えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

お酒に酔ったアルバイト先の大学生と、成り行きで初エッチ

投稿日:2018年5月21日 更新日:

・非リア充の僕

いきなりですが、僕の初体験は高校生の時でした。

どうなんですか?今時、高校生で初体験なんて、当たり前なのかな?それとも遅い?今時の若者は中学生くらいで普通に初体験を済ませてるのかな。

だとすると早すぎじゃね?まいいや。

でも当時、僕の周りで高校生で初体験をした奴って、かなり少なかったように思います。

なんというか、そういうことができるのは、イケてる奴らだけだったんですよね。

野球、サッカー、バスケなどなど、イケてるスポーツ部に所属していて、女にもててる奴たち。

最近で言うところのリア充だけが、いい思いをできていたんですよね。

となると、僕もリア充だったのか?と思う方もいるかもしれませんが・・。

はっきし言って、僕はリア充ではありませんでした。

というか、むしろその真逆。

女性にモテるようなタイプの人間ではなかったのです。

じゃあ、どうしてそんな奴が、高校生で初えっちができたかといいますと・・。

 

・きっかけ

きっかけは、バイトにあります。

いやね、当時僕は、定食屋さんでアルバイトをしていまして、そこで知り合った大学生のお姉さんと、そういう関係になったのです。

ちなみにそのお姉さんは、飛び切りの美人ってわけではありません。

でも愛嬌があって、優しくて、気遣いのできるすごく素敵なお姉さんです。

あと、言葉遣いもすごく丁寧で、なんというか、頭が良さそうなイメージがふんだんに伝わってきます。

実際、地元では難関とされる私立大学に通っていましたしね。

 

・バイト先の親睦会

さて、そんなお姉さんと、一体全体、どういった流れで初えっちをすることになったかといいますと・・。

ある日、バイト先でちょっとした親睦会が開かれることになりました。

お店でお酒も入れながら、食事をした後、カラオケ屋さんに行き、親睦を深めることができました。

あ、ちなみに僕は当時高校生だったので、当然のことながらお酒は飲んでいませんよ。

ウーロン茶とかコーラとかオレンジジュースなんかでのどを潤していました。

でね、この時、そのお姉さんもお酒を飲んでいたのですが、かなり酔いが回っていたようで、いつになく悪ノリしています。

周りの人たちに、通常では考えられないような言葉遣いで話しかけていますし、下ネタなんかも交えながら、下品な笑い声を飛ばしています。

こんなお姉さんを見たのは初めてだったので、正直言ってびっくりしてしまいました。

周りの人たちも、さすがにちょっと困った様子で、その対応には苦慮していました。

 

・彼女を送ることに

で、そろそろお開きとなった時、なぜか彼女を自宅まで送るように僕が命じられました。

なぜ高校生の僕が?その理由は僕の実家と、彼女が一人暮らししているアパートが近かったからです。

仕方がないので、肩を貸しながらなんとかアパートまで到着。

鍵を開けて、部屋に入り、ベッドに横たわらせて、じゃあ帰りましょ、ってな時に、突然キスをされたんです!

一瞬何が起こったのか分かりませんでしたが、その瞬間、何とも言えないえっちな気持ちが沸き起こってきた僕。

そのまま、彼女に覆いかぶさって、不慣れなキスを続けたのでした。

・ファーストキッス

もちろん、これが僕のファーストキッスです。

初めてのキッスは、ちょっとお酒の味がして、なんだか苦かったですが、お姉さんの唇はすごく柔らかくて、気持ちがよかったですよ。

あと、細かいことになりますが、お姉さんの口元をよくよく観察してみると、歯並びがすごくキレイで、すごく好感が持てました。

とまあ、誰もいない空間で、年頃の男女が唇を合わせたとなると、もうその先はひとつしかありません。

 

・その先

だけども、その先どうしていいかが、童貞の僕にはよくわかりません。

そうこうしていると、お姉さんが鞄の中から何やら薄いパッケージを取り出しまして・・。

そう、コンドームだったのです。

それを優しく僕のイチモツに装着。

上手に口だけでスルスルっとつけてくれましたよ。

 

さてさて、ここまでくれば、次は遂に女性器への挿入です。

が、いざ、挿入しようとしたとき、ちょっと悩まされることになりました。

 

・初めてなので分かりませんでした

いやね、その・・、問題の穴がどこにあるかわからなかったのです。

それらしい場所には、何やら線のようなものしか見当たらず、穴っぽいものが見当たりません。

いやあるにはあるのですが、それは性器ではなく、排泄するための穴です。

それが女性器ではないことは一目瞭然です。

でも、他に穴が見当たりません。

そうこうしていると、お姉さんが、「ここよ♡」なんて言いながら、僕のイチモツを誘導してくれまして・・。

ああ、その線のような部位を広げると、そんなに大きな穴があったんですね。

初めてだからわかりませんでした。

 

・彼女が初めての人で本当に良かった

とまあ、これが私の初えっちの流れです。

その後は、一心不乱に腰を振り、トータルで3回も射精することになりました。

ちなみにですが、その後僕たちの関係性はどうなったかといいますと、家が近かったということもあり、ちょくちょく、体を合わせるようになりました。

結局、彼女が大学卒業を機に、他県へ移ったことで、関係性は完全に断たれました。

それにしても、今思い返しても、すごく充実した期間でした。

ありがとう、お姉さん!

あなたが初めての人で本当に良かったです。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【高校生】幼馴染と初えっち。月日が経ち本当の家族へ

〔ケンちゃんと私は産まれたときからの付き合いです〕 ケンちゃんと私は、お隣同士です。 両家のパパとママがここに引っ越してきたのも同じ時期です。 それ以来、家族ぐるみで仲良く暮らしています。 両家のママ …

no image

「ゴム無いけどいいかな?」「はあ?」処女は大切な人にとっておこう

私は高校1年生。彼は大学2年生でした。 初めて彼氏が出来て、何もかもがドキドキでした。 異性と二人っきりでのお出かけ、デート、手をつなぐだけでもドキドキしっぱなしでした。   しかし、なかな …

no image

高校生の時の初体験は先っぽだけ。感想は『痛い』ですね

初めての体験は、学校がえり制服のまま。 当時16歳の高校生だった私の実家の自分の部屋でおきました。 いつものように部屋に遊びにきていた当時の彼氏(同級生)と、自然な流れでそうなりました。 まだ生理がは …

no image

童貞の卒業式。高校生よそんなに焦ることはないと思う。

高校二年生の秋、私は焦っていました。仲の良い友人達が次々に童貞を卒業していく中、彼女が出来ても中々行為に発展せずにフラれる現状に非常に焦っていました。 周りの友人達はそんな私に「焦ってするもんでもない …

no image

高校生の時、演劇部の先輩と部室でsexしてしまいました……

●きっかけ 私が始めてえっちしたのは、高校一年生の時でした。 相手は、一つ上の演劇部の先輩。 背が高くて、よく言えば華奢な、悪く言えばひ弱な感じのある男の人でした。 特に相手のことが好きだったというわ …