女性がいます。 彼女の名前はR子、私より1歳年上の36歳で仕事で知り合いました。 …

no image

非モテの僕は女子大生のお姉さんにお漏らし&中出しをしてしまった

1:高校デビューも失敗して全くモテなかった 中学時代に女の子に縁がなかった僕は、高校でこそなんとか彼女を作ろうと心に決めていたのですが、やっぱりうまくいきませんでした。 なんとかかっこ良く見せようと、 …

no image

出会い系は人妻が大人気。既婚者主婦がしたアブノーマルプレイ

私は現在40代の既婚者主婦です。 私はこの年齢になってから特殊なプレイにはまってしまいました。 今では通常のプレイをする事ができなくなりつつあるのですが、その事を夫は知りません。 私が大人になってから …

no image

アナル、飲尿なんでもありの医療プレイに目覚めた女子大生

歯科助手の女子大生まり その女子大生「まり」は、アルバイトで歯科助手をやっていたんです。 それまで勉強一筋でやってきた、まりは、処女ではないものの、性の経験はそんなに多い方ではなく、どちらかというと奥 …