セックスのテクニックやアドバイス

処女の女の子とえっちをする際に男性側が気をるけるべきこと

投稿日:2018年1月24日 更新日:

男性と女性が会えば、それはえっちに繋がることにもなります。

お互いがオーケーサインを出せばそれは成立しますよね。

しかし男性からとって出会った女性がまだ処女であったということもいますよね。

自分は経験済みだとしても相手は初えっちであることになります。

 

そんなとき、男性としてはとても気を付けなければいけないことがあります。

これからえっちをするとなったとき、もし相手が初えっちということになったら男性として何を注意すべきかをあげていきます。

 

・とにかく女性をいたわること

初えっちは男性ですらも特別なイベントだと思いますよね。

女性からしたらそれ以上に大きな出来事と感じるものです。

処女の喪失は決して男性は甘く見てはいけません。

とにかく緊張するし、どうして良いかわからない状態なのです。

ですのでまず一番大事なことは女性のことをしっかり思いやることが大切です。

からだ全体を使い交わることですので、清潔にしておくことや爪を切っておくことなど、デリケートな女性に負担をかけないようにしないといけないでしょう。

 

そしてとにかく緊張しています。

体が固くなったり拒否感も出てきてしまうことだってあります。

恐怖感さえ多少はあるかもしれません。

そんな女性の緊張を解いてあげることも重要なことです。

激しいプレイや雑に扱うようなことは絶対にあってはならないことです。

 

優しく触れてあげたり包み込むように接してあげて、とにかく女性の不安や緊張を解いてあげましょう。

特に膣を触ったり舐めたりすることは女性は最初は抵抗があることもあります。

そんなときも無理に進行しないで、女性の気持ちを整理させてから少しずつ進めていきましょう。

 

男性が焦ったり急いでしまったら女性にとって初めてのえっちは苦いものとなります。

特に挿入するときには女性には痛みがあることも忘れてはいけません。

愛撫でしっかりと濡らしたところにほんの少しだけ入れて、女性の様子を見ましょう。

決して一度に全部入れようなんて考えてはいけません。

 

女性にたいしてこれでもかと言えるくらいに優しさを出してあげることは必須なことです。

 

・避妊をしっかりと

初えっちの女性を相手にするときは確実に避妊をしましょう。

このときに女性にアフターピルなどを勧めるようなことはしてはいけません。

もちろんそれも避妊としてのやり方ですが、その前に男性としてゴムをつけることを忘れずにしましょう。

 

もちろんコンドームも完全な避妊具ではありませんが、かなりの高い確率で避妊はできます。

そして同時に挿入するときには女性の痛みを和らげる働きもあります。

 

とにかく女性として初えっちで子供ができてしまったらかなりの精神的なダメージが残ります。

その女性と結婚して子供もしっかりと育てるという覚悟があるのであればまだしも、やはり女性の初えっちでの出産は避けなければいけません。

・アフターケアもしっかりと

初えっちの女性との行為により処女の喪失を達成したら、次はアフターケアが大事です。

女性としては大きなイベントをやり抜いたことになります。

そして同時に頭の中は真っ白になり、まだ気持ちが落ち着かない状態でもあります。

そうなったときに男性として必要なことは、そんな女性をしっかりと包んであげることではないでしょうか。

まだナーバスになっている彼女の体と気持ちを落ち着かせる必要があります。

優しく抱き締めてあげて、しばらく二人の時間をゆっくりと過ごしましょう。

 

処女を卒業したことを祝ってあげる気持ちが大切です。

女性は人生のひとつの転機を迎えたといっても過言ではありません。

その転機を一緒に迎えたことは幸せなことです。

そんな女性は大事に接してあげることが男の使命であり、気持ちなのです。

 

・落ち着いたら再び清潔に

これはえっちを知っている男性としては大事な役目とも言えますが、初えっちを終えた女性と最後は清潔な姿にすることです。

これはえっちをしたあとは体が不衛生になっています。

そのままにしておくと感染症や悪臭のもとになってしまいますので、行為のあとはシャワーなりで清潔にしなければいけないことを教えてあげましょう。

先輩としての働きもあります。

 

ここで教えてあげないと、今後また女性がえっちをするときに体をそのままにしておくという過ちをし続けるかもしれません。

大事なことは最初に教えておくこと、それも優しさです。

 

・最後に

初えっちを迎える女性にたいしての男性の大事なことをあげていきました。

とにもかくにも女性のことをいたわることです。

男性としてはそのときに最後までいくことを望んではいけません。

女性がどうしても拒否をしているのなら、その日は止めておくことも必要な選択です。

 

それだけ女性にたいして慎重かつ優しさをもって接していかなければいけません。

そのときばかりは自分の欲望を満たすのではなく、女性のための時間と思い、愛をもって接していきましょう。

そうすることにより、女性にとって最高の初えっちとなるのです。

-セックスのテクニックやアドバイス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼女に自分の事をもっとに好きにさせるセックス方法

1、女性というのはムードに弱いものです。 男性と違いSEXする際にでも、ムードに酔いしれます。 ただ、したいからといって、いきなり押し倒していたのでは、いくら恋人同士でも、女性はこのまないでしょう。 …

no image

えっちのポイント紹介!初体験と慣れてからを比較

まだ初体験を迎えていないという男女にも、これから初体験を迎える直前という男女にも、経験豊富な男女にも多少の役に立つかもしれないことを織り交ぜつつつ、体験談を語っていきたいと思います。   私 …

no image

最高のSEXを目指すための男性向けアドバイス

SEXは何を目的にその行為を行うのでしょう。 子孫繁栄のため?恋人同士の意思を確認しあうため?安らぎを求めて? それは建前です。 気持ちいいからSEXを求めるのです。 どうせやるからには最高のSEXを …

no image

男性が初エッチで心の準備を整える為に知っておくべきこと

初エッチの時って緊張しますよね。 いざ本番になってちゃんとできるか?相手を満足させられるのかなとかいろいろ考えてしまいますよね。 これから実体験も含めあれ?と思った事やそうだったのかと思った事とかを書 …

no image

えっちはたっぷりと雰囲気づくりをして、興奮し性感帯を責める

●雰囲気づくり まずは、エッチに入るまえから、二人の関係でエッチな雰囲気を作っていくことが大事です。 食事をしているときも、相手の頭や腕に触るなどして、ボディタッチを増やしていきます。 ボディタッチを …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao