えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中学生初体験

中学生の僕にフェラをしてきた友人の20代母親。そのまま脱童貞

投稿日:2018年5月26日 更新日:

■友人の家に行くと…

友人の家にいつもと同じように遊びに行きました。

しかし、どういうわけか友人はその日不在でした。

そのため、友人の母親から「お茶でも飲んでいって」と言われたので、友人の帰りを待つことにしました。

友人の母親は再婚相手で、20代後半でした。

僕たちよりも10歳くらいしか年が離れていないという珍しい一家でした。

そのため、中学生とも話が合いやすく、母親と言うよりも少し年上のお姉さんとでもいった方がいい感じでした。

学生時代はミスコンでグランプリなどの受賞歴も多数あり、性格も穏やかで誰からも好かれている女性でした。

 

友人の帰りを待つ間、学校での出来事や最近の流行について、普通にしゃべっていました。

男性と話しているような感覚でとても話しやすい女性でした。

すると、友人の母親は、スマホを見ながら

「〇〇君もこういった動画とかは見るのかしら?」と聞いてきました。

驚いたことにエロ動画でした。

「いえっ、まぁ・・・」

「私、中学、高校と女子校だったので、同世代の男性がどういうものかよくわからなくて…」

「そうなんですか・・・」

「息子のスマホ見たら、こういう動画たくさん出てきて…」

「ほっといたほうがいいですよ・・・」

「そうなのかしら、犯罪などが怖くてねぇ・・・」

表向きからは想像できないくらい悩んでいるようでした。

 

■さらに時間が過ぎ…

そういった話を続けているうちに、友人が帰宅するのかと思いきや、なかなか帰ってきませんでした。

帰ってくる気配がないので、僕が家に帰ろうと思いました。

「そろそろ、帰宅しようと思います。」と言うと

「ちょっと待って…」と引き止められました。

 

何があるのか、わかりませんでしたが、ソファーのほうに突き飛ばされました。

「〇〇君、暇なんでしょ?ちょっと私の相手してくれる?」

そういうと、彼女は僕のジーンズからモノを取り出し、おっぱいに挟みパイ吊りを始めました。

「こういうことしたかったんでしょ、2人だけの秘密を作りましょ・・・」

あまりの展開に驚きました。

AVで見たことがあるだけで、現実にそういったことがあるとは思いませんでした。

おっぱいは柔らかくて、気持ちのいいものでした。

すぐに絶頂がやってきて、彼女の顔めがけて発射してしまいました。

その後もモノを口にくわえフェラをし続けました。

 

■ついに本番行為になり…

彼女は正常位の体勢になり、挿入し始めました。

彼女のあそこは思っていたよりも暖かかったです。

「じゃあ、突いて来てぇ」といわれたので、突き始めました。

最初からペース配分など考えずに、飛ばしまくりました。

「あぁぁぁぁ、若くて勢いがあっていいわぁ~」

友人の母親がこんなにエロいとは思いませんでした。

これからのことを考えると、友人との関係はどうすればいいのか、ハッと思いましたが、もう後戻りはできません。

それ以上に気持ちがよかったので突き続けました。

「気持ちいいわぁ、もっと続けてぇ~」

さらに勢いを増し続けました。くちゃくちゃといやらしい音がし続けました。

「もうダメェ、いっちゃうぅぅぅ」と言うので、外に発射しました。

 

■さらにエスカレートして・・・

友人が帰ってくるとまずいので、そろそろ帰ろうと思いましたが、手放してくれませんでしたので、さらに行為は続きました。

今度は立ちバックでした。

モデル並みのスレンダー美女だったので、見ているだけでもうっとりとしてくるのに、実際Hまでできるとは・・・

バックからの攻め立ては支配しているような感じがしてきたので、正常位の時よりも燃えました。

「すごい、硬くて大きいち〇ぽ、気持ちいい~」

卑猥な言葉まで発するようになってきました。

彼女のあそこからは雫が床に垂れ始めました。

ハメ潮を吹きだし始めたようでした。

「イクっ~」と連発し始め、大量の潮を吹きだしました。

 

それでも行為は続き、今度は座位の姿勢になりました。

僕をソファーに座らせ、見つめ合ったままで、行為は続きました。

「〇〇君、気持ちいい?」

「気持ちいいです」

「よかったわぁ・・・私も久しぶりなので…」

彼女は身体を大きく上下に動かし、密着し続けました。

僕も彼女の腰に手をやりスピードを速めるお手伝いをし続けました。

「おまんこが壊れそうなくらい突いてぇ~」

マンぐり返しの体勢になっても突き続けました。

「もう、痛きも(ちいい)って感じよぉ~」

最後の力を振り絞り、フィニッシュまで攻め立て続けました。

僕も何回か発射していたので、最後のほうは気持ちいいだけでなく、少々痛さも交じってきました。

「あぁ、気持ちよかったわぁ、これで1か月くらいは我慢できそう・・・」

そういうと彼女の母親はご満悦と言った表情になっていました。

 

友人はその時間になっても帰ってきませんでした。

発覚しないか、恐れていましたが、特にどういうこともなかったので、ほっとしました。

だんだん怖くなってきたので、友人の家に行くこともこの時を境になくなりました。

-中学生初体験
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

陰キャの私が女子水泳部員にオナニーを見られ、セックスして生中だし

内気だった中学時代 私は現在32歳の男性で、名前は正信といいます。 私は中学時代体が小さく、勉強も運動もそれほどできる方ではありませんでした。 また、明るい性格でもなかった為、今でいう「陰キャ」という …

no image

中学生で初体験に至った体験談やあるある

最近は早熟傾向にあるとされている男女の関係、恋愛にもとてもオープンで小学生で彼氏・彼女がいたり、初キスまたは初えっちを済ませているということもあるようです。 私の年代では、小学生のころはまだ男子・女子 …

no image

パイパンのえろい袴姿の巫女と中学生の僕がセックスをした

祭り好きな私 私は、現在22歳の大学生です。 名前は茂といいます。 私は昔から神社のお祭りを巡るのが好きでした。 特に、実家の近所には大きな神社があって、私は幼少期から夏の時期に行われるそこの神社のお …

no image

中学生の頃出会い系サイトで知り合った4歳年上の男性との初えっち

私の初えっちは、中学3年生の頃でした。 中学3年生の春休みの時に、私は出会い系サイトで知り合った4歳年上の男性と初えっちをしました。 私は元々えっちに興味があり、自分と同じクラスの女の子はまだ初体験を …

no image

中学生の担任に中出ししてしまったえっちな脱童貞体験談

非行に走っていた中学時代に私が感じていた劣等感 私が中学生の時代、私の中学校では非行に走る生徒が急増していて、各クラスで学級崩壊の危機に瀕していました。 当時私は、臆病で大人しい性格でした。しかし、先 …