えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

女の子のオナニーは意外と男の子よりも大胆だったりするのだ

投稿日:2018年6月1日 更新日:

女性にとって、自慰行為というものは身近なことなのですが、なかなか身近で日常的に行われていると言う事は口にしないものなのです。

それは、恥ずかしいと言う思いが一番強いから口にしないんだと思うのですは、世の中的に何故か?男性の自慰行為はあたりまえのものと言う認識があるのに、女性の自慰行為は特別なものや、恥ずかしいものと言う認識のような気がしています。

 

そんな私も男性経験をした後に、自慰行為をする様になりました。

現在は結婚して人妻になっているのですが、自慰行為は相変わらずしています。

今回は女性があまり口にする事はない、女性の自慰行為についてまとめさせていただきたいと思います。

 

1.私の自慰行為のきっかけは。

私が初めて自慰行為をしたのは、25歳の時でした。

この年齢が自慰行為をする年齢にしたら、早いのか?遅いのか?分かりません。

私は自慰行為をするきっけは、ふと一人で過ごしている午後にとてもエッチな気持ちになったのです。

私の場合、生理が終わるととても気持ちが高揚して、エッチな気持ちになる事が以前よりありました。

しかし、以前は彼氏はいないという経験がありませんでしたので、そんな時は迷わず彼を求めていました。

 

しかし、25歳の時は彼氏が居なかったので、性欲に関してはすべて自分で解消するしかなかったのです。

その時はパソコンでエッチな動画を探すして、それを見ながら、自分がエッチなことをされている様な想像をしながら、自分の性器を触りました。

どんどん気分は高まり、その時は性器を触り、エッチな動画を見ているだけて、イッタような感覚になって、その時がファースト自慰行為だったのです。

自分でする自慰行為ってこんなに気分が良くなるんだ・・と思ったのがその時の印象でしたが、その後が彼氏が出来て、結婚をしたので、暫くは自慰行為をする事はありませんでした。

 

2.結婚後は夫婦生活がマンネリ化、その頃から本格的な自慰行為が始まる。

結婚に関しては大恋愛の末と言う感じでは無かったので、結婚生活が落ち着くのは早かったので、夫婦の夜の生活も早い段階で落ち着いていました。

それと同時に物足りなさを感じてしまい、その頃から自慰行為に目覚めたのです。

私が自慰行為をする時は夫があえている時を選びました。

いけない事をこっそりしていると言う事がより興奮させると思ったので、夫がリビングで寛いでいる時や、テレビを見ている時などを狙って、一人でお風呂の中でこっそりと自慰行為をしました。

お風呂場の中では自分のおっぱいを指で刺激したり、シャワーヘッドを性器に押し付けて刺激を与えたりしました。

お風呂の中では最後までイケル事は少なかったのですが、夫に知られたら軽蔑されるかも?というドキドキ感を味わうことに快感を感じました。

 

3.どんどんエスカレートする自慰行為。

最初はお風呂場でこっそりとしていた自慰行為はそのうち満足出来なくなりました。

それからはインターネットで大人の玩具を購入してみる事にしたのです。

口コミを読んでいると、大人の女性が一人で遊んで満足ができるものランキングで上位に上るものを2つ買いました。

 

まず一つ目は高揚して性欲が高まるフェロモン系のローションでした。

それを使うと潤滑油的なこともしてくれて、デンマ系のものを挿入しやすくできると言うものでしたので、購入しましたが、ローションは自慰行為で使うよりも、男性との営みの中で使いたいと思いました。

それと同時に購入したものは、ローターでした。

色味も形も可愛くて、一見普通のマッサージ機に見えるのです。

うちは夫が特に私の持ち物を見たりしませんが、普通にベッドの上にあっても怪しまれない可愛らしいミニローターなので、気に入っています。

ローターを使う時は、本気で自慰行為をしたい時なので、夫が留守の日を狙います。

 

エッチな気分も高めたいので、通販で購入した、アダルト系のDVDを見ながらします。

下着も勝負下着をつけますが、私は調教系のものが好きなので、女性が調教されているDVDを見ながら、自分も調教されているイメージをしながら、ローターを挿入します。

挿入する時はバッグスタイルになります。

少し腕が痛くなりますが、最高の自慰行為を楽しむことができるのです。

ひたすら無理矢理厳しい調教を受けている場面を想像するので、腕が多少痛いくらいが丁度いいのです。

今のところ、この自慰行為のやり方が私の中で最高です。

今後はどんどんエスカレートしてしまうような気もしますが、大人の密かな楽しみとして自慰行為を続けたいと思っています。

 

一番最初に自慰行為をした25歳のときから比べると、とってもハードで本格的な自慰行為が出きるようになりましたが、多分これは私だけはなくて、女性ならば皆さん独自の自慰行為のやり方があると思います。

きっと口には出さないとは思いますけれど、多分男性よりもエッチで大胆な自慰行為を女性はしているものです。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生の初オナニーで使ったアイテムはお姉ちゃんのパンティ

「性に目覚め始める」 小学校高学年のころから夜寝るときに学校の先生や同級生などを想像し少しいやらしいやり取りを思い浮かべるようになっていました。 例えば先生の着替えを覗いていたり、誰もいない教室で追い …

no image

オナニーは、思春期に覚える気持ち良いエッチの予行演習だ

男女問わず、異性に興味を持ちだす年齢は、1番多いのが10歳から12歳になります。 いわゆる小学生高学年で、心の奥がキュンとなり好きと言う感情が生まれてきます。 そして、中学生になると、好きな感情から性 …

no image

幼児からJS時代、中学生時代までの処女の私の自慰ネタ

オナニーのネタはわりと皆似たようなもの 私って小さい頃から変わった妄想癖がありました。 いや、でもこういうのってわりと皆あるのではないかと思います。 自分では自分だけと思っていても実はたくさんの人が同 …

no image

中学生の男女で集まりアダルトビデオの鑑賞会をした

平凡な小学時代 小学生の頃、私は勉強しかしていないような子供でした。 外に遊びにも行きましたが、たいていカードゲームや簡単な鬼ごっこなど至って普通の生活でそれがとにかく楽しかった。 それに加え剣道に英 …

no image

初めては中学生。射精の瞬間は人生で一番気持ちいい

・どうすればいいのかがわからない 私が人生で初めて自慰行為をしたのは中学1年生の時でした。 それまでは、性的な興奮を覚えても、どう対処していいのかわからずにただ悶々としていただけです。 オチンチンが大 …