えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

性の悩み。解決法、対処法

セックス中の中折れの心配、これだけ守ればもう解決だ

投稿日:2018年1月3日 更新日:

大事なセックスの時にせっかく気分を盛り上げてきたのに、中折れ、男なら焦ってしまいますよね。

相手の女性からは、なんとなく溜息っぽいのが聞こえてきたもんにゃ、なおさらです。

勃つものも勃たず、役立たずの無限ループに陥ってしまいます。

男としての自信をなくす、回復するには大変な道のりが待っていそうです。

せっかくのセックスの機会、なんとか中折れしないで最後までやり遂げたい、そのための方法をこれから考えてみましょう。

 

<中折れの原因とは>

中折れするということは、最初は勃起しているのですからEDではありません。

勃つのは勃つのだけれどなんとなく弱い、血流が弱い、相手が濡れていないと挿入しにくいという状態、もう少しなんです。

ですから、中折れしたからって100%だめ男の勲章を貼られてしまうと、それこそ再起不能、EDになってしまいます。

すなわち、中折れはED予備軍なのです。

この原因は複雑ですが、疲労を含む肉体的なもの、ストレスを含む精神的なもの、そして感度を含む感覚的なものに大別されます。

 

<疲れているときには無理にしない>

肉体的な中折れ原因の代表例が疲労です。

仕事で疲労困憊、長距離運転で肉体も目も疲れている、そういう状態では、感度が落ち、精神力、体力ともに落ちています。

セックスするときは、これらを総動員しますので、中折れしやすい状態です。

ただ、唯一の例外が、俗に疲れマラと言われる状態です。

疲れが極限に達したり、風邪で寝込んで容体が重くなったときに、なぜか元気に勃起する状態です。

これは身の危険に晒されたときの本能だと言われていますが、めったにないことですので、普段の中折れ対策としては期待はできません。

ですから、疲れているときには無理にセックスをしないようにしましょう。

 

<体力をつける>

セックスの使用カロリーは30分で150~250キロカロリーと試算され、正常位で激しく腰を振れば振るほど使用カロリーは増します。

ジョギング、いや、最後の逝く時は短距離走に匹敵するかもしれません。

そのため体力に自信がない人は、最後まで持ちませんし、疲れてくると気持ちが萎えてきて、中折れに至ってしまいます。

ですから、普段から、持久力や下半身の体力をつけることが有効です。

そのためには、長時間継続できるランニングやロードバイクがおすすめです。

ランニングは膝が痛いという人は、エアロバイクでもよいでしょう。

1時間程度を継続的に運動しても、平気な体つくりができれば、セックスの時間は不安なく楽しめるはずです。

 

<気心が知れた子とする>

精神的な原因に関しては、相手がいてのセックスですので、相手との間に精神的な障害、ストレスを抱えないようにすることが大事です。

例えば、相手の子がセックスの心構えができていない中で、無理にセックスしようとすると、勃たないことがあります。

これは、相手の体が受け入れてくれないために、本人は精神的に焦ってしまうことが原因です。

ですから、セックスの相手は、できるだけ気心が知れた子とするようにして、精神的にストレスがかかりにくくすることが大事です。

自分の気持ちや立場がわかってもらえる子、つまり、妻やソープランドの姫と対戦するようにしましょう。

<どんどん開発する>

気心がわからない相手でも勃つ方法があります。

それは、これまで以上に官能的で淫らなセックスをしてどんどん気持ちを高めていく方法です。

相手がどうあろうと、エロく気持ち良いのであれば最後までできるはずです。

 

<盛り上げていく>

誰しも体力は限られています。

セックスは中距離走と同じで、途中のペース配分が大事になります。

最初飛ばしすぎると持ちませんので気持ちが萎えて中折れしやすくなります。

ですから、最初はまったりゆっくりめ、だんだん強めにして、最後に激しくピークを迎えるように盛り上げていけば、相手も自分も満足感が得られるでしょうし、途中で中折れしている暇がないはずです。

 

<自慰をしすぎない>

感覚面で中折れする原因はこれです。

自分の手加減で気持ち良くなれる自慰と、相手があるセックスでは、気持ちよさが違います。

ですから、自慰をしすぎるとセックスで逝きにくくなりますし、焦って中折れしやすくなります。

 

<やりすぎない>

感覚面の2つ目はセックスをやりすぎないことです。

セックスは1回で十分、できたのでひと安心、っていう気分でいきましょう。

2回目のセックスは疲れもありますし、どうしても感度が鈍ってしまうので、中折れしてしまう確率が高まります。

前日に自慰して当日のセックスに臨んだ場合も同様です。

当日の感度向上のため、セックス前はできるだけ溜めるようにするとよいでしょう。

 

<マイペースで>

極論です。

中折れしようがしまいが、いちいち気にせず、マイペースで突き進みましょう。

最後はここです。

一度マイペースでやりぬければ、逆に大きな自信に繋がります。

 

いかがでしたか?

疲労面、精神面、感覚面の要素で順にまとめてみました。

中折れしてくよくよしているあなた、くよくよが続くとEDになってしまいますよ。

最後はマイペースが一番です。

精神的に気を楽にして、マイペースでセックスしましょう。

そのために、心開けるパートナーが見つかるとベストです。

-性の悩み。解決法、対処法
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セックス中にペニスが萎えてしまう中折れの原因と主な対策

セックス中にペニスが萎えてしまう事は男性にとっては恥かしい事だとされていますので、中にはその後の性行為全般にまで大きく影響を及ぼすケースも見られます。 ただ、この中折れと言う物は大きく分けて二種類の原 …

no image

中折れを防ぐ。楽しいSEXライフを手に入れよう

SEXの最中に一番あってはいけないことは中折れです。 男側としては、勃起している状態が一番感度がよく、気持ちのいい状態です。 それに、そうなりそうと感じるだけでも、そちらに気が行ってしまい、余計中折れ …

no image

自分が早漏で相手を満足させられない。改善の為の対処法

悩みはズバリ、早漏な所です。 早漏と言っても人と比べてと言う訳ではないのですが、相手を満足させる前にイってしまうと言う事は、早漏なのかなと思っています。 相手を満足させて上げる事が出来ないと言うのが大 …

no image

出会いはあるのにえっちに持っていけない人の特徴と対策

男性の皆さんはえっちは好きですよね。 好みの女性がいたらエッチしたいという気持ちは少なからずあることでしょう。 しかし、出会いはあってもなかなかえっちに持っていけない方もいるのではないでしょうか。 周 …

no image

女性特有の不感症とは?原因や症状、解決法を解説します!

「不感症とは?」 不感症とは女性特有の性機能障害のことで、女性性機能障害(FSD)や冷感症と呼ばれることもあります。 一般的に、性行為に対して強い嫌悪感があったり、性交の際に強い痛みを感じたりするなど …