えっちな体験談

尊敬する先輩社員の素敵な奥さんを抱き不倫関係になった僕

投稿日:2018年1月29日 更新日:

38歳の既婚の会社員です。

会社でよくしてもらっている先輩にHさんという人がいて、年は僕より3つ上なんですが、課長代理として仕事もでき、人望もあり、素晴らしい人です。

Hさんは酒も好きで、よく飲みにつれて行ってもらうのですが、家に招かれて奥さんの手料理を肴に飲ませてもらうこともありました。

Hさんの奥さんは実家が料亭で、自分の調理師の免許を持っているので、とても料理が上手でした。僕はHさんの家に招かれるのがすごく楽しみだったのですが、それは奥さんの手料理が頂けるということ以上に、奥さんに会えるということがあったからなんです。

Hさんの奥さん、和代さんは、僕と同い年で、明るく気立ての良い人でした。

身長は165センチほどでスレンダーでスタイルが良く、美人でした。

 

『泥酔して寝てしまった旦那』

その土曜日の夜も、Hさんの家に僕は招かれました。

いつものようにテーブルには豪華な造りや、奥さんの得意な手料理が並べられ、さらにはHさんが取り寄せた地酒もたくさんあったりで、感激しました。

Hさんはいろんな地酒を煽っていき、酔っぱらいました。

僕も、自分を見失わないようにペースを維持しながら飲んでいましたが、いつも以上に泥酔していきました。

 

4時間ほどたったころ、ベロべロに酔っぱらったHさんは、「俺、あした出張だから、寝るわ」と言って、突然立ち上がり、寝室のほうに引っ込んでいきました。

僕もベロベロでしたが、その場にゴロンと横になりました。

 

しばらくして、Hさんの奥さんの和代さんが現れて、「あら、うちの、寝ちゃいました?」と。

僕は「あした出張だからって」と答え、「こっちも、そろそろ電車の時間もあるので」と言って立ち上がろうとしたのですが、立ち上がれません。

「あぶない。無理しないで。よかったら、泊まっていけば?」と和代さん。

僕は返答せずに再び横になりました。

和代さんはテーブルの上を片付け始めました。

風呂上がりなのか、いい香りがします。

僕は行き来する和代さんの姿を目で追っているうち、股間が固くなっていきました。

 

『旦那の知らないところで僕がやったこと』

僕は酔うと性欲が増すタイプで、しかも、最近、めっきり女を忘れてしまった感のある妻とは1年以上もセックスをしていませんでした。

スラックスを穿いた僕の股間はテントを張ったような状態になっていたはずです。

僕はぼんやりと和代さんを見ていましたが、和代さんが僕の股間のほうをチラ見しているのが分かりました。

僕は余計に興奮しました。

 

酔うとスケベになって、気が大きくなる僕は、その時、あろうことか、スラックスのファスナーを下ろし、勃起したチンポをつかみ出してしまいました。

「ちょっと」。

和代さんがびっくりしたような声をあげました。

「なんか、出てますよ」「おさまりきらなくて、へへへ」。

僕は悪びれることなくそう言いました。

「しまって。しまってください」。

和代さんはまんざらでもないような感じで言います。

「おさまらないんです」「しまって」。

和代さんにチラチラ見られて、僕のチンポはますますギンギンになりました。

「主人が起きてきますよ」「いえ、もういびきかいてますよ」「もう……だめですって。しまって」「奥さん、しまってください」。

僕はますます増長していきました。ふだんはおとなしめで真面目な僕ですから、酔ってなければそんなことをやったり、言ったりできるはずがありませんでした。

僕はそのままチンポを出したまま、横になっていたのですが、しばらくして和代さんがそばまで来て座ると、僕のズボンのベルトに手を掛けてきました。

しまおうとしているようです。

僕は寝たふりをしながら、チンポをピクピクと動かしてみました。

和代さんはトランクスを引き上げようとしてきたので、僕は和代さんのスウェットの太ももを撫でました。

一瞬、ビクッとする和代さん。

僕はなおも太ももをスリスリと撫でました。

変な沈黙がその場を支配し、次の瞬間、和代さんが僕のチンポを握ったのでした。

僕は我慢しきれず、和代さんにむしゃぶりついたのですが、和代さんが小声で「ちょっと待って」と言って、僕を引き離すと、ひとしきりテーブルの上を片付けていました。

 

『まさかのエロい展開に』

その後、隣の洋間に誘われました。

ちなみに、Hさん夫婦には子どもがいないので、3LDKの各部屋は、夫婦の寝室、Hさんの仕事部屋、和代さんの部屋という風に使っているようでした。

アロマのいい香りがする和代さんの部屋で僕が勃起したチンポを差し出すと、和代さんは夢中でしゃぶりついてきました。

僕はその勢いに圧倒されました。

“えっ、あの奥さんが”という感じで、激しくも優しく、超エロエロに舐められました。

目と鼻の先の部屋では、和代さんの旦那のHさんが寝ている、という事実も、僕をドキドキさせ、興奮させました。

 

やがて、和代さんのスウェットのズボンを脱がせ、シックスナインの体勢になりました。

和代さんのマンコは案の定、ヌルヌルでした。

まさに「貪り合う」といった感じで舐め合い、いじり合いました。

 

マットレスの上で、ついに先輩の奥さんとつながりました。

想像もしなかった展開でした。

和代さんのマンコは、子どもを産んでいないこともあり、キツキツでギュウギュウ締めつけてきました。

濡れ具合も最高でした。

 

和代さんは枕を顔に押しつけて声が漏れるのを防いでいました。

僕は枕を押しのけて、和代さんにキスをしながら、迷う和代さんに半ば無理やりに中出ししてしまいました。

 

次の朝、何も知らないHさんは起きて、出張に出かけたそうですが、僕は会わせる顔が無くて、起きていきませんでした。

そして、Hさんが出かけた後、和代さんと再び、セックスしてしまいました。

今も、和代さんとは不倫関係にあります。

まさか、Hさんの奥さんとそんな関係になるとは、思いもよりませんでしたが、いけないと思いながら、関係を清算できないでいます。

-えっちな体験談
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

居酒屋で出会った女性2人組は見た目通りの遊び人で…

■居酒屋で… 社会人になりたての頃のことでした。 仕事が終わり、家の近所まで戻り、2年先輩の上司と居酒屋へ行きました。 場末の居酒屋だったので、小規模の店で、客は我々を含めて3組しかいなかったと思いま …

no image

中学生の頃の友達にエッチで意識がなくなるほどイかされた

少年だった時の記憶 中学生の頃から友達のA君の家で飲んでいました。 ひとしきり飲んで、一旦ねました。 時間がまだ早かった為、目が覚めてから飲みなそうとなったのですが、親が帰ってきたので、居酒屋へ行こう …

no image

ホームパーティの日に妻の友達とセフレになった話

1.妻の友達 妻が自宅のマンションでホームパーティをすることになりました。 妻の大学時代の友達が近くの街に引っ越してくるということで、妻がウェルカムパーティを企画したのです。 日曜日の午前中、私は妻へ …

no image

友人の嫁に生中出しSEX。妊娠したらしいがもしかして…

同窓会で飲み過ぎて友人の家に泊まる 私は、現在30歳の男性で、名前は智明といいます。 去年の夏、私は高校の同窓会に参加しました。 普段はお酒をあまり飲まない私も、十数年ぶりの友人たちとの再会を喜ぶあま …

no image

看護師や保育士はエロい子が多いというのは本当か?

よく男性たちの間では、看護師や保育士ってエロそうというイメージありませんか? 私自身も、まだ看護師や保育士と関係を持ったことがないときはそう思っていました。 そこで自分のイメージは果たして合っているの …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao