えっちな体験談

LINEスタンプの誤送信から始まった人妻とのエッチな関係

投稿日:2018年3月19日 更新日:

28歳の男です。ある福祉関係のNPO法人の専従スタッフをしています。

先日、あるミスから、衝撃的な出来事に遭遇することになりました。

そのことについて書きたいと思います。

 

法人には、僕たちのような専従スタッフに加えて、多くのボランティアの人々が参画してくださっています。

そのうちの1人、松尾さんという40過ぎの主婦の方が、何かと僕に話しかけてくるようになりました。

その内容は、法人の業務に関することだったり、プライベートな事だったり。

特に、中学生になった息子さんの勉強のこととか、学校での生活のこととか、それまでは、僕とはほとんど話をしたことがなかった方なんですが、さまざまな相談をもちかけてこられるようになったのです。

僕はその都度、誠実に対応するようにしていました。

そのうち、深夜に電話をもらうようにもなりました。

11時ごろです。

僕は内心、”どうしたんだろう”と思いました。

松尾さんはふだんから控えめでおとなしそうな方だったので、そうした積極的な振る舞いが腑に落ちませんでした。

 

●始まりはLINEのスタンプ

ある時、僕はスマホのLINEの画面を見ていて、衝撃的な事実に気が付きました。

松尾さんに向けて、あるスタンプを「誤送信」していたのです。

そのスタンプとは、男の性器をイメージした卑猥なデザインのものでした。

僕はLINEのスタンプに凝っていて、さまざまなスタンプを購入して、友人とか、付き合っている彼女とのやり取りに使っていました。

そして、そのエロスタンプも友人に教えてもらって、彼女や心を許せる友人にだけ面白半分に送っていました。

日々を振り返ると、その誤送信があったころから、松尾さんが僕に接触するようになっていったのでした。

僕は、今さら、誤送信について弁解するのも何だし、かと言ってそのまま放置しておくと、自分は変態男と思われてしまうかもしれない、などとあれこれ考えていましたが、その日の夜も松尾さんから電話がありました。

いつになく、甘ったるい声でした。

聴けば、松尾さんのご主人は電力会社の技師をしていて、数年来、単身赴任生活をしているとのこと。

松尾さんが妻として「寂しい」生活を送っていた可能性が浮上してきました。

おそらく、松尾さんは、僕が松尾さんを口説こうとして、あのようないやらしいスタンプを送って来たと早合点したのかもしれませんでした。

「きょうは事務所にいらっしゃらなかったですね」。

松尾さんの甘えたような声を聴いて僕は、”それならそれで利用してしまえ”と思いました。

「そうなんです。きょうは会社回りだったんで。松尾さん、きょう、事務所に来てくださったんですね。会いたかった」

一瞬の間の後、「ほんとう?」と松尾さん。

「本当です。すごく会いたかった」。

寝酒のチューハイが後押しして、僕はさらに大胆になっていました。

「言ってはいけないことだと思うけど、素直に言わせて……うれしい」と松尾さん。

少し声が震えていました。

僕の股間は急加速的に勃起し、トランクスを突き破らんばかりになりました。

「今ね、息子が、すごく成長していて……パンパンになってて……松尾さんになだめてもらいたい」「あぁぁん……私でいいの?」「もちろん」

松尾さんと電話でエッチしてしまいました。

 

●ホテルで激しく求め合い

数日前まで、全く意識したことがなかった女性と、その日、ホテルにいました。

ベッドの上で裸で抱き合い、僕は、全く硬度を失うことのないチンポを松尾さんの飢えたマンコの中に入れたまま、言いました。

「あのラインのスタンプ、実は、誤送信だったんですよ」「ええっ!?」。

僕のチンポが松尾さんの中でピクピク動きました。

「誤送信って……」「よく分からないんですけど、知らないうちに送ったみたいで。あのエロいスタンプ」「そうなんだ……」

僕はゆっくりとチンポを出し入れしながら事情を説明し、松尾さんは僕のチンポを締めつけながら聴いていました。

「でも結果的に、こんなことになったので、うれしいです。よかったです」。

僕が最高に深く入っていきながらそう言うと、松尾さんがギュッとしがみついてきました。

「私、はずかしい……」。

松尾さんが顔を赤らめてそう言います。

「僕だって恥ずかしいですよ。あんな卑猥なスタンプ、いきなり送り付けたんですから……でも、お互い、恥ずかしい者同士、もっと恥ずかしいことしましょう」

僕は、松尾さんの脚をカエルのような格好で開かせ、結合部分をまじまじと凝視しながら、突き込みました。松尾さんは、アンアンよがります。

「見て見て、入ってるよ、僕のチンポが、松尾さんの……千佳子さんの、熟れて、やらしくて、貪欲で、ドスケベなマンコに、たくさん入ってるよ、ほら……ほら……ほら……ほらっ!」「あぁぁぁぁぁ!」

松尾さんは積もりに積もった欲求不満を爆発させて、激しく求め、声をあげ、キスをねだってきました。

チンポでマンコの中を掻き回しながらのディープキス。

付き合っている彼女のときには感じられない興奮を覚えました。

ひょんなことから始まった松尾さんとの関係は、今も続いています。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

看護師や保育士はエロい子が多いというのは本当か?

よく男性たちの間では、看護師や保育士ってエロそうというイメージありませんか? 私自身も、まだ看護師や保育士と関係を持ったことがないときはそう思っていました。 そこで自分のイメージは果たして合っているの …

no image

夏祭りでナンパしてきた浴衣女子たちとカーセックスで…

■夏祭りに行くと… 近所の神社で夏まつりが行われました。 社会人3年目の25歳のころのことでした。 暑い日で、浴衣を着て友人と神社の中を歩き回り、出店で飲食していました。 座って食べていたのですが、僕 …

no image

一人暮らしは女の子を連れ込める。大学生と何度もエッチ

就職してから、自宅で生活していたので、出会いがあっても、なかなか部屋で2人きりになるチャンスを作るのは簡単なことではありませんよね。 それで働き始めてから4年目に、職場の近くでワンルームマンションを借 …

no image

旦那さんとのエッチはラブホテルでの体験になります

◆旦那さんとのラブホテル 私には、一か月前に結婚をした旦那さんがいます。 入籍はしたのですが、まだ、新築の家を建築中で、一緒には住んでいません。 なので、週末二人であっていろいろと買い物にいったりして …

no image

ヤンキーのお客さんとセフレに。しかしセックスは中学生

44歳バツイチ子持ちの女性です。これは私が36歳の時、保険の営業をしていた時の話です。   そのお客さんと出会ったきっかけ 保険の営業といっても法人営業なので相手は中小企業の社長さんばかりで …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao