えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

中学生初体験

中学生で初体験に至った体験談やあるある

投稿日:2017年10月28日 更新日:

最近は早熟傾向にあるとされている男女の関係、恋愛にもとてもオープンで小学生で彼氏・彼女がいたり、初キスまたは初えっちを済ませているということもあるようです。

私の年代では、小学生のころはまだ男子・女子の関係で話すことすらままならない状況、にわかに信じがたい話ですがそれが紛れもない真実だったりするのです。

 

「初えっちあるある」

そこで男性の初えっちでよくあるとされることを紹介してみたいと思います。

誰もが通ってきた道でもあるので楽しみながらご覧ください。

 

まず好きな女の子と念願かなって結ばれるということはとても素晴らしいことで最高の瞬間、と思いきや意外とそうでもなかったということです。

やはり男性にとってはえっちな妄想を常に繰り広げている中で果てない理想を追い求めています。

しかしその理想はあくまで自分自身の中で思い描いているだけに過ぎないということ、実体験には相手もいるということに気づかされるのです。

もちろん気持ちよく興奮もする、しかし相手を気遣いながらというのは意外と面倒くさく感じてしまい結果的に思っていたほどでもないかなという感情が芽生えてくるようです。

現実的な感情として失礼な話ですがオナニーの方が気持ちよかったというケースも少なくないとされています。

ある意味大人の階段といったところでしょうか。

男女間には体の相性があるということの一歩目でもあります。

 

「あるあるその2小ネタ集」

そしてあるあるはたくさん存在しています。

例えば挿れる場所がわからない、挿れ方がわからないということです。

エロ本やアダルトDVDなどで予習していたとしてもモザイクによって肝心な部分が不明確に、確かにモザイク処理も技術が高くなっていますがそれは一部のメーカーで採用されている技術、多くは広範囲にカバーされています。

そのためいざという時に「違う違う、そっちじゃない」なんて好きな女の子に言われてしまうと、男のメンツは丸つぶれ格好もつかなくなってしまいます。

特に彼女の方は経験者である場合などは穴があったら入りたくなるほどの恥ずかしい場面にもなり得ます(その穴じゃないのであしからず)。

そして入れ方にも意外とコツがあって、初めての場合は手こずってしまうことも多いようです。

微妙なその場所や角度を間違ってしまうと入れづらくなってしまうことをそこで学ぶことになります。

 

そしてDVDの中では女の子がいい声出しているのに、現実では意外とそうでもないということです。

快感への身の置き方は人それぞれという面もありますが、DVDなどは作品、演出の一環としてああいったアプローチをとっているのです。

したがってその子に出演している女優さんもプライベートでは意外と普通の反応だったりします。

ハメ撮り作品などリアリティを追求した作品をみればそれはあきらかです。

声を出さないなどに不満を持たず、理解してあげるのも男子の優しさ、女の子も初めての場合は恥ずかしさやテレがあるのです。

「こんなこともある」

あと彼女をガッカリさせてしまうケースにも触れておくことにしましょう。

こちらもDVDの見過ぎと捉えられがちでAV男優のような責めを行ってしまうということです。

あれは熟練した男優だからこそできるものであり先述しましたが魅せるためのショーでもあるので、いわゆるプロの技術というやつです。

素人がいきなりできるものではないので、彼女に痛い思いをさせていることに気づいてください。

丁寧さを心がけるのが何よりも初えっちらしくかわい気があります。

若葉マークを付けたドライバーのような運転がいいのです。

そして黙って果ててしまうのも思わしくない部分です。

その瞬間のタイミングが掴みづらいというのが要因ですが、その後の彼女が物足りなさを感じてしまい腰を動かすのは少しばかり切なさを感じさせられます。

 

「念願の中学生での初えっち」

イマドキの中学生の初えっちの相手として年上女性からの手ほどきが多そうに見えますが、逆のパターンも存在しています。

それは小学生の女子との体験を済ませるというものです。

塾などで知り合って仲良くなったり、同じ小学校に通っており前からちょっと意識し合っていたという流れで発展しています。

初えっちの場所として選ぶのは中学生らしく可愛らしいもので、神社の裏や山の中、小学校に忍び込んで保健室や職員室でというものがあります。

ラブホテルなどには中々入りづらいものがあるので、こういった身近にある場所で周囲の目が届かないところを選ぶのでしょう。

時間帯は昼から夕方というのが一般的で、知識不足なのかコンドーム不携帯なんてこともよく聞かれています。

 

「感想」

私は初体験が遅かったため、中学生で体験できるというのはとてもうらやましく思いますが、ありがたみを感じなくなってしまうのではと少し不安も残ります。

あと素晴らしい行為なので嫌な思いをしないためにも、知識を身につけ責任ある行動で楽しんでもらいたいものです。

-中学生初体験
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

陸上部の後輩中学生のえろいパンツが丸見えで興奮した勢いでセックス

■陸上部で… 中学時代は陸上部に所属していました。 長距離選手として、それなりに頑張ってきました。 3年生になり、女性にも人並みに興味があったものの、交際をしたことはありませんでした。   …

no image

【中学生】一度も話したことのない憧れの先輩と初えっち

私は中学校1年生の時に憧れていたバレー部の先輩がいました。 私の中学校は全国大会に出場するほどの名門の中学校でした。 そんな憧れの先輩は、高橋先輩(仮名)という二つ上の先輩でした。 中学校一年生の11 …

no image

成績トップの彼女はAVで勉強。中学生時代の初体験

■成績トップの医者の娘の家で… 中学時代に仲が良かった、同級生の女性の家に行きました。 女性の家は、医者一族で、皆優秀で、彼女も成績は学年で不動のトップで、美人で性格もよく非の打ちどころのない方でした …

no image

20歳家庭教師のお姉さんと初エッチした中学生の夏休み

中学三年生の僕 これから私が初めてエッチをした中学生のころのことを書きます。 中学三年生の夏休みのことです。 学校のクラブ活動もほぼ終わった受験生の僕たちはひたすら勉強に励まなければなりませんでした。 …

no image

中学生の時の初エッチはゲーセンでお姉さんに声をかけられて

私立の中学生に行っていた僕は、電車通学だった。 いつも始業の20分前ぐらいに登校していて、たとえ電車を2本乗り過ごしたとしても遅刻しない計算だった。 でもその日はおなかが痛くなってしまい、途中の駅で降 …