えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

高校生の初セックスは未遂の連続とアクシデントの後

投稿日:2017年10月30日 更新日:

中学の彼女

僕の初えっちは高校生の二年生の時でした。

中学の頃からしたいしたいと思いつつ、なかなかチャンスが巡ってこなくて結局そうなってしまいました。

でもそれも悪戦苦闘の末、そう簡単にチェリーボーイ卒業とはいかなくて、結構遠回りしたのが記憶に残っています。

中学の頃から部活で目立ったりしていたのでいつも女の子とはデートするチャンスもあったんですが、何せ結構な田舎町で実家ですから親の目を盗むのは難しい、付き合ってた一つ年下の彼女とも結局キスどまりで終わってしまいました。

 

中学を卒業後遠く離れた高校に進学、通えないので下宿生活を始めます。

親と離れればしめたもの、でも彼女はまだ中学生ですから呼ぶことができませんでした。

一応彼女も同じ高校に進学希望は出ていたので一年の我慢、そんな予定だったのですが、さすがに思春期いろんな誘惑が待っていました。

 

部活のマネージャー

高校ではバレー部に入部、そこで出会ったのが先輩マネージャーのT子さん、スタイルが良くていかにもお姉様的な色気があっていつのまにか憧れてました。

好きかどうかではなくて性的な対象としての憧れだったかもしれませんね。

優しいけどたまにからかわれたりして、また噂じゃ結構男好きなんてことも耳に入ってきたりして、ついつい下宿の自分の部屋で一人えっちのおかずにしたりしていました。

 

ある日忘れ物をして部室に取りに帰るとT子さんが一人で掃除をしてました。

手伝ってあげるとお礼だと言って帰りに喫茶店で奢ってくれたんですが、面と向かって話したことなんてほとんどなかったので僕は緊張しまくりです。

突然「彼女いるの?」と聞かれ正直に言うと

「じゃあ彼女高校に受かるまでできないね(笑)」

えっちしたいのを見透かされてるみたいで恥ずかしかったですね。

そしてなぜかそのまま僕の下宿にT子さんが遊びに来てくれたんですが、そこで初えっちと思いきやこれが未遂に終わります。

 

頭の中ではもうほとんどT子さんの裸を想像してるぐらい興奮してたんですが、急に地元の彼女のことが浮かんで来てどうしていいかわからなくなったんですね。

このままやっちゃってもいいと思う自分といけないと思う自分、今思えばせっかくのチャンスで相手は経験豊富な先輩マネージャー、しかも何度もオナネタにしてた憧れの人です。

戸惑う僕の気持ちがT子さんに悟られて結局断念、別に叱られはしなかったですがやっぱり子供ねみたいに思っただろうなあとしばらく落ち込みましたね。

 

高二になって

そんなチャンスがいくつかあって高一生活が終わってしまいました。

初えっちはことごとく未遂、どうしても彼女じゃないといけない気がしてたまだすれていない時代でした。

今じゃ誰とでもできるもんならしちゃいますけど、まだ免疫がなかったんですね。

そうしてめでたく彼女が高校入学、当然彼女も下宿生活ですから親の目も気にしなくていいし、夜遅くにでも誰にも邪魔されずに会うことができます。

初めてえっちは僕の部屋でした。

夜彼女が遊びに来てそのまま泊まることに。

でもお互い初えっち、いろんな情報は悪友や雑誌のネタで頭にありましたしAVも観たことはありましたが、いざとなると頭の中は真っ白。

キスまではなんとかクリア、しかし問題はその先です。

下手だと思われないように平静を装ったところで実際やったことがないんですし、彼女も初めてだから目を閉じたままほとんどマグロ状態です。

服を脱がす手も震えるぐらい緊張、おっぱいなんて初めて触るからもうパニックです。

なんとか二人とも裸の状態になって、お互い恥ずかしいから布団に潜るようにして抱き合っていました。

 

難関はコンドーム

しばらくして初挿入、というところまでこぎ着けました。

恥ずかしいから部屋の明かりも結構暗め、その中で彼女の足元に座り込んでコンドームをつけようとします。

でも焦ってなかなかうまく着用できません。

コンドームがうまくめくれてくれないんですね。

彼女を待たせてるのが余計にプレッシャーになって襲いかかって来ます。

結構長く感じました。

多分2〜3分は手こずってたんじゃないでしょうか。

何度も挑戦してダメで、でもずっと先っぽを刺激し続けてたもんですからなんとそこで射精してしまったんですね。

まさかの自爆です。

 

あまりのショックに吹き出る汗、彼女がそれを見て「どうかしたの?なんかすごい汗」

隠したもののもう射精しちゃってるんですからシーツの脇は精子で汚れた状態です。

こっそり拭き取りましたが「なんか気分悪くてさ、今日はやめとくか」と言い訳してその日はやっぱり未遂に終わりました。

今考えると笑える話ですが、まあ焦りました。

相手が先輩だったらどうなってたんでしょうね。

もしかしたら逆にリードしてくれたのかななんて思ったりしました。

 

初めて成功

大失敗の翌日、今度は多少の段取りの悪さはあったものの無事に結ばれました。

彼女はとても痛がっていて心配になりましたが、正直言うとやっとできた達成感の方が嬉しかったですね。

その時思いました。

前日失敗したのはコンドームを裏返しで着けようとしてたことが原因だったようです。

それじゃあ着けられないはずですね。

あまりの焦りに起こったアクシデントでした。

 

実は成功した夜のことよりもその前日の失敗の方が記憶に鮮明に残っていて、セックスの良さってあまり感じなかったんですね。

気持ちいいから勃起してたとかじゃなくて、ただ思春期で元気が良すぎただけのことなんじゃないかなと。

だから彼女と結ばれてる間もそんなに快感を感じる余裕がなくて、早く終わんないかなあとだけ思ってた気がします。

きっと彼女もそう思ってただろうなあ、でも懐かしい思い出ですね。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校一年生の文化祭の打ち上げ。積極的な同級生と初体験

「初エッチへのきっかけの出来事」 僕の高校生のときに初エッチをした時のことを書いていきます。 それは高校に入学して半年ほど経ったときでした。 クラスの人たちにも慣れてきて、それなりに信用できる友達もで …

no image

私の人生初のエッチの相手は大好きで憧れていた先輩とでした。

☆憧れが強すぎて近づけない存在の人。 私は高校1年の頃からすごく憧れていて、大好きになった先輩はいました。 いわいるやんちゃ系の先輩は私の憧れでもありましたが、みんなの憧れでもありました。 私もみんな …

no image

従姉と夜な夜な密かに続けた秘密のセックスごっこ

30歳の男です。高校生の時の実体験を書きます。 僕が高校に入学したと同時に、僕の家に、従姉の香織さんが住むようになりました。 僕の父の姉の娘である香織さんは、国立の女子大では最難関と言われるところに合 …

no image

高校生で初セックス、相手はまさかの学校の先生

「出会いから」 私の童貞が卒業されたのは高校一年生、田舎だったこと時代が時代だったこともあり仲間の中ではかなり早い方でした。 しかしそのうれしい童貞卒業の話も、周りの友人に伝えることができない体験でず …

no image

友達のいない僕の初体験は高校の修学旅行にバスガイドさんと

■高校時代の修学旅行で… 高校時代の修学旅行はバスでの移動でした。 彼女もいなかったので、バスでの長旅は相当身体に応えました。 新幹線で移動すれば楽なのに、と思いながらスケジュール通り時間が過ぎていま …