気持ちいいオナニーのやり方

自慰で快感が得られる、場所、方法、おかずなどについて

投稿日:2018年4月25日 更新日:

オナニーをする場所

オナニーは、寝る前に布団の中でこっそりしたり、勉強の合間に自室でする人が多いと思います。

しかし、思春期から大人になると、ありきたりな場所だけではオナニーに快感を感じなくなってくる人も多いと思います。

より快感を得るために、あえて普段しない場所でオナニーをしてみるのも良いかもしれません。

例えば家の中であれば、お風呂の湯船の中です。

湯船の中だと、チンコがお湯に包まれ何とも形容しがたい温もりを感じられます。

しかも、入浴時なら自室や寝室などと違い全裸なのが当たり前なので、万が一家族に見られても幾らでも言い訳できます。

更に、射精後の処理も文字通り水に流すだけでOKなので楽ちんです。

ただ、長時間湯船でオナニーをするとのぼせてしまうので注意しましょう。

 

学生であれば学校でのオナニーも良いかもしれません。

特にお勧めの場所は学校のトイレです。

トイレの中であれば女子生徒の声を聞けたり、個室によっては窓からグラウンドで体育の授業中や部活中の女子生徒の姿が見えたりするかもしれません。

若くて発展途上の女の体を見ながらするオナニーほど贅沢なものはありません。

 

大人の男性であれば、流石に会社でオナニーをするのはリスクが高いですし、そもそも時間がないでしょうから、お金を支払ってオナクラでその道のプロの女性にオナニーするところを見てもらうのが良いでしょう。

また、学生・社会人に関係なく、付き合ってる彼女や奥さんにオナニーを見てもらうのも刺激があって良いかもしれません。

オナクラとは違い、素人の女性の見せるピュアなリアクションは快感に拍車をかけることでしょう。

 

オナニーに使うおかず

初めてオナニーを経験した時というと、大抵の人はなんとなくチンコをいじっていたら気持ちよくなっていたと答えるでしょう。

しかし、思春期を迎えると、オナニーをする際何らかのエロい想像をしたり、おかずが必要不可欠になってくると思います。

大抵の人はオナニーのおかずにエロい雑誌やAVを利用すると思いますが、個人的にはそれらの物だけでは入ってくるエロい情報が決められすぎていて、次第におかずとしては物足りなくなってくると思います。

 

そこで私がお勧めしたいのは、官能小説です。

官能小説はAVやエロ雑誌と比較して刺激が得られないと思う人が多いと思いますが、目や耳から入る情報がない分、読者は必死に小説の舞台やシチュエーションを想像しようとします。

そして、その作品内の男性を自分に当てはめたり、作品の中の女性を自分の好きな女性に見立てていくのです。

視覚や聴覚から得られる情報がない分、小説内の女性像も自分好みの顔や体や声に設定できるため、それを設定できたとき、官能小説は最高のオナニーのおかずになるのです。

更に、官能小説で想像力を磨いていくと、日常の些細なエロい出来事(街で見かけた女子高生のスカートが捲れパンツが見えた、電車でブラが透けて見えているOLを見たなど)も、後でオナニーに使うおかずに変換し脳内に保存できるのです。

他にも、私が推奨するのは卒業アルバムの活用です。

一見、卒業アルバムにはエロい要素はなさそうですが、そこには同級生の顔写真や集合写真が載っていて、中にはおかずになりうる自分好みの同級生の女子がいることでしょう。

更に、水泳の授業での女子の水着姿や部活動でのブルマ姿、運が良ければ集合写真や修学旅行でのパンチラ写真が拝める場合もあります。

そんな、穢れを知らない乙女たちの写真の目の前でチンコを出し、オナニーすれば強烈な快感が得られるはずです。

ただ、卒業アルバムは一生に一度の大切な思い出が詰まったものですので、勢いあまって女子生徒の写真に精子をぶっかけて汚してしまわないように注意しましょう。

 

オナニーの仕方

オナニーを覚えたての頃は、何も考えずにひたすらチンコをしごいていたのではないでしょうか。

しかし、様々な工夫によってより強烈な快感を得ることができるのです。

より気持ちのいい射精をするためには、いきなりズボンを脱ぎチンコをしごくのではなく、まずはズボンのチャックからチンコだけを出しましょう。

すると、そこがどんな場所であれ、ズボンからチンコだけを出すという異常な状況に次第に興奮してくるはずです。

そして、チンコが半勃起状態になったら、腫物にさわるような優しい手つきでチンコ全体を触りましょう。

充分に勃起したら、いよいよ本格的に竿をしごき出します。

この時注意しなければいけないのが、力を入れ過ぎないことです。

握る力が強いと確かに一時は強い快感を得られるかもしれませんが、オナニーのたびに常に強い刺激を与えないと快感が得られなくなってしまいます。

更に、乾燥している冬の時期だと強すぎる摩擦はチンコに亀裂を与える原因にもなってしまいます。

その為、チンコをしごく際は常に力を抜き、手首のスナップだけを利用しましょう。

そして、力は抜いたままで快感が増すにつれスピードをアップさせます。

射精のタイミングは人によってバラバラでしょうが、早すぎると勿体ないですしあまり焦らし過ぎても遅漏の原因になってしまうので5~10分くらいで射精するのがベストではないでしょうか。

個人的には、終始ズボンとパンツは脱がず、チンコだけを出してオナニーした方が興奮します。

また、オナニーをしながら「女子高生のマンコを舐めまわしたい。」「〇〇子ちゃんのおっぱいキレイだよ。」などのエッチな言葉を発したり、片手で乳首を刺激するのも良いと思います。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人妻の私は生理前より生理後のほうがオナニーをしたくなる

私自身は40代の専業主婦です。 結婚歴は約20年になりますは、夫婦仲は割りと良いので、勿論夫の夜の営みも充分にあります。 しかし、夜の営みと自慰行為は全くの別物です。 どちからが気持良いかは愚問的なも …

no image

オナニー歴10年のベテラン女が実践している気持ちいいオナニー

私は自慰行為を本格的にする様になってから、約10年間以上の時が経過しています。 自慰行為で女性としての喜びを本当に感じられるようになったのは、ここ5~6年の事です。 そもそも本格的な自慰行為をする様に …

no image

自慰行為の快感の追求は男の永遠のテーマとなる

「自慰行為へのこだわりは」 男性に生まれたからには誰もが自慰行為の虜となります。 例え彼女がいたとしても結婚していたとしても女遊びが激しいとしても、自慰行為は日々の欠かせないルーティーンだったりします …

no image

人妻は常に欲求不満!オナニーはテレホンセックスが気持ちいい

私は既婚者女性なのですが、夫との夫婦関係は年々減っています。 それは年数と共にするマンネリ化や、お互いへの身体に対する飽き。 お互いの事を子供の親としての意識が大きくなり、段々と性生活は出来なくなると …

no image

50代の私が最高に気持ちいいオナニーを追求してみた。

自慰行為とは、男性の本能である。 いや女性もするので人間の本能であると言い換えることもできる。 男性にとって自慰行為とはSEXの代わりになるものと言える。 本来ならばSEXしたほうがいいに決まっている …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao