出会い系

出会い系で20歳のロリ巨乳の小さな処女女の子とセックス

投稿日:

出会い系サイトの掲示板を眺めていた時に、「20歳独身です。年上の人が大好きです。アラサーぐらいが理想ですが、40歳まではぜんぜんオッケーです」という書き込みを見つけました。

年齢的にちょうどビンゴだった僕は、彼女にメッセージを入れてみました。

そこからのやり取りは順調に進んで、ラインやメルアドの交換も順調に進み、最初に知り合ってから10日もたたないうちに、実際に会うことになりました。

 

■背は低いけれど胸の大きな、漫画家志望の女の子

実際に会った時の第一印象が、とにかく良かったです。

僕の方が10歳以上も年上だというのに、とくに緊張する様子もなく、まったく人見知りをせず、楽しそうにニコニコと話してくるのです。

少しだけ染めている髪は短く、背は150センチから155センチぐらいの小柄で、太っているわけではないのですが肌がパンパンという感じで、胸が大きいのが印象的でした。

今はアルバイトをしながら実家に住んでいて、漫画家になるのが夢で、自分で漫画を描いてはコミックマーケットに参加しているという事でした。

なんでも、好きなアニメがあって、その2次創作をしているとのことでした。

僕は漫画は詳しくないのですが、待ち合わせた喫茶店の紙ナプキンにサラッと書いてくれた絵がとてもうまくて驚きました。

「こんなにうまいんだ、驚いたよ。漫画の事はよく分からないけど、子どもの頃に読んでいた漫画より全然うまい。これなら、漫画家になれるんじゃない?」僕がそう告げると、彼女はまた満面の笑みでニコニコと嬉しそうにするのでした。

それがあどけない感じで、ちょっとやましい気持ちで会いに来た僕は、彼女みたいな子をエッチに誘うのはいけないんじゃないかと思いはじめました。

彼女みたいな子とは、会って映画館や遊園地でデートする関係の方がいいのではないか、とすら考え始めていました。

 

■あどけない彼女の本心

ずいぶんと打ち解けてきたところで、僕はあまり深い考えもなしに、会話をつなぐ程度の感覚で、なんで年上が好きなのか、彼女にきいてみました。

すると、彼女の表情が少し変わったので、きいてはいけない事を訊いてしまったのかと思い、あわてて「言いたくなかったら全然言わなくてもいいんだけど」と、作り笑いをしながら言葉をつなぎました。

すると、すこし言いにくそうに言葉を選びながら、彼女が話しはじめました。

「私は背も低いし、顔もちょっと子供っぽい顔つきをしてるせいかもしれないけれど、今まで付き合った人は何人かいるのに、一度もエッチな関係になった事がないんです。お互いに若いからかも知れないし、私も経験がないからなかなか私の方からも誘えなくて、どうしていいか分からないんです。エッチをすることに不安もあるけど、本当はすごくしてみたいんです。それで、やさしそうな年上の人なら、いろいろ教えてくれるかもしれないと思って。」

正直に話す彼女を見て、まっすぐで純真な女の子なんだなあ、と思いました。

僕は、彼女にすごく魅力を感じる事や、かわいいと思った事などを伝えました。

そして、あまり慣れていない彼女が緊張したらいけないと思い、「ふたりきりになれるところでもうちょっと話そうか」とだけ彼女に伝え、一緒に喫茶店を出ました。

 

■可愛らしい彼女

処女ということで、最初から入れることはあきらめていました。

純粋に、彼女が可愛らしいし、またそんな彼女が自分にコンプレックスを持っているのが可愛そうに思えたので、少しだけ年上の僕なんかでも、彼女に自信をつけさせてあげられるならという気持ちがありました。

最初はすこしだけ唇を合わせ、慣れない彼女にキスの仕方を教えながら、彼女のあそこにゆっくりと指を這わせました。

彼女は明らかに緊張していましたが、彼女の意識をキスに集中させ、痛がらないように、ゆっくりと触っていきました。

彼女はだんだんとキスに夢中になり、僕が絡めにいった舌に、徐々に彼女の方から絡め返すようになっていきました。

 

彼女の手を僕の股間に誘導し、彼女に触らせました。

彼女のアソコは次第に濡れていき、最後にはグショグショになりました。

どうせ今日は入れるところまでは無理だろうから、指や舌でいかせてあげようと思ったのです。

彼女は必死に僕にしがみつき、キスをしながら、可愛くあえいで、腰をガクガクと震わせていました。

そのままいかせようとしたところで、彼女が「お願いです、入れて下さい」と言ってきました。

 

■処女とのセックス

出会い系で逢った女性を除いて、僕はそれまでに付きあった女性が7人いました。

しかし、処女だった女性はいませんでした。

そんなわけで、僕にとっても、はじめての処女とのセックスでした。

昔つきあった女性に、「最初は痛すぎて無理だった。入るようになるまでひと月近くかかった」という話をきいていたので、無理だと思っていたのです。

そんな話を彼女にして、痛かったら無理しないように、徐々にしようと提案しました。

 

やはり彼女は痛がりましたが、ゆっくりゆっくりしているうちに、入りました。

僕にとってはこんなにきついのは初めてで、予想外の快感でした。

彼女も途中から痛さよりも快感が優ったようで、声をおし殺しながら感じていました。

 

別れ際に彼女が「また会ってくれますか」と言ってきたので、「もちろんだよ。付きあいたいと本気で思ってるよ」と言ったら、彼女の顔に、最初に会った時の満面の笑みが戻ってきました。

おすすめサイト

出会い系を試してみたいと思った方にはこちらのサイトをお勧めします!


「運営18周年」「会員数1400万人」なので多くの人が利用しています。
そしてあの大手「ミクシィグループが運営」しているのでとても安心して出会いを求められます。
無料ポイントももらえるので試しに始めてみてはいかがでしょうか?

-出会い系
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ヤンママ風の妊婦と出会い、いざセックス時を迎えると…

30代も過ぎ、妻ともセックスレスの関係になってきたので、妻には内緒で若い娘とHしたくなり、出会い系サイトに登録してみました。 色白で清楚系な20歳前後の女性にメッセージを送ったところ返信がありました。 …

no image

出会い系サイトで恋愛ブランクを乗り越え彼女をゲット!

・長期の恋愛ブランク 社会人になってから、全くと言っていいほど恋愛が出来ていなかった私。 もうかれこれ3年ほど彼女がいなくて、さすがにちょっとヤバいと感じるようになりました。 だけども、これだけ長い間 …

no image

出会い系サイトで既婚女性と会ったその日にダブル不倫

出会い系はたまにやっていたのですが、結婚後はしばらくご無沙汰していました。 しかし、会社の周りの話しを聞くと結構既婚女性が熱いらしい。 そこで再び出会い系サイトへ参入しました。   近場はや …

no image

出会い系サイトで本当の恋愛。連絡が途絶えた彼は今…

【彼と出会ったきっかけ】 私が23歳の時、同い年の友人が次々に結婚し、私の周りではいわゆる結婚ブームに入っていました。 当時、彼氏と別れてすぐだった私は、正直将来が不安になり、私は結婚できるのだろうか …

no image

おひとりさま友だちとマッチングサービスで彼氏づくり

何年か前の話です。 会社員をしていました。 会社に行って働いて、家に帰って寝るだけの生活をずっと続けていると、おとなしいことだけがとりえの私でも、不満が溜まってしまいます。 かといって、ほかに行くとこ …