えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

Dカップのオタク趣味JS6が自慰を覚えた夏休みまでの話

投稿日:2018年5月24日 更新日:

JS、性の目覚め

初めて性的興奮を感じたのは小学校に上がってすぐの頃でした。

母は絵が好きで、家には画集やポスターがたくさんあり、私自身も絵を描くのが好きだったので母のコレクションをよく眺めていました。

その中に裸の男女を描いた作品がいくつかあったのです。

それが一番最初の性コンテンツとの出会いでした。

今見ればなんのことはない絵ですが、当時の私には裸の女性と男性が同時に存在するその絵は衝撃的なものでした。

もちろんエロ目的で描かれたものではないのは幼い私も理解していましたが、理解しているからこそ背徳的に感じてしまったのでしょうか?とにかく強烈に覚えています。

 

それから性コンテンツに強い興味を抱くようになった私は、コンビニに行くと必ずエロ本を立ち読みするようになりました。

成人指定のものは封がしてあって読めないけど、週刊誌やレディースコミックなんかは案外子供でも容易く手の届くところにありました。

母や知り合いの目を盗んで、時には隣町のコンビニまで足を運ぶこともありました。

子供がエロに興味を持つのはいけないことだという罪悪感が無意識のうちに強くあったので、そういった行為は周りにひた隠しにしていました。

 

JS、自慰を覚える

エロを求めて密かに街を徘徊していた頃、自然と自慰をするようになりました。

ぬいぐるみを局部に擦り付ける古典的なもので、それをいつ何に習って始めたのかは全く覚えていませんが、いつのまにか夜寝る前の習慣になっていました。

それが自慰と呼ばれる行為だとはまだ知りませんでしたが、漠然と大人や同級生に知られてはいけないことだと思っていました。

人間にはそういったことを本能的に秘めるなにかが備わっているのかも知れません。

 

JS、発育する

日々の自慰のせいか周りの子より妙に発育が早く、JS5になる頃にはすでに胸がDカップほどあり大人用のブラジャーをつけていました。

身体全体の丸みも完全に大人の女性のそれになっていて、子供服はほとんど着られなくなっていました。

周りの子がティーンズサイズの可愛い服を着ているのが羨ましくて、地味な大人服しか着られない自分の身体が憎らしかったです。

 

また、その頃から異性の目も気になるようになってきました。

胸の大きさやブラジャーのことをからかわれるのが恥ずかしくて恥ずかしくて、自分が女性であることが嫌になるのですが、その一方で学校でからかわれることのストレスも関係して性欲は増すばかり、自慰の回数も増えていきました。

ですがこの頃もまだ自慰の意味は知りませんでした。

 

JS、自慰という言葉を知る

自分のしていた行為に名前があるのを知ったのは、6年生の夏休みのことでした。

それまでも随分エロ漫画など読んできたので知らずにいたのが不思議なくらいですが。

何気なくネットサーフィンをしていたとき、オナるという単語がわからなくて検索をかけたのがきっかけでした。

自分もこれしてるじゃん!と衝撃を受けたのを覚えています。

でも同時に、自分のしていた行為にはずっと前から名前があって、年頃になってそういった行為を始めるのは自然な現象であることを知って胸のつかえが取れたのも印象に残っています。

ずっと性的なことへの興味が強い自分に罪悪感や嫌悪感を感じていたからです。

 

それらが解き放たれてからしばらくはまさしく猿のように欲求のままに自慰をする日が続きました。

ネットで改めてやり方を調べて、ぬいぐるみではなく自分の指を使って慰めるようになっていきました。

自分の性欲の強さを再確認してからの自慰は妙に興奮して、それまでよりよく濡れていたのを覚えています。

オカズもそれまではコンビニの立ち読みを思い出して妄想するくらいでしたが、だんだんリアリティを求め始めてネットで無料の動画や漫画を漁るようになりました。

元々オタク趣味だったので、最初はささやかなエロ同人やフラッシュゲームがメインでした。

しかし、だんだん強い刺激を求めるようになるのか、よりリアルな描写や過激なプレイでないと興奮できなくなっていきました。

最終的にはかなりアブノーマルな漫画ばかり見るようになっていて、さすがに自分の性癖の歪みが心配になったころ3次元のAVに移行しました。

が、結局今でも若干歪んだ性癖を持っています。

初めて自慰を自覚したのが夏休みで時間が有り余っていたこともあり、18禁コーナーまで冒険したりもしました。

さすがに購入には至りませんでしたが。

 

最後に

拙い思い出話でしたが、いかがだったでしょうか?

文章にするとそれこそエロ同人かなにかのようですが、案外私のようなお子さんはたくさんいるんじゃないかな?と思います。

私は規制される側だったのに人より性欲が強かったため常に罪悪感に苛まれていました。

罪悪感は歪みを強めます。

だからって手を出すほど開放的なのもどうかと思いますが、こういった欲求が生まれるのも、自然な精神発達の一環として見守っていける世の中になってほしいなと思っています。

-初めてのオナニー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初めてのオナニーは小学生の時。今ではアダルトグッズで自慰行為

自慰行為と聞くととても硬い言葉のように思いますが、男性と同じように女性もオナニーはするものです。 私が初めて自慰行為をしたのは、小学校の6年生くらいだったと思います。 その当時は、オナニーという言葉は …

no image

中学生の初オナニーで使ったアイテムはお姉ちゃんのパンティ

「性に目覚め始める」 小学校高学年のころから夜寝るときに学校の先生や同級生などを想像し少しいやらしいやり取りを思い浮かべるようになっていました。 例えば先生の着替えを覗いていたり、誰もいない教室で追い …

no image

僕がオナニーを欠かさない理由。~保健体育に先生に抱く不思議な感情~

少し遅い初めてのオナニー 僕が初めてオナニーをしたのは高校2年生の夏でした。 周りに話すと遅いねとビックリされます。 夢精は小学生の時からしていましたが、実際に自分で処理を始めたのはこの時です。 もち …

no image

女友達にオナニーを教えてもらった小学生時代

それは小学校時代のこと、僕はとある山間の村で生活しておりました。 人口も少なく、小学校の全校生徒を合わせても街の学校の一クラス分ほどしかいないくらい。 それでも村には小学校のほか中学校もあるのですが。 …

no image

映画のワンシーンを見ながら初めてのオナニー

・周りから馬鹿にされた中学時代 自分は性に対しての目覚めがかなり遅く、勃起という言葉を知ったのも中学に入ってからのことでした。 そんな自分がオナニーについて知ったのも中学2年の終わり頃、周りの友人がみ …