えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

大学生初体験

大学の卒業旅行(グアム)で外人にナンパされて童貞卒業できた

投稿日:2018年9月23日 更新日:

卒業旅行でグアムに行く

私は、現在30歳で会社員の男です。

名前は達也と言います。

私は昔から旅行が好きで、友人や家族と様々な場所を訪問してきました。

その中でも最も記憶に残っているのは22歳の大学四年生の時に行ったグアムです。

当時私は寮生活をしており、同じ寮の仲間たちと卒業旅行をしようと前々から計画していました。

私はこれまで、国内旅行は日本全国様々な場所を訪れましたが海外に行くのはこの時が初めてでしたので、海外の雰囲気や文化・食事などに触れるのを誰よりも楽しみにしていまいた。

 

帰国前夜にディスコに行く

卒業直前の二月のある日、私達は予定通りグアムに旅立ちました。

日本では真冬の季節ですが、4時間ほどのフライトを経て現地に着くと、そこは常夏の楽園のようでした。

街並みや砂浜は綺麗に整備されていて、流石は観光地だなという印象を受けました。

しかし、日本から近いせいか、観光客の殆どは日本人で驚きました。

私達はホテルに荷物を置くと、海に行き、日が暮れるまで子供のように遊びました。

翌日以降も、レンタカーで島内を巡ったり沖に出てパラセーリングをしたりと皆思い思いに楽しみました。

 

そして帰国を明日に控えた最後の日の夜、私達は島内でも最大級のディスコに行きました。

私はこれまでディスコに行ったことが無く、最初は会場の雰囲気に馴染めず端の方で傍観している事しかできませんでしたが、友人たちが楽しそうに踊っている様子を見ていると自分も彼らの中に入って自然と踊り出すことができました。

友人の殆どは、ナンパ目的でディスコに来ていて、踊りを楽しみつつも好みの女の子を探していました。

今回旅行に参加した中で童貞なのは自身だけでしたので、私はこれを機に童貞を卒業できないものかと考えていましたが、とても女の子に自分から声をかける勇気などありませんでした。

友人たちが次々とナンパに成功していく様子を見ていると、 私はなんだか情けない気持ちになっていきました。

そして、踊り狂う人々の輪から一旦外れてバーカウンターに行き、ヤケ酒とばかりにウォッカを何杯も立て続けに飲み干しました。

 

外人に逆ナンされて…

暫くの間強い酒を飲み、適度に酔いが回って気持ちが大きくなった私は、再び踊りの輪の中に割り込んでいきました。

ナンパに成功した友人たちはとっくにどこかに居なくなっていて、私は一人取り残されたことに気付きました。

私は、途方に暮れながらもとりあえず音楽に合わせて踊っていました。

その時です。

私の周囲に身動きができないほどの人がいる中、私は股間に違和感を感じました。

一瞬、私が酔っ払い過ぎているのかと思いましたが、間違いなく私の股間を誰かが触っていたのです。

誰が私のチンコを触っているのか、手から腕へ腕から体へと目を移すと、なんと犯人は真横に居た白人の若い女性でした。

私は思わず「ええっ!」と声をあげてしまいました。

その白 人女性は、 地元民なのか観光客なのか識別できませんでしたが、短パンにきつめのシャツを着たイケイケな女性でした。

私の視線に気づいた白人女性は、私の耳元で「Fuck me」と囁きました。

それを聞いた私は、友人たちに置いてけぼりにされたことも忘れ、見る見るうちにチンコを勃起させてしまいました。

すると、「Oh! Big dick!…Come on.」と言って嬉しそうに私の手を取り女子トイレの方へ誘導しました。

異国の地で思わぬ形で逆ナンに遭い、これから起きる事に多少の不安もありましたが、期待の方が大きかった為私は大人しくついていきました。

 

女子トイレの個室に入ると、その女性は豪快にシャツを脱ぎ、自慢げにその豊満なおっぱいを見せるけてきました。

そして、「Show me…」と言って私の元に跪き、ズボンのファスナーを開けるとまるでソーセージを食べるように美味しそうにチンコをしゃぶりだしました。

大きな口でフェラをしながらいつの間にかオナニーしてる彼女に、恥じらいのようなものはなく、寧ろ逆ナンした男とのエッチを楽しんでいるようでした。

そして、次第に我慢できなくなってきたのか、彼女はこれまた堂々とパンツを脱ぎ自ら足を開いてマンコとケツ穴を見せつけてきたのです。

真っ白なお尻と綺麗に毛が剃られたピンク色のマンコを目の前に差し出されたら、誰だって黙っていられません。

私もそうでした。

 

私は、彼女が差し出してきた外人向けのビッグサイズのコンドームをつけ、彼女のマンコに思いっきり挿入しました。

ついに国境と人種を超えて私と 彼女は一つになったのです。

「イヤ~…オウ!イエス!!」と周囲を全く気にせず彼女は喘ぎました。

すると、トイレの個室の外から「ヒュー」という声が聞こえてきて、私達のSEXを密かに聞いている人がいることが分かりました。

彼らの性に対するオープンな姿勢に刺激され、私は日本男児として誇らしげにその女性のおっぱいを揉みお尻をひっぱたきながら腰を振り続けました。

私は、目の前の外人女に対し、「Repeat after me.Ochinchin! Ochinchin!」と連呼して彼女に言わせようとしました。彼女は、「Oh!Yes!…Ochinchin…I love Ochinchin!」と意味を知ってか知らずかリピートしてくれました。

私はその瞬間、大量に射精してしまいました。

-大学生初体験
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

旅行先で彼女に手コキやフェラをされてそのままカーセックス

大学で初めてできた彼女 私の名前は靖と言います。 これは私が大学時代、初めてできた彼女との初体験の話です。 高校卒業と同時に上京した私は、東京の某私立大学に入学しました。 私は、読書が好きなどちらかと …

no image

私が成人済み初えっちで失敗してしまった事とは

私の初えっちが遅れた理由 私は元々恋愛に奥手な方である上に、高校時代は男子高に通っていました。 お陰で周りに女子がいなかったため、奥手な性格に拍車が掛かってしまった部分もあったのです。 そのため彼女が …

no image

処女を捨てたい。好きでもない大学の同級生と初エッチ

男性経験が実は20歳超えるまでゼロだったウブな私 私は男性経験が今でも決して豊富な方ではありませんが、セックスを初めて経験する年齢も遅めだったのだと思います。 20歳の夏に初めて経験したのですが、きっ …

no image

大学のゼミ合宿で姉妹と混浴。その後の3Pが初体験

■ゼミ旅行で… 大学2年生の秋になり、ゼミが始まりました。 メンバーで仲良くなるようにと、ゼミ合宿が開催され、参加することになったのです。 温泉宿で、ゼミ合宿が始まりました。   夜になると …

no image

性感マッサージ師に処女卒業させてもらった大学生の私

初体験は何と22歳、50歳の男性によるもの 私は元々男性経験をする年齢が遅く、初めてセックスを経験したのが22歳、大学4年生の冬でした。 もう就職先も決まっていましたし、卒論もめどがついていた私は、少 …