性の悩み。解決法、対処法

中折れを防ぐ。楽しいSEXライフを手に入れよう

投稿日:2018年1月3日 更新日:

SEXの最中に一番あってはいけないことは中折れです。

男側としては、勃起している状態が一番感度がよく、気持ちのいい状態です。

それに、そうなりそうと感じるだけでも、そちらに気が行ってしまい、余計中折れの原因を作ってしまいます。

 

女性側にも「私のせい?私には魅力がないの?」と余計な不安を与えてしまい、本来楽しい(私はこう感じながら行為を行いますが、正しくは気持ちいいでしょうか)SEXに不安を感じるようになってしまいます。

男女の仲を確かめ合う究極の行為がうまく行かなくならないよう、中折れの原因を探り、対応していきましょう。

 

【そもそも中折れとは】

SEXの最中に勃起していたペニスが萎えてしまうことです。

端的に言えばこうなのですが、こうなるためには様々な原因があります。

年齢によるもの、その時の体調・精神状態。元々の他の病気(勃起不全とかではなく)によるものなどです。

 

この中で一番重症なのは精神状態と思います。

その時たまたま精神的に追い詰められているといった、突発的なものであればまだいいのですが、中折れを経験した人は、「今回は大丈夫か?」「中折れしたらどうしよう?」と「自分で自分を追い込んでしまいます。

これが悪循環を生み出し、行為の最中にそちらの不安が大きくなり、結局また中折れを起こすという負のループが始まってしまいます。

 

【どう対処していけばいいのか】

まずは上記以外の理由についてです。

年齢によるものはある程度は仕方ないと覚悟するしかないです。

年齢によって筋力が衰えるのは仕方ありません。

かといって、そのまま放っておくわけにもいきませんので、気休め程度ですがアドバイスを。

 

まずは、下半身を鍛えましょう。

ジムに行ってトレーニングをしてとか、そこまではする必要はないです。

ごく自然に、歩くという意識を持ってください。

近くのコンビニ、スーパーへ歩いていく。

階段を使う。

こんなちょっとの工夫でも効果はありますので実践してみてください。

あとは股関節の柔軟運動です。

歳とともに体がカチコチになってきますので、柔らかくしておきましょう。

特に股関節の柔軟性は様々な体位を楽しむ際にも必要ですので一石二鳥です。

 

次の、その時の体調や元々の他の病気に関しては、それらにかかわっているあなた自身がよくご存じかと思いますので、ここでは詳しい説明を省きます。

風邪などで高熱を出し、今にも倒れそうな人が勃起したら余計体に悪そうですし、体も今はその時じゃないと判断して、違うほうに力を注ぎます。

体力が回復してから楽しみましょう。

 

余談ですが、中折れの原因の1つとして若い人の場合、自慰行為のやりすぎがあります。

現在様々なグッズなども販売されており、自分の手などでやるよりもはるかに気持ちのよい自慰を行うことができるようになっています。

若いときはいくらでも勃起してくれますので、それこそ狂ったサルのように毎日繰り返している人もいるかもしれません。

しかし、これはとても危険です。

人間、快感になれてしまいますので、もっと強い刺激をと求めるようになり、女性の性器では物足りなくなります。

これが原因で中折れするのです。

自慰行為は大切な事とも思いますが、回数はほどほどにしたほうがよいと考えます。

それに、毎日よりも、少し日をあけて行ったほうが気持ちいいですしね。

【精神面を強くし、中折れを防ぐ】

さて、先に述べた中折れの一番危険な理由、精神的なものによるものです。

負のループに陥ってしまった方は、改善するのは相当な努力が必要かもしれません。

しかし、その原因を作っているのは自分だと自覚しましょう。

悪いとかそういうのではないです。

こう考えているから中折れするんだという事実を確認してください。

 

お勧めの対処法としては、恥ずかしいかもしれませんが、パートナーに理解してもらってください。

挿入して発射するだけがSEXではありません。

キチンと相手を愛し、体を触れ合わせ、互いに安心感を得ることが重要なのです。

パートナーに理解をしてもらい、徐々に慣らしていきましょう。

1回の行為に何時間もかけてもいいのです。

スローセックスという言葉があるくらいですから。

 

自分自身の努力も忘れてはいけません。

あらゆる方法を試してみましょう。

自慰をやり過ぎているのであれば、それを控えたり、筋力アップしてみたり、自分の妄想の世界を現実に再現してみたり。

 

ただ、精力剤を使う方法もありますが、これはあまりお勧めできません。

常時使うとなると耐性ができてしまう可能性がありますし、「これがないと勃起しない」という新たな不安を頭に埋めつけてしまうからです。

1度や2度の改善のための突破口としては利用してもいいとは思いますが。

 

【1回の成功が自信を呼び戻す。中折れからサヨナラしよう。】

中折れが続くような方の場合、1回の成功で自信を取り戻し、症状が改善されるパターンが多いです。

ですので、この1回がキモです。

行為の最中に「中折れしかけている」と感じる場面もあると思います。

そんな時はちょっと体位を変えてみるなり工夫してみてください。

単に腰を振るだけではなく、彼女の胸をつかんでみたり、覆いかぶさってみたり。

これにより新たな刺激が加わり回復することもあります。

苦労されている方も多いと思いますが、1回だけです。

1度やり切れればそのあとには楽しいSEXライフが開けてきます。

-性の悩み。解決法、対処法
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼女がセックスでイケない理由。快感を与える方法とは

■焦りは禁物 余裕を持とう せっかくの彼女とのエッチ。 でも彼女をイカせられなくて気まずい思いをしたことはないですか? 男子だけ射精したりすると余計にバツが悪いですよね。 エッチの時の彼女の不満を解消 …

no image

セックスレス、プレイ中、エッチに関する悩みの対処法

こんにちは、今回はえっちの悩みについての考察、ということで実体験をもとにえっちの悩みについてとその対処法を考えてみたいと思います。   1.えっちそのものをしたくない時 多くの女子のえっちの …

no image

中折れの原因は食事にある。勃起不全から回復する食べ物

セックスの最中に中折れが起きるようになると、男女の営みをする事自体が億劫になります。 かつてのように勃起が力強くなくて、萎えてしまう状態では男してどうなのか、と自信を無くす事にもなります。 その悩みか …

no image

セックス中の中折れの心配、これだけ守ればもう解決だ

大事なセックスの時にせっかく気分を盛り上げてきたのに、中折れ、男なら焦ってしまいますよね。 相手の女性からは、なんとなく溜息っぽいのが聞こえてきたもんにゃ、なおさらです。 勃つものも勃たず、役立たずの …

no image

妊娠中の時に夫の性欲をできる限り抑える対処法。

◾はじめに◾ 妊娠をすると、どれだけ夫とえっちをしたくても、身体の不調や具合いによっては断らなければならない時があります。 かといって、あまりにも断わり続けると、夫がそうい …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao