えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

彼女からなかなか許しが出なかった初体験でした。

投稿日:2018年5月8日 更新日:

1.はじめに

私が入学した高校は、当時で100年以上の歴史がある伝統がある田舎の高校でした。

したがって、男女共学でしたが、学校内で付き合う人も少なく、また、付き合ったとしても、学校内ではあまり話さず学校を出た後に一緒にかえり、遊ぶような感じの学校でした。

かくいう私はというと、高校2年生の時に、はじめて彼女ができました。

休み時間に呼び出して、告白して、その場でOKの返事をもらい、付き合うようになりました。

しかし、先に記載した通り、私たちが通っていた高校は非常に固かったので、キスをするにも半年がかかり、一緒に帰る際も、変な噂が校内で立つのが怖く、手を繋ぐこともできませんでした。

 

ただし、私も当時、高校生であり、非常に性欲が強い時期だったのだと思います。

次第に、たまにのキスではもの足りなくなり、ついに彼女にエッチがしたいと言いました。

ただし、彼女はなかなかOKをしてくれず、付き合うようになってから、1年ぐらいがたってしまいました。

 

2.ディズニーランド

そんなモヤモヤした私でしたが、付き合った1年の記念として、ディズニーランドに行きました。

私は昔から、ディズニーランドあまり好きではなかったのですが、彼女のたっての希望で行きました。

彼女は朝からテンションが非常に高く、一日中楽しそうにしていました。

最後はお決まりのパレードですが、これを見たら帰ることにしました。

夜のパレードはとてもきれいでロマンチックだったので、私はダメもとで、帰りにホテルへ寄らないか、聞きました。

すると、これまでかたくなに拒否していた彼女がOKしてくれたのです。

私は一瞬よく分からなくなりましたが、思わずガッツポーズを小さくしていました。

 

3.はじめてのホテル

パレードが終わり、家に帰る途中のホテルへ寄ることにしました。

今思えば、もう少しあらかじめ考えておき、はじめての時ぐらいはきれいなホテルへエスコートしたかったです。

ただし、当時の私は彼女からなかなかOKがでず、その日もダメもとで言ったので仕方がなかったのかと今振り替えると思います。

したがって、入ったホテルは昔ながらの古い、あまりキレイとは言えないホテルでした。

ホテルのロビーに入ると、たくさんの部屋のパネルがかかっていました。

パネルの下には、へやのばんごうが書いたボタンがあったので、そのボタンを押して部屋に入ることははじめてでも分かりました。

私たちは、あまりお金を持っていなかったので、一番安い部屋のボタンを押して、ホテルの部屋に入りました。

4.お風呂

二人で部屋に入ると、私はいよいよできると、かなりいきり立っていたのだと思います。

彼女は私に、かなり怖いよ、と言いました。

そう、私も始めてだったのですが、彼女もはじめてだったのです。

男の私はこれから彼女の中に入れられると、ただただ興奮していましたが、彼女にしては、得体の知れないものが自分の体に入ってくるので、当然怖かったのだと思います。

そこで、ホテルの部屋にあったテレビをつけて、少しリラックスすることにしました。

 

テレビをつけると、ちょうどニュースが流れており、アナウンサーのたんたんとした冷静なしゃべりに、私の心も少し落ち着きました。

彼女もだいぶ落ち着いたようなので、いざお風呂へ入ろうと誘いましたが、彼女は恥ずかしがり、結局は別々に入ることにしました。

まずは、私が入り、次に彼女が入りましたが、私はあっという間に出たのに対して、彼女はなかなかなお風呂から出てこず、とても時間が長く感じたのを覚えています。

 

5.はじめての体験

とても長い時間待っていたような気がしましたが、やっと彼女がお風呂から出てきました。

体にはバスタオルを一枚巻いているだけで、先にベッドに入っていた私の横にちょこんと座りました。

私は冷静になったつもりでしたが、彼女が私の横に座ると、もう我慢はできませんでした。

彼女にキスをして、バスタオルをはぎとりました。

彼女の小さな胸が露になりましたが、私はそれを力強くまさぐり、そしてなめ回しました。

 

そして一通り胸をまさぐりなめ回すと、次に彼女のあそこに手をのばしました。

彼女のさそこはびしょびしょではなかったですが、ぬるっとした感じでした。

ぬるっとした彼女のあそこを人差し指で触っていると、そこではじめて彼女が小さなこえを出し始めました。

 

しばらくはいじっていましたが、今度はあそこを舐めようと、顔を下に移動したところ、彼女はそれを嫌がったので、遂に入れることになりました。

私はコンドームをはじめて装着しました。

もちろん練習で、試したことが合ったのですが、なかなかうまくはまりませんでした。

 

やっとのところはまり、いざ彼女の中に入れようとしましたが、今度はなかなかうまく入りません。

結局のところ、彼女に導かれ、無事挿入することができました。

ただし、入れた後は、びっくりするぐらいあっという間にいきました。

口説くのに長かったのに、挿入はあっという間の初体験でした。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校一年生の文化祭の打ち上げ。積極的な同級生と初体験

「初エッチへのきっかけの出来事」 僕の高校生のときに初エッチをした時のことを書いていきます。 それは高校に入学して半年ほど経ったときでした。 クラスの人たちにも慣れてきて、それなりに信用できる友達もで …

no image

彼女と海で罰ゲームのキス。エスカレートしていき水着のままセックス

■部活が終わり… 高校時代は野球部に所属していました。 とはいえ、強豪校ではありません。 高校3年間、それなりに頑張っては来ましたが、敗退してしまい夏休みになりました。 野球部は結構モテる部として有名 …

no image

「ゴム無いけどいいかな?」「はあ?」処女は大切な人にとっておこう

私は高校1年生。彼は大学2年生でした。 初めて彼氏が出来て、何もかもがドキドキでした。 異性と二人っきりでのお出かけ、デート、手をつなぐだけでもドキドキしっぱなしでした。   しかし、なかな …

no image

【高校生】幼馴染と初えっち。月日が経ち本当の家族へ

〔ケンちゃんと私は産まれたときからの付き合いです〕 ケンちゃんと私は、お隣同士です。 両家のパパとママがここに引っ越してきたのも同じ時期です。 それ以来、家族ぐるみで仲良く暮らしています。 両家のママ …

no image

寝ている間に私のチンコでオナニーする彼女を押し倒し初エッチ

私の思春期 私は、大学進学で上京するまではずっと秋田の田舎町にいました。 神奈川県で生活する今となっては、映画館もゲームセンターもなく電車が一時間に一本しか来ないような地元がいかに田舎であったか理解で …