出会い系

友達は出会い系で彼氏をゲット!アラサーの私が使った結果は?

投稿日:2018年7月2日 更新日:

アラサーにさしかかり出会いが激減

私は都内でOLとして働きながら、遊びに恋に邁進してきました。

しかし、俗に言う「アラサー」にさしかかった頃から、めっきり男性との出会いが減りました。

それまでは毎夜のごとく合コンにいそしんでいました。

でも、合コンに呼ばれづらい年齢になったのでしょう。

また、友人・知人たちが続々と結婚し始めていました。

なので、そもそも開催される合コンの数も確実に減っていました。

そんな折に、大学時代の友人に“あるツール”を教えてもらいました。

友人も同じアラサーだけど、なんだか私とは様子が違う

友人のMちゃんとは大学1年の頃からの付き合い。

一緒に授業を受けたりレポートを書いたりしつつ、お互いの恋バナもたくさん聞いてきた仲です。

大学卒業後5年以上経っても、年に数回は会っています。

 

昨年末、仕事終わりに、ひさびさにMちゃんと飲みに行きました。

元々きれいな子ですが、少し見ない間に、なんとなく色っぽくなったような。

そういう年頃なのかなと思うだけにとどまり、特に詮索することもなく、飲み始めました。

仕事の話や職場の上司の愚痴を話した後、やはり恋バナに。

私はそのとき、彼氏がいなかったので「私は話せるネタ、全然無いや」と自虐気味に切り出しました。

そんな私を見て、『待ってました!』と言わんばかりに、Mちゃんは自分の恋の近況を語り始めました。

友人とその彼氏、出会ったきっかけはというと…

「実は、最近彼氏ができました!」とMちゃん。

私は心の底から「おめでとう!」と言いました。

お互い仕事も恋も苦労してきたのを知っているので、喜びもひとしおです。そこからはMちゃんへの質問攻めが始まりました。

・相手はどんな仕事をしているの?
・ぶっちゃけ、お金持ち?
・顔はイケメン?
・性格は?

などなど。

聞いてみると、仕事は公務員。

高学歴で優しそう。

私もそんな男性と出会いたいなと思い、「どこでどうやって出会ったの?」と聞いてみました。

内心、私とMちゃんは同い年だから、きっと合コンに呼ばれる数は私と同じく減っているはずなのに、Mちゃんだけズルい、と思いました。

Mちゃんは「実は…出会い系アプリって知ってる? 私たち、そこで出会ったの」と教えてくれました。

私もなんとなくその存在は知っていましたが、“ちょっと怖そう”と思って登録していませんでした。

でも、仲良しの友人が登録していたことを知り、急にハードルが下がりました。

 

Mちゃんが出会い系アプリを使うようになったのはなぜか

また、Mちゃんに「どうして出会い系アプリに登録しようと思ったの?」と聞いてみました。

すると、「うーん、しばらく彼氏もいなくて。でも、女の子も性欲はあるでしょ? そういうの解消したくて登録した、っていのがホントのところ。でも、今は彼氏一筋だから!」とMちゃん。

たしかにMちゃんの言う通り、私もたまに性欲が爆発しそうなときがありました。

でも解消する術も分からず、食い気に走っていました。

そのせいもあって、情けないことに、だんだん太ってきていました。

そんな私を察してか、「出会い系アプリ、おススメだよ。出会い系アプリ始めて、私ストレス解消でどか食いするクセ、治ったよ(笑)」とMちゃん。

その場で私も、ある出会い系アプリに登録しました。

 

突如現れた白馬の王子さま

登録した翌日、何人かの男性から早速《いいね!》が来ました。

“登録したてなのに、こんなに来るもんなんだ”と思っていると、ある一人の男性から《いいね!》が。

顔写真がちょっとイケメンだったので、気になってプロフィールを読み進めていくと、

・研究職
・出身大学:東大
・身長:178センチ

“え、こんな高スペックな人がこんなアプリやってるの!?”と半信半疑になりながらも、私は《いいね!ありがとう》を返しました。

すると、すぐメッセージが。

「はじめまして。とても可愛いなと思い、いいね!しました。メッセージを重ねて、もし気が合えば会いたいなと思っています。よろしくお願いします。」とのこと。

出会い系アプリって、もっと下世話な感じかと思っていたので、拍子抜けしました。

でも、やはり真面目な男性は好印象。

しばらくメッセージを続けました。

際どい話題も出てくるようにかり、会ってみよう、ということになりました。

 

白馬の王子さま、実は…

出会い系アプリの人と初めて会うということで、私はかなり緊張していました。

“全然顔の違う、超ブサイクが来たらどうしよう”なんていう心配もしていました。

もし何かあったらすぐ逃げられるように、駅の出口付近で待ち合わせすることにしました。

でも、そんな心配は杞憂に終わりました。

 

約束の時間の数分前に現れたのは、アプリの顔写真通りのイケメン。

私はその時、心底Mちゃんに感謝しました。

最初のデートなので、まずは喫茶店へ。

“こんなイケメンなら抱かれても良いかな…いかんいかん、焦りは禁物!”と思っていると「あのさ、被験者って興味無い?」と彼から突然言われました。

彼は理系の研究者で、新薬などの効果を確かめるために被験者が必要なのだとか。

イケメンな彼に嫌われたくないから「うーん、よく分からないけど、協力できることがあればするよ」と答えました。

すると、彼はカバンから書類を出し、「この契約書持って帰って良いから、読んで、契約書書いて、返信用封筒に入れて送っておいて!じゃ、僕いまから仕事だか! またね!」と爽やかに去って行きました。

喫茶店にポツンと取り残された私は状況が把握できず。

エッチすることも無く、手さえ握らずに、その場を去られてしまった。

“そんなに私に魅力が無かったのか”と思うと、自然と涙がポロポロ出て来てしまいました。

-出会い系
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出会い系サイトで本当の恋愛。連絡が途絶えた彼は今…

【彼と出会ったきっかけ】 私が23歳の時、同い年の友人が次々に結婚し、私の周りではいわゆる結婚ブームに入っていました。 当時、彼氏と別れてすぐだった私は、正直将来が不安になり、私は結婚できるのだろうか …

no image

イケメンじゃなくたって出会い系で芸能人似の彼女を作れた体験談

・出会い系サイトに対する先入観 今まで、出会い系サイトに対して妙な先入観を持っていました。 なんというか、なかなか出会えなくて、お金ばかりが掛かるイメージがあったんですよね。 とはいえ、異性とのコミュ …

no image

出会い系で会った外資系のエリート女性はとても淫乱でした

■エリート外資系の女性と出会い… 30代になり、結婚生活も7年を過ぎるとセックスレスになりました。 会社の同僚が、出会い系サイトに登録したところ、Hすることに成功したという情報を聞き、やり方を教わり登 …

no image

デジカフェで体目的が多いなか、素敵な人に出会いました

1、友人に誘われて出会い系サイトに登録。 私が出会い系サイトに登録したのは24歳の時でした。 きっかけは、会社の同僚です。 お昼休みに同僚が何やら楽しそうにスマホを触っているのを見て、何をしているのか …

no image

出会い系サイトで知り合った未亡人とのセックス

・性を求めること 男性だけでなく、女性でも性の開放や快楽を求めることは、決して恥ずかしいことではありません。 人である以上、精神的にも肉体的にも、そんな欲求が高まってくることがあります。 私もそのよう …