初めてのオナニー

初めてのオナニーの色々なやり方4パターン

投稿日:2018年3月31日 更新日:

人間誰しもが性に目覚めたときにやってしまうことがあります。

自慰行為、オナニーと言われるものですね。

初めての行為のタイミングは人それぞれかと思われますが、だいたい小学生も高学年の頃前後でしょうか。

そして自慰行為のやり方もまた人それぞれです。

では初めての自慰行為と聞いてどのようなやり方をするのか、僕自身の経験も含めてあげていきます。

 

「同級生の女の子を想像で」

自慰行為と言うと一番に出てくる方法として想像があります。

一番手っ取り早くて、しかもいろんなシチュエーションを作り放題と言うなんともワガママな方法ですよね。

僕の初自慰行為もこれでした。

そしてそのオカズとなった女の子は同級生の好きだった子です。

僕の場合は小学校の5年生の時でしたが、もちろん初体験はまだで童貞でした。

ですので本当のやり方は解っていませんが、なんとなくの情報はあったので、想像の中で彼女を犯してしまうのです。

彼女を勝手に脱がせて勝手にさわって、そして感じてしまう同級生の女の子。

いつか本当にこうしてやりたいと言う思いを強く想像しながら、自分のモノを刺激していました。

同級生の好きな子を好きがってにやってしまって初めてイッてしまった時の快感は、なんとも言えないくらいのものがあります。

想像であれば他の方は同級生でなくても、ちょっと美人の先生だったり近所のお姉さんだったり、はたまた女優を持ってきたりと人それぞれだと思います。

とにかく何の道具も要らないので、初めての自慰行為としての一番メジャーな方法と言えるのではないでしょうか。

 

「エロ本やアダルトビデオを見ながら」

初めての自慰行為となるともうひとつのメジャーな方法として、エロ本やアダルトビデオなどの見るオカズを用意すると言う方もかなりいたでしょう。

アダルトビデオというと時代を感じてしまいますが、僕の友達なんかはこの方法の人もいました。

今ではスマホで簡単にアダルト動画も見れてしまいますが、初めての自慰行為をするタイミングや年齢を考えたら、スマホは難しいので本かDVDを勇気を出して借りたりということではないでしょうか。

それか先輩から借りたりというパターンも。

小学校の高学年となると僕の同級生達なんかは先輩からエロ本やアダルトビデオが流れてきたりしました。

またはお兄さんがいる人が勝手に隠しているタンスから持ってきてみんなに回したりと言うこともあったりして。

ですので初めての自慰行為のオカズが同じAV女優だったとなれば、ある意味それは兄弟とも言えます。

「好きな女優を見ながら想像で」

これは上の二つを合体させた、いわゆる高等技術であると言えます。

録画などで好きな女優の出ているドラマなんかを見ながら、そこから勝手に想像を膨らまして昇天する方法です。

この方法はドラマで女優が他の仕草や言葉を発しているにも関わらず、勝手に自分のいいようにしてしまうということなので、かなり強い想像力を必要とします。

確かに初めての自慰行為をやるような年であればできないこともないでしょう。

そのちょっとした台詞ひとつでも、そこからオカズにしてしまうのですから、やり方によってはとてもスゴい技ですね。

なぜなら好きな女優だれでもわりとリアルに想像できてしまいますので。

その放送さえ流れていればいつでもその女優を自由にできるのです。

これがさらにパワーアップしたら女優でなくても、美人アスリートやアナウンサーなどでもできますので、もうすべての人をオカズにできると言っても過言ではありません。

 

「女性の先輩に見られながら」

僕の知り合いに唯一、一人だけこの方法で初めての自慰行為をしたというかたがいました。

それはまさかの人に見られながらという、かなりハイレベルな方法です。

ただでさえ普通のセックスですらもみられたくないのに、その彼は初体験の前の初自慰行為を見られながらやったというのです。

その相手は中学生の女性でした。

たまたま近所に住んでいたらしく、小さい頃から仲は良かったということでした。

そんな中で彼がまだ小学生の時に彼女の家に呼ばれて、何をするのかと思ったら自慰行為を見せてとの事だったらしいのです。

その彼女もスゴい子だなと思いましたが。

ただ彼女の勘違いは、その男の子がすでに自慰行為をしていると思っていたらしく、それをいつも通りやってよと言うことだったのですが、実はそのときが初自慰行為になってしまったのです。

その彼女も特にセクシーになってくれたわけでもなく、知人の男性はひたすら目の前の彼女を見ながらモノをしごいたそうです。

 

最後に。

初めての自慰行為をしたときの事と、色んなやり方をあげていきました。

最初に初めて昇天したときのことは覚えている方も多いでしょう。

なんと言えない、頭の中が一気に真っ白になってしまうあの感覚は初体験にも勝るものがあります。

あれから自慰行為をしなくても相手がいるようになったときは大人になったなと思えますね。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

水泳部の朝練後の着替え中におっぱいのもみあいからオナニーの話に

私が初めて自慰行為をしたのは高校2年生の夏だったのですがその頃は、外はものすごい暑くかったのを覚えています。 私は水泳部だったのですが朝練習を終えてから皆が競泳の水着に着替える最中にお互い胸を揉み合っ …

no image

小学生で子供の僕に性教育に没頭する叔母がオナニーを教えてきた

「私のこと」 私が初めてオナニーっぽいことをはじめたのは小学校6年生の頃、それっぽいことなので射精に至ることはありませんでした。 エッチなことを思い浮かべて勃起を楽しむってな感じ、それでも結構満足感は …

no image

出会い系を使い買ってもらったローターを使ったのが初オナニー

ローターを使った初めての自慰行為 私が初めてローターを使って自慰行為をしてしまったのは、中学3年生の冬です。 私は中学3年生の秋に転勤をして、新しい中学校に転入しました。 私はそれまで通っていた中学校 …

no image

初オナニーは中学校1年生、オカズは発育良好な同級生

男の人生に置いてオナニーの存在をなくすことはありえないのではないでしょうか。 青春時代はもちろん社会人になってから、はたまた結婚してからもオナニーはアナタの傍にずっといたはずです。 私自身、40代にな …

no image

男子だけど初めてのオナニーは遅すぎる高校生の時

妄想だけの中学生時代 高校時代に下宿した僕は生まれて初めてオナニーを体験しました。 性に対して奥手だったのかもしれませんが、中学までは実家暮らしでしかも厳格な両親の元に育ったために興味はあっても行動に …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao