えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

気持ちいいオナニーのやり方

人妻の私は生理前より生理後のほうがオナニーをしたくなる

投稿日:2018年8月3日 更新日:

私自身は40代の専業主婦です。

結婚歴は約20年になりますは、夫婦仲は割りと良いので、勿論夫の夜の営みも充分にあります。

しかし、夜の営みと自慰行為は全くの別物です。

どちからが気持良いかは愚問的なもので、相手はいる行為と1人でする自慰行為とでは気持ち良さが全く違います。

今回は普段私がどんな風に自慰行為をして自分自身を満足させているかをレポしたいと思います。

 

☆想像豊な自慰行為は。

私が自慰行為をするようなったのは中学生のころでした。

しかし中学生の頃は玩具系を使うこともなかったので、自転車のサドルや自分の指などを使って、今思うと、自慰行為らしき?ことをして快楽を得ていました。

本格的に自慰行為を覚えたのは、10代の終わりに年上の男性とお付き合いをしていて、その方に仕込まれて、自慰行為という楽しさや気持ちよさを知りました。

 

それからはずっと定期的に自慰行為を楽しんでいます。

基本的に、自慰行為と言うのは中学生の頃も現在も想像がどれだけ豊に出来たかで気持ち良さが決まるのです。

想像が深くできればできたほど、満足な自慰行為になると感じています。

 

例えば現在は、好きな有名人や友人の旦那さんや彼氏とエッチな事をしているところを想像するのが一番燃えます。

実際には手が届かない男性としている自分をありありと描くのです。

最初は想像から入って、最終的には道具(ミニローター)を使うので、最後は道具の力まかせになりますが、最後の最後まで創造を豊にします。

なるべくリアルに想像したいので、相手の声を本当に耳に感じる様に目を瞑る事が多いです。

 

☆自慰行為をするタイミング。

私が自慰行為をしたいと思うタイミングは大きく分けて二つです。

まず一つ目は生理が終わったタイミングです。

私の場合は生理前よりも生理後の方が断然性欲が増すのです。

本当に我慢できないほどの性欲が増すことが多いので、生理の後は必ず2日続けて自慰行為をしている気がします。

 

そしてもう一つは暇を持て余している時です。

何となく時間あり、自宅に1人でいるとムラムラというのか、自慰行為でもしておこうかな?と言う感じになります。

生理後の性欲が増している時は想像力もどんどん働きます。

次から次へとエッチな展開を想像できるのですが、暇を持て余している時はなかなか想像が豊にはなれないので、そんな時はツーショットダイヤルを利用してり、動画で少しエッチな物をみたり、大人のアダルト漫画をモデルとしてます。

そんな時は動画や漫画通りに自分がされている様に感じながらします。

生理後のテンションの高さに比べると少しは落ち着いていますが、それなりにフィニュシュはできるのです。

 

☆ミニローターからデンマ

一時期、ミニローターの威力が落ちたというのか?それでは物足りなくなりました。

その時に始めてデンマに手を出しました。

ネットの口コミで良い物を購入しましたが、確かに威力は凄かったですが、ローションがないと痛むことがあることと、正直隠し場所に困ってしまい、2回の使用で処分をしました。

そして最新式のミニローターを購入しました。

やはり私の自慰行為のお供はデンマよりもミニローターが合っている様に感じています。

サイズ的な問題もありますが、最近のローターは一見、ローターとは分からない工夫はされているので、人妻としてはありがたいです。

ミニローターは衛生的にゴムやラップを巻いて使用していますが、コンパクトなので持ち歩けるので家族にばれる事もなく安心して使えることも、極上の自慰行為が出きることに繋がっている様に感じています。

 

☆人に見られる自慰行為も体験。

現在の夫の前では自慰行為をした事はありませんが、実は元彼の前では自慰行為をする事は意外と普通のことでした。

元彼も自慰行為が好きな人で、私に自慰行為の良さを教え込んだ人ですが、お互いが少し距離を取った場所で、それぞれ勝手に自慰行為をするので、それを見ながらお互いが自慰行為をエスカレートするのです。

その刺激は凄いものでした。

なかなかこれは経験をしないと良さが分からないと思いますが、男性の自慰行為を見るチャンスはなかなかないものでし、自分の自慰行為を誰かに見せるチャンスもありません。

その二つを同時に叶えてくれるので、最高に気持ちが良い自慰行為に繋がるのです。

最後はお互いが近づいて、キスをしたりしながらフィニュシュできると、より最高の自慰行為が出来ていた感じがします。

また1人で自慰行為をする時はその時の光景を思い出すのです、リアルに彼の息遣いなどを感じる事ができるので、すぐに頂点に達していたように感じます。

 

現在は自慰行為を見せ合う関係性の人がいないので、寂しいですが、その分、想像を豊にして、より良い自慰行為を目指していると言う感じます。

今後はできたら、リアルに男性のを見ながら自分の自慰行為ができるパートナーが出来たら最高ですが、夫にはその事は要求できそうにありません。

人妻はとても欲張りなのです。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自慰行為の快感の追求は男の永遠のテーマとなる

「自慰行為へのこだわりは」 男性に生まれたからには誰もが自慰行為の虜となります。 例え彼女がいたとしても結婚していたとしても女遊びが激しいとしても、自慰行為は日々の欠かせないルーティーンだったりします …

no image

【乳首責め】お気に入りのシャツで着衣オナニー【アナル】

小学生のころに初めてオナニーを覚えて以来、この36年もの間、最も気持ちいいオナニーを追求するために、僕はずっと、こだわりのスタイルを守り通してきました。 そのスタイルで、さらなる興奮と快感を求めて、僕 …

no image

男の娘になりたい男性のための気持ちいいオナニー

[はじめに] 男性のみなさん、気持ちいいオナニーライフを過ごしていますか? 歳をとったせいか、疲れがとれないせいか、最近なんだかムスコが元気がない。 AVを見てもなんだか物足りない。 新しいおかずを探 …

no image

クリトリスでイク!私の気持ちいい自慰行為のやり方

私は小学5年生くらいから自慰行為をしています。 最初はおっぱいを触るだけだったのですが、そうするとおまんこが濡れてくるのを知っていました。 そして、中学2年生の時におまんこがウズウズするので指で上下に …

no image

誰にもバレずにオナニーできる場所はやっぱり風呂の中

気持ちのいい自慰行為とは? 自慰行為のために必要なものは一人で落ち着ける環境でしょう。 もちろんなかには人に見られながら自慰をすることで、興奮するという人もいるでしょうが、それはあまりにもハイレベルで …