えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

出会い系

浮気願望のある人妻はお風呂場でもエッチを求めてきた

投稿日:

私は38歳の男性ですが、出会い系サイトで知り合った人妻とエッチな体験を出来ました。

 

・人妻の愚痴を聞いてあげた

私は独身ということもあり、暇な時間は出会い系サイトを利用してました。

使い方は、女性が掲示板に書き込んだのを閲覧し、気に入ったのがあれば連絡を入れる感じです。

基本的にこういうのって数撃てば当たる的なものなので、余程のハズレじゃない限りは連絡を入れていきます。

 

そして返事をくれたのが、28歳の女性です。

簡単な自己紹介をしつつ、相手の事を尋ねます。

お名前はカナさん、人妻です。

仕事は朝~昼まで医療事務をしており、午後からはフリー。

子供はいないけど、この勤務なら子育てしながら働く事も可能だし~と事でした。

しかし肝心のお子さんがいません。

というか旦那さんとの関係は月に一回もないそうなんです。

交際時はそれなりの回数してたようなんですけど、結婚してからはカナさんから誘ってやっとあるかどうか。

週末になると旦那さんは自分の趣味優先で出掛けていくしで、放置気味との事。

しかも交際時は避妊具をつけていたので旦那は長持ちしていたそうなんですが、今は子作りの為に避妊具は無し。

旦那には生の刺激が強すぎるのか、挿入後3分も持たないそうなんです。

回数は少ない、カナさんから誘ってやっとエッチ、エッチしたと思っても数分で終わる、こんな感じで旦那への愚痴をタラタラ話してくれました。

まあここまで聞き出すには苦労しましたけどね。

不満を持ってる、しかも会う時間もある。

まあこんな状態のカナさんですから、こちらから食事でもどうかな?と誘うと二つ返事でOKをもらいました。

 

・想像以上の美人でビックリ

待ち合わせをしたのは土曜日の昼間です。

旦那は趣味の釣りに出掛けたとの事で、夜まで帰ってこないそうです。

カナさんとはコンビニ駐車場で待ち合わせをし、無事合流。

この時にカナさんと初めて会ったわけですが、外見を見てビックリしました。

旦那が手を出さないってことは、あまり良い外見ではないんだろうな~なんて思ってたんですよね。

でもカナさん、芸能人の木村文乃さんのような清楚系美人なんです。

サラサラロングのキレイな黒髪で、身長160cm+@、体重50kgないぐらいのスタイルも良好。

上着は肩までのベージュのブラウス、下は黒のやや長めのスカート。

大人の女性って感じですごく似合ってます。

正直、こんな美人妻を旦那さんはよく放置しておくな~と思いましたね。

 

・食事・ドライブ・ラブホテルの定番コース

まずはカナさんと一緒に食事へと出掛けます。

行ったお店はハンバーグが美味しいレストランです。

幸い味は気に入ってくれたようで、こんな美味しいお店があるんだ~と喜んでくれました。

 

食後はドライブをしたんですが、先ほどと違い車内は二人きりの密室です。

食事で気を許したのと密室でなんでも話せるという状況からか、エッチ系の話をしてきました。

まあエッチ系といっても、旦那への愚痴なんですけどね。

これはいける!と思い、カナさんみたいな素敵な女性と放置するなんてありえないよね~とカナさんを持ち上げます。

久々に女性扱いされたからか、思った以上の手応えあり。

カナさんの手を握り、私ではダメかな?と誘うと、カナさんはちょっと驚いたもののNOとはいいません。

これはYESの意思表示だと判断し、近くのラブホテルへと入りました。

 

・服の上から触るだけなのに感じまくる人妻

とはいえ、一応ラブホテル駐車場で確認はとります。

ここまで来たけど、カナさんがイヤならやめるよ・・と。

ここまで来ちゃったし・・というので、じゃあ行こうかと車を出て入りました。

 

部屋は一番高い部屋。

何気に高い部屋って広いだけでなくバスルームも広くて充実してるんですよね。

それに安い部屋だとケチってるな~と悪印象を与える可能性もありますから、普段から一番高い部屋を選ぶようにはしてます。

無事入室を果たし、ルームサービスでドリンクを頼みます。

その間にお風呂の準備とかも私がしておきます。

 

ドリンクも来てリラックス出来た頃、カナさんを抱き寄せました。

特に抵抗はありませんし、軽くキス。

ふんわりやわらかい唇がなんとも気持ちいい。

数分間、フレンチ程度の軽いキスから舌を絡めるディープキスをしたりとずっとキスをしてました。

 

キスをしつつ、カナさんの胸元へと手を回します。

ブラウスの上から胸を触ると、アン・・・と感じてるような声を出すカナさん。

そこでブラジャーのホックを外し、ブラジャーを上にずらして服の上から胸を触りました。

ブラウスの生地は薄いので、服の上から乳首の存在はわかります。

そこで乳首に掌を押し当て、コロコロと転がすようになでてあげました。

かなり良かったようで、あ、ヤバイ・・すごくエッチな触り方・・・と言いつつ、カナさんは顔を赤らめてます。

これはかなり効果アリだな・・と思い、スカートの下から手を入れてみました。

 

・すでに準備Ok状態だった

軽く足を開かせ、パンティーの上からアソコを触ります。

なんとも柔らかい感触。

パンティーのクロッチ繋ぎ目部分を指の腹でグリグリっとしてあげました。

女性によって個人差はありますが、大体クロッチ繋ぎ目部分より少し下にクリトリスがありますからね。

 

上下に撫でたり、軽く押したり、時折強めに押してグリグリっとすると、カナさんの足がさらに大きく開きました。

これは直接触って欲しいんだな?と判断し、パンティーの横から指を膣口へと滑らせました。

ハイ、ものすごくぬれています。

しかもトロトロの粘度の高い本気の愛液です。

感じてくれてる証拠だと思うとこちらも興奮し、愛撫にも熱が入ります。

 

頃合いを見てベッドへと移動し、カナさんを仰向けに寝かせます。

スカートは上へと捲り上げ、パンティーは片足だけ履かせた状態で手マン。

着衣状態で感じるカナさんに我慢出来なくなり、まずは一回戦開始。

ほぼセックスをしてないだけあり、人妻なのに中はキツキツです。

ねっとりした愛液が絡みつき、ものすごい快感でした。

 

正常位で突いてるとすぐイキそうになり、堪らず騎乗位へと変更。

ピストンではなくグラインドへと変えることで多少長持ちしましたが、結局挿入から15分程度で発射。

私としては不完全燃焼なんですが、カナさん的には旦那より長くて喜んでくれました。

 

その後お風呂場へと移動すると、先ほどのエッチで火のついたカナさんからお口でのご奉仕が。

あまり上手ではなかったんですけど、一生懸命フェラしてくれるその姿に興奮しました。

射精したばかりだというのに、愚息はすぐに回復しビンビンに。

大きくなったね?まだ出来る?とカナさんからオネダリがあったので、お風呂場でニ回戦もしました。

さすがに二回目は長持ちして30分以上頑張れましたし、カナさんをイカせることに成功。

エッチでイッたなんて独身時代以来だわ~と喜んでもらえ、その後もしばらくはセフレとして関係を持ちました。

 

おすすめサイト

出会い系を試してみたいと思った方にはこちらのサイトをお勧めします!


「運営18周年」「会員数1400万人」なので多くの人が利用しています。
そしてあの大手「ミクシィグループが運営」しているのでとても安心して出会いを求められます。
無料ポイントももらえるので試しに始めてみてはいかがでしょうか?

-出会い系
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出会い系サイトの体験談を見て自分でも挑戦してみた結果

世間ではここ最近、ワイドショーで不倫ネタが頻繁に流れていますよね。 男なら「あわよくば」という下心を持ってないですか。 でも普通に仕事をしてると、現実は家と職場の往復の毎日。 出会いなんてまったく期待 …

no image

出会い系はチャレンジすれば意外と出会える。2つの体験談

「恐れず学ぶ」 出会い系サイト、いろんなトラブルも報告されていますがコツさえつかめば意外とうまくいくものです。 危険だと思ったり不審だと感じた場合には速やかに撤退することも勇気といった感じです。 まあ …

no image

出会い系のイメージ写真とは違う人。それでも好きで告白

最近では、恋活アプリがとても盛んで、登録している人もたくさんいますよね。 そこで、私が彼と直接会った時の事をご紹介したいと思います。   ・始まりは一目惚れ 私が恋活アプリを使い始めたのは、 …

no image

出会い系は実際に手ごろなエッチ相手が見つかる。体験談

・出会い系アプリを利用した理由 職場や周りでなかなか出会いが無いと感じていたので、何か手軽に出会える機会があればなと思っていました。 そこで、久しぶりに出会い系を利用してみようとしました。 出会い系は …

no image

友達は出会い系で彼氏をゲット!アラサーの私が使った結果は?

アラサーにさしかかり出会いが激減 私は都内でOLとして働きながら、遊びに恋に邁進してきました。 しかし、俗に言う「アラサー」にさしかかった頃から、めっきり男性との出会いが減りました。 それまでは毎夜の …