えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

スワッピング

スワッピング初心者は少人数から始めるのが不安なくおすすめ

投稿日:2018年9月11日 更新日:

スワッピングなんて、自分とは無縁な世界だと思ったりAVの中の話と、言う印象を持っている人は殆どだと思います。

そんな私もスワッピングを体験するまではそのように思っていた1人です。

私は今から約10年前にスワッピングと言うものを体験して、その魅力にはまっていきました。

スワッピングを経験した後はノーマルセックスをしていると物足りなさを感じたり、複数の男女で絡みあいたいと夜な夜な思う様になりました。

そんな私は体験した初期の頃のスワッピング事情についてお話したいと思います。

 

□スワッピングの入り口は私の場合は3Pから。

スワッピングと言うと複数の男女が狂った様に絡みあいセックスをして、女性にとったらまるで犯されているみたいなイメージを持つ人もいるかと思いますが、私の場合はスワッピングの入り口は3Pでした。

友人と友人の知人男性と私との3人でお酒を飲みに行って、そのまま盛り上がり、友人宅へなだれこみ、そこで更に酒盛りをしている時に、少しエッチな気分に3人がなってしまい、3Pをした事が始まりでした。

男性1人、女性2人だったので高圧的な雰囲気もなくて、その時は知人男性を奪いあうようにして3Pが終始行われていました。

お酒の勢いもありましたが、その3人でいると何の気も使わなくて済むので、その日をきっかけに3人が集ると自然な形でセックスが始まり、最終的には3人ですると言うパターンが多かったのです。

 

□俺の知り合いを呼んでもいい?

ある日の晩も3人でお酒を飲むことになりましたが、男性が、「今日は俺の知り合いも呼んでいい?」と言うところからはじまり、その晩は始めて4人でセックスをしたのです。

今思うと、あれがスワッピングを始めて経験した晩だったのです。

知人の男性は少し年齢は上でしたが、とても女性の扱いに慣れている人だと思ったので、楽しくお酒を飲みました。

自然な流れで最期は友人の家で飲みなおしをしようと言う流になり、宅飲みからのスワッピングが始まりました。

 

やはり3人でセックスするのとは違って、男性の竿が2本あると言う事は女子側にしたら、満たさせるので、その日は代わる代わるセックスをしたり、初めて女同士でも絡みありました。

男性陣に女子同士の絡みが見たいと促されたので、お酒の力も借りて、初めて友人と絡みました。

女性同士でキスしたり、愛撫する経験は無かったので、違う意味でも興奮しましたし、最終的には興奮した男たちが最後は私たちの中に入ってくるという感じになりました。

 

□通常メンバーは4人+2人がベスト。

最初から大人数でのスワッピングに誘われていたなら、若干引いていたと思いますが、始まりが親しい3人で始まったセックスだったので、スワッピングをしていると言う意識は当時は少なかったかと思います。

そこにまた男性が1人加わり、4人でセックスをしていた期間が長かったので、その後に男性1人、女性1人が加わってスワッピングをしても、私の中ではあまり抵抗はありませんでした。

一番大人数の時は7人とか8人とかありましたが、そこまで大人数だと乱交のイメージが強くなり、勝手な行動や自分よがりのセックスに走る人も出てくるので、私の中で一番気持ちが良いと思えるスワッピングの人数は4人~6人でした。

また男女の比率があまりにも違いすぎると、女性の場合は最初は絶頂気分を楽しめますが、最後の方は性器がすれて痛くなる場合もあるので、やっぱり男女の人数は同じくらいに合わせた方が良いと思いました。

 

□初参加の女性は特別扱いのお姫様。

私がスワッピングをするようになって感じた事は、初めて参加する女性は男性からお姫様をしてもらえます。

1人を集中的に男性が2人3人で愛してあげるので、新参者の女性を男性が取り合いをします。

そんな場面を見ているとつい羨ましくなるので、私も他のグループでスワッピングをしたいと思うものです。

 

たまに通常メンバー以外のグループに混ざり、スワッピングを楽しむこともありましたが、やはり初回は女性の場合は最高な気分にさせてもらえます。

上からも下からも横からも男性が愛してくれるからです。

個人的には男性には羽交い絞めにされて、首を愛撫されながら乳首をつままれて、他の男性から挿入をされていて、また他の男性からや手や足を愛撫されている時が最高に私は好きです。

勿論すぐにいってしまうのですが、またすぐに違う男性が私の中に入ってくるので、息を付く間もありません。

 

しかし、こんなセックスは日常ではなかなかありえませんし、パートナーとのセックスとは一味も二味も違うのです。

スワッピングに興味があるけれど、少し怖いという女性は3Pから始めると、すっとスワッピングの世界に入り込めることが多いと思うので、是非スワッピングへの扉をオープンさせてみて欲しいです。

気心が知れているスワッピング仲間を見つけられれば、自分自身の性癖が大きく変われますよ。

-スワッピング
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

無理矢理なスワッピングで彼氏の前で犯され何度もイキました

・彼とお家デート中 あれは私が大学生の頃のこと。 当時付き合っていた彼氏の部屋でのんびり過ごしていた時のことです。 彼のスマホが突然鳴り出して、その画面を見た彼の顔がみるみる険しくなりました。 「うわ …

no image

中毒性のあるスワッピングの世界に足を踏み入れてると・・

これまでスワッピングは幾度となく体験してきました。 はっきり言って男女共にスワッピングのへの興味は誰しもがあると思います。 チャンスがあれば経験をしたいと思う人も少なくないと思います。 そんな私もそん …

no image

彼氏の性癖を満たすためネットスワッピングの相手を探す

スワッピングを決意するまで 二十代の頃に付き合った彼氏が、自分の彼女が他の男に抱かれていることに興奮するというような変わった性癖を持っていて、関係が深まっていくにつれて、スワッピングの願望を高めていき …

no image

友人の一生のお願いはスワッピングへの招待そして参加。

私には大学時代からの友人で気心が知れた友がいます。 友人とは独身時代から旅行へ行ったり、互いの家に泊ったりする間柄です。 結婚後はお互いのファミリーを連れてバーベーキュウをしたり、年に1度は1泊の旅行 …

no image

一度スワッピングを体験したら抜け出せなくなる快感の世界。

スワッピングっていったいどんな人がどんな風にしているんだろう? 私の中ではスワッピングは以前、元彼と見たアダルト作品の中の物語。 そうそう、私の様な一般人にはそんなチャンスが訪れるわけも無いと思ってい …