えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

初めての野外プレイ(カーセックス)は刺激の連続!

投稿日:2017年10月23日 更新日:

・マニュアル通りの面白みのないセックス

今まで5人の女性と付き合ってきましたが、全員からフラれました。

まあ、色々と原因はあると思うのですが、そのうちの一つとして体の相性が合わない、というのが挙げられます。

と言いますのも、5人全員から次のような事を言われたからです。「あなたとのセックスは面白くない」。

ガーン・・・。

一応自分としては、頑張っているつもりでしたし、なんなら、皆満足している者とばかりに思っていたんですけどね・・。

どうやら、私の勝手な思い込みだったようです。

だって、行為の最中には皆、いい感じで声を出してくれていたんですよ。

それなのに・・。あれは全て演技だったというのでしょうか。

くっそー、ピュアな男子の心を粉々に粉砕しやがってぇ~。

これが原因で、ちょっとばかし女性不振に陥ったほどです。

 

・6人目の彼女

とはいえ、男に生まれてきた以上、女性を求めてしまうのは仕方のないこと。

性懲りもなく、また新たな女性を求めて合コンに出かけたり、ナンパをしたり、はたまた出会い系サイトをしてみたり・・。

数々の手段を用いて女性と出会ってきたのでした。

ちなみに、この間であった女性は皆一夜限りの関係でした。

 

そんななか、友達の紹介がきっかけで新しい彼女が出来た私。

これで通算6人目の彼女という事になるのですが、今までの経験からいくと、夜の営みにも力を入れなければなりません。

なんというか、自分よがりなセックスに終始してしまっては絶対にダメなのです。

単純にテクニックを磨かなければなりませんし、相手を喜ばすような演出にも目を向けなければなりません。

時にはアダルティなおもちゃを使うのもいいでしょう。

いずれにしましても、これまでのように、マニュアル通りの幼稚なセックスをしていては、同じことの繰り返しです。

というわけで、今回は一発目からかましてみました。

・初めての夜はお外で♡

具体的には付き合い始めた最初の夜、ホテルや自宅ではなく、外で重なることになったのです。

性に関して超の付く真面目な私からすると、これは本当に刺激的で、通行人にばれやしないだろうかと気が気でありませんでした。

とはいえ、正真正銘、外でやっていたわけではありませんよ。

これはあまりにもハードルが高いですし、もしかすると、何か妙な事件に発展してしまうかもしれません。

例えば、ヤンキーに絡まれたり。

 

そこで、いわゆるカーセックスに興じることにしたのです。

ですが、このカーセックス、意外と周りから丸見えで、気を付けなければ我々の情事を赤の他人に見られてしまうことになります。

なので、周りには注意を払いつつ慎重に行為を続けていくのですが・・。

周りの目を気にしながらのセックスは(肉体的にも精神的にも)本当に疲れますし、それに加えて車の中というとてつもないバッドコンディションが、さらにハードルを高めます。

腰を動かそうにも上手く動けませんし、かと言って相手に動いてもらおうとすると、上手く快感に結びつけることが出来ません。

うーん、これはどうしたものか・・。

 

・彼女の新たな一面を垣間見る

このままでは、いつまで経ってもフィニッシュにたどり着けそうになかったので、作戦を変更してみることにしました。

具体的には、彼女に口と手を使って、十分にウォームアップをしてもらったのです。

先ほどは半ば強引に、焦りの感情の中すぐに重なってしまいましたからね。

ウォームアップなど全くしていなかったのです。

が、今回は事前に快感を十分に与えてあるので、いつ果ててもおかしくない状況です。

 

結局、次は重なった後、3分ほどですぐに果ててしまいました。

とまあこのように、紆余曲折あってなんとかフィニッシュに至れたわけですが・・。

お互い知恵を絞って、なおかつ協力しながらフィニッシュに至った分、何とも言えない絆が芽生えたんですよね。

彼女の健気に奉仕してくれる姿は正に天使といった感じで、心の底から好きになってしまいました。

また、彼女の方は彼女の方で、喜んでくれる私のリアクションが凄く嬉しかったそうで、とてもやりがいを感じたとの事でした。

ちなみに、彼女は3人兄妹の一番上で、なおかつ保育士として働いています。

要は、めちゃくちゃ奉仕やサービス精神旺盛な女性なわけでして・・。

ちょっと大げさかもしれませんが、自分を犠牲にしてでも、周りの人たちを喜ばせたいという気持ちに満ち溢れたパーソナリティが培われているのです。

 

よって、今回のカーセックスのように、割とハードルの高いセックスでも相手のためなら快く応じてくれるわけなんですねえ。

もともとは、彼女を飽きさせないために、また、今までの失敗を繰り返さないために、カーセックスという刺激的なセックスを導入したのですが、これのおかげで彼女の新たな一面を垣間見ることが出来ました。

どうやら、もっと刺激的なセックスを導入しても大丈夫そうなので、今後はネットで色んなプレイを検索しつつ、さらにハードルの高いセックスに挑戦してみたいと思います。

-えっちな体験談
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

若気の至りでバイト先の店長と中出しセックス。不倫関係に…

【バイト先の店長に憧れて…】 私が大学1回生、19歳の時の話です。 学費の足しにするため、授業のない時間はファミレスのアルバイトに力を入れていました。 特に深夜は時給が良いので、閉店作業のシフトにも率 …

no image

夏祭りでナンパしてきた浴衣女子たちとカーセックスで…

■夏祭りに行くと… 近所の神社で夏まつりが行われました。 社会人3年目の25歳のころのことでした。 暑い日で、浴衣を着て友人と神社の中を歩き回り、出店で飲食していました。 座って食べていたのですが、僕 …

no image

クラブでナンパした外国人との衝撃的なエッチ

1.クラブでのナンパ計画 大学時代の友人と、名古屋の栄にあるクラブで女の子をナンパしようという話になり、私を含めて3人で遊びに行った時の話です。 まずは勢いをつけるため、1件目は居酒屋でお酒を飲み、夜 …

no image

オナニーか兄にバレた!無理矢理レイプ、近親相姦の始まり。

【性的なことに幼いころから興味がりました】 私は30歳の独身女性です。 現在は地元の老人ホームで介護士として勤務しています。 私は昔から冴えない存在でした。 視力が悪く小学校から瓶底メガネをかけていま …

no image

エッチの時に男が引く原因とは。会社の同僚と飲みに行ってエッチ

・よく話をしていた同期の女の子と飲み会。 40歳の会社員です。 玩具を作っているメーカーに勤めています。 私は営業をしているのですが、現場や顧客の意見をマーケティングにフィードバックするのも仕事のうち …