えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

カラオケ合コンでの出会い。年下高校生と初セックス

投稿日:2017年10月30日 更新日:

カラオケ合コンでの出逢い

当時わたしは都内の高校に通っていました。

他校の友人も多く、様々な出逢いがありました。

そんな中の1つに4対4のカラオケ(合コンに近いかもしれません。)を彼女達が家から近い様に上野で行いました。

4人とも当時高2の私より年下でしたのですが、地元の同級生女子よりも数倍垢抜けて大人らしく色気すら感じてしまいました。

 

探り合いと巡り会い

その合コンにもやはり男子と女子のヒエラルキー、上下関係、力関係のような物が存在し、ただ可愛い娘にすぐにアプローチをかける訳にも行きませんので、周りが興味のある娘、私に興味を抱いてくれそうな娘を探り探り、出過ぎず引きすぎずの探り合い、駆け引きが若いながらも繰り広げられていました。

 

駆け引きと保険

4人とも申し分なく、全員の連絡先が聞ければ最後に嬉しいのですが、そこは相手女性陣営に与える印象と、自陣男性陣営から煙たがられない様に、2番手3番手辺りのアリよりのアリとナシよりのアリな娘に上手く近づき連絡先を交換することに成功。

万が一男性陣営ヒエラルキー最下位のわたしが何か言われても大丈夫な様にシフトチェンジ出来る様に二人をチョイスした感じでした。

 

ナシよりのアリ、3番手の彼女

カラオケが終わり、お酒も呑めず、終電も気にしつつ、金銭的な体力が無かった為、カラオケ終了して少し外でダベり、終電間際に帰宅した男性陣営。

やはり2番手の娘は男性陣営でも話題に挙がり、少し手を出しにくいと考えて身を引き、3番手の娘にアプローチをかける事が私の中では本決定した電車内での思いを覚えています。

 

帰宅後、3番手の娘、かなえに連絡

カラオケから地元にもどり疲れていたわたし達はすぐに家路につきました。

帰宅途中も今日の楽しかった思い出の余韻に浸りながら自宅へ到着。(もちろん実家です。)

早速、先程聞いた連絡先に、PHSから(エッジの青w)電話をしました。

かなえはすぐに電話に出てくれましたが、まだ友達といる様でまた掛けてと言われてしまいその日は自分を慰めたあと眠りに着きました。

 

翌日のかなえとの会話

翌日夕方頃にかなえに電話をすると学校をサボり家に居たようでした。

ゆっくりと会話が出来ると思い安心しつつ、まずは優しいアピールを開始。

 

わたし「きのうは楽しかったよ、ありがとう。あのあとは無事に帰れた?」

かなえ「あのあと先輩達の呑みに付き合わされて大変だった」

わたし「だから今日は学校行ってないのか。大丈夫?」

かなえ「うん、ありがとう、優しいね。」

 

はい、優しいアピール簡単に成功です。

あとはじわじわ言葉攻め。

 

わたし「また逢いたいね。」

かなえ「いつ逢える?」

わたし「次の日曜日とかかな」

かなえ「わかった、また上野でもいいかな?」

 

この後トントン拍子に話は進み、電話だけで口説き落としに成功、そして付き合う事に。

彼女としてのかなえと上野でのXXX。

約束の日、かなえはかなえより年下の友達を数人連れてきましたが、ダブルデート的な感じでそれも面白いかと上野公園を散策。

照れ臭そうにわたしを見つめるかなえ。

わたしとは初対面だがかなえがわたしに好意を抱いている事に気づき、キチンと気を遣ってくれるかなえの友達。

わたしがあまり積極的にいかないと、かなえがわたしの手をさり気なく握る。

わたしよりも数倍大人な彼女。

その時点でわたしの、あそこは反応を見せ始めていたが、周囲には気づかれていない様子。

手を繋いだり、キスをしたり、同じ布団で女性と寝た経験はあったものの、未経験のあそこ。

どうやらかなえは経験がある様な話の内容。

これは、本日あそこが大人にさせて貰えるのではと感じた恋人つなぎでした。

 

上野公園フェーズ2、本番。

上野公園には動物園があり地元の学生は学割が効くようで、入るか入らないかの話になりましたが、わたしが学区が違う事に、気を遣ってくれた周りは動物園の前でなんとなくダベり始めました。

わたしがトイレを探していると、かなえがさり気なく案内してくれ、二人きりになりました。

やはりこの辺りがわたしより上手です。

 

その後トイレを済ませ待っていた彼女は友達の元に戻らず、動いていない遊具(小さな遊園地の様な場所)のあたりでわたしと話ながら、先程は見せなかった甘えた仕草をして見せ、キスをしようと迫って来ました。

当然拒む事なく遊具の影でキス。

同時に共鳴するあそこ。

舌を絡ませ、体を抱きしめ、何度も音をたてキスをする私たち。

次第に立っていた態勢が崩れ、寝そべる様な状態に。

遊具のある場所なので地面には防水加工が施され、体は汚れない状態でした。

 

そのままキスは激しくなり、かなえの胸に手を延ばしましたが拒む様子の無い彼女。

ここぞとばかりに舌を這わせかなえの体を愛撫。

あえぐかなえ。

とまらないわたしの指はそのままかなえの下半身に。

いっそうあえぐかなえ。

やはり経験があるらしく、かなえのあそこは素直にわたしの指を3本包み込みました。

途中、かなえの友達が探しに来ましたが身を隠しながらキスを続ける二人。

そのまま指からあそこが、かなえの中に入るまでに時間はかからず、生のあそこを受け入れてくれたかなえの腹部に発射。

5分と持たなかったのを今でも忘れない淡い記憶です。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生時代。早く初体験を迎えたかった

私は高校生で初めてエッチを体験しました。 それまではエッチまでいきつくことがなく、自分の体にも自信がなかったので踏み込めずにいました。 自分から誘うこともできませんでしたし、ただ相手からの誘いを待って …

no image

予備校の受付嬢は、Hが始まると淫乱になり…

■予備校の受付嬢と… 受験シーズンになってきたので、僕は他の受験生と同じように予備校に通って受験勉強をしていました。 予備校には当然のことながら、同じ学校の同級生たちも通学していたので、休み時間になる …

no image

高校生の時の初体験は先っぽだけ。感想は『痛い』ですね

初めての体験は、学校がえり制服のまま。 当時16歳の高校生だった私の実家の自分の部屋でおきました。 いつものように部屋に遊びにきていた当時の彼氏(同級生)と、自然な流れでそうなりました。 まだ生理がは …

no image

妄想壁のある高校3年生。初体験は刺激的で恥ずかしい行為連発。

今でもたまに、高校生の時の初エッチの事を思い出すことがあります。 思えばあの頃はまた身体も心もとっても未熟で、それでいて、常に妄想壁もあって、早く大人の世界へ仲間入りをしたいと思っていました。 しかし …

no image

高校生の先輩のおまんこがキツすぎて中出し寸前だった体験談

・お姉ちゃん的な存在 高校生の時に初めてセックスを経験しました。 相手は、同じ学校に通っていた1つ上の先輩で、保育園に通っていたころから仲良くさせてもらっています。 親同士も仲が良くて、一緒に旅行に行 …