えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中学生初体験

童貞は友達のお姉ちゃんで中学生の頃に卒業。その後は…

投稿日:2017年12月14日 更新日:

■中学生時代の僕は

当時のTVは今ほど、規制は緩く女性の胸など平気で写っていたから、一人Hを覚えたばかりの僕はひたすら猿のように、深夜TVをおかずに抜きまくっていた。

ティッシュなんて、実家のストックを使いきっちゃうものだから、自分の手に出して、いそいそと手を洗いに洗面所に行くような毎日だった。

 

■クラスのイケメン達からはいじられキャラだった

クラスの上位カーストに所属する同級生のイケメン達は、彼女とか作り出す年頃で、Hの経験トークでばんばん盛り上がっていた。

運動も勉強も平凡以下な僕は、そんな話を聞いていて一人Hのネタで想像するような夢の世界の話だと思っていた。

 

そんなことを思いふけっていたある日、クラスのイケメンからニヤニヤしながら変な物を渡された。

それはコンドームだった。

使い道のない僕に対して戸惑っている、リアクションを見たかったのだろう、『財布にいれとけよ』と言われて財布に無理矢理突っ込まれた。

僕は、貰ったものを捨てるのは気が進まなかったし、コンドームを財布に入れるのが、大人っぽい気がして、紙で養生して財布に入れることにした。

 

■良く遊びに行った友達の家

僕の良く遊ぶ場所に終日、親が不在で、玄関を勝手に開けて入っても良い友達の家があった。

友達は兄、姉の3兄弟で、いつものように友達に会いに家に入ったら、友達は不在で当時高校2年生の姉だけが家に居た。

※この時の姉は若い頃の国生さゆりに似ていることからKさんと記載する。

そのまま帰ろうともしたが、暇だったのでKさんと談笑をした。

ジュースが飲みたいと言うので、昔ジュースを奢ってもらった貸しがあったので、120円だけ渡そうとした。

ポケットから財布を取り出した時、財布の中身を見せてという話になった。

コンドームをいれてあるが、紙で養生をしていたのでばれないと思っていた。

しかし、笑いながらバレバレと言われ養生していた紙をビリビリに破かれた。

 

■第1Rは3分フィニッシュ

そこから、会話はHの話になった、お互いの一人Hの頻度、女性ブラジャーの外し方、濡れるとはどういうことなのか、など学校のイケメン君のような話をしていたら、僕の股間が熱く硬くなっていた。

もぞもぞと股間のテントを張っている僕に、Kさんは一指し指で僕の股間をチェックしてきた。

『あれ勃起した?』

僕は顔を真っ赤にしながらただ、うなずくしか出来なかった。

『舐めてあげようか?』

この問いに関しても僕はただ、うなずくしか出来なかった。

 

家の中は僕とKさんのみ、ペロンとゴム付きズボンを降ろされた僕は、フェラをされるがままに友達の家のベッドで横になっていた。

TVの世界だけだと思っていた行為を自分でも受けることになり、『うう、、、これがフェラか、、、』と言って、友達のKさんはただ笑っていた。

そして3分も持たずにイカされてしまった。

■コンドームの付け方を教えてくれた人

ティッシュに僕のザーメンを吐き出すKさん、僕の股間はと言うとまだ熱くギンギンだった。

『せっかくだからゴム使ってみる?』

Kさんは聞いてきた、友達のKさんに射精してしまった背徳感から常に心臓はバクバクしており僕は、声は出さずに頷いた。

 

Kさんの手に引っ張られ女性の股間を初めて触ってみた。

あとあと知ったのだが、いわゆる手マンを要求されていたみたいだった。

あまり上手くなかったので結局僕の手をはねのけて、Kさんは自分で女性器をいじっていた。

コンドームはKさんが付けてくれた、僕の股間を他人が触るなんて、今までなかったことだから、介護士におむつを交換して貰ってる気分になった。

 

電気を薄暗くされて、Kさんが正常位の形となった。

『ここにいれて』とKさんが僕の股間を女性器へ誘導していった。

僕の股間がズブブブッという脳内効果音と共に

生暖かい、Kさんの女性器に挿入した。

DNAレベルで身体に刻まれているのか、自然と腰が動いた。

だけども、動かせども動かせども、不自然なリズムとなり、TVで見たようなスムーズな動きは出来なかった。

Kさんも少し吐息を漏らすが、TVで見たような喘ぎ声はしていない

 

5分ぐらい経っただろうか、大分疲れてきた。

第二ラウンドのせいもあり、僕は全然、射精そうにになかった

8分ぐらい経つと、腰は大分動かせなくなっていた。

見かねたKさんは体位を変えて、騎乗位の形になった。

少しだけ、服の上から少しだけおっぱいを触らせてくれた。

おかげで3分とも立たずに僕は射精してしまった。

 

■帰り道にふとおもう、、、。

童貞の時にHの勉強不足だった僕は、きっと落第点だったのだろう。

Kさんとは2回目に会った時にHすることことはなかった。

ちなみに友達にはこのことは一切喋っていない。

行為を終えた僕は、一日で人生史に残るレベルアップを行ったことで、

とにかく疲れた、言われるがままに従っていたので女性に軽いトラウマみたいなのも感じた。

でも、その帰り道は女性を性の対象として観察しながら、今後の人生どんな人とHが出来るんだろうかと想像を膨らませた。

その後、10年間は彼女も出来ずにHが出来ないという未来も知らずに、、、。

-中学生初体験
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生の時教室でセックスはできなかったが手コキしてもらえた

きっかけ 中学生になると、友達との会話で多くなるのは、下ネタや同級生の気になるコの話ですね。 通っていた中学校も例外ではありませんでした。 その中でも、中学校生活に慣れてきた2年生の時は、遊びも勉強も …

no image

エロ本を見ながら猥談をする女子にWフェラしてもらう

思春期の男子生徒と女子生徒 年齢は27歳で現在会社員をしています。 これは私が中学生の時に体験したエッチな話です。 中学生にもなれば、殆どの生徒が異性に興味を持ち始める時期で、とりわけ男子生徒の性欲は …

no image

中学生で初体験に至った体験談やあるある

最近は早熟傾向にあるとされている男女の関係、恋愛にもとてもオープンで小学生で彼氏・彼女がいたり、初キスまたは初えっちを済ませているということもあるようです。 私の年代では、小学生のころはまだ男子・女子 …

no image

母の再婚相手の中学生娘に勃起チンコを見せて発情セックス

離婚した母親の再婚相手には同年代の娘がいた 私の両親は自身が中学二年生の時に離婚し、一人っ子だった私は母親に引き取られました。 母親は翌年再婚し、私は新しく父親になる男性とその子供とも一緒に暮らすこと …

no image

中学生でまさかの初体験。そのお相手は同級生

「プロローグ」 私事ですが、なんと初めてえっちしたのはなんと14歳の中学2年生の時になります。 その相手は同じクラスの女子、真面目なグループに属する感じですが、それなりに顔は可愛くスポーツ部だけあって …