えっちな体験談

ホームパーティの日に妻の友達とセフレになった話

投稿日:2017年10月19日 更新日:

1.妻の友達

妻が自宅のマンションでホームパーティをすることになりました。

妻の大学時代の友達が近くの街に引っ越してくるということで、妻がウェルカムパーティを企画したのです。

日曜日の午前中、私は妻へのサービスのつもりで、近所のスーパーにスパークリングワインやビール、食材の買い出しに付き合いました。

 

家に戻りテーブルをセッティングします。

後はお客さんが来るのを待つだけとなったので、私は自分の書斎に戻りました。

私は人見知りをするタイプなのでパーティが苦手です。

参加をせずに、部屋で映画などを観ながら過ごすことを決めました。

 

時間が来てパーティが始まると、スマホに「ちょっと来て」と妻からのメッセージが届きました。

私はパーティが行われているリビングへ顔を出すと挨拶をしました。

そして部屋に戻ろうとすると、妻に呼び止められました。

「ちょっとお願いしてもいい」と妻は言います。

主役の引っ越してきた友達が、用事があって遅れて最寄駅に到着したというのです。

「私達、お酒飲んじゃったから」と妻は言います。

私は、「はい」と素直に言って、車を駅に向かわせました。

 

駅に着くときれいな女性が立っていました。

「こんなきれいな女性、この街では見かけないな」と思って彼女を見ていると、彼女も私を見ています。

「旦那さんですか?」と彼女は言いました。

 

2. 男好きする肉体

こんなにきれいな女友達がいるなんて思わなかった…私はドキドキを抑えながら、彼女を助手席に迎えました。

本当にきれいな女性で、スタイルも抜群です。

何より透き通るような白い肌が魅力的でした。

「どんな胸の形なんだろう」私はブラウス越しにうっすら浮き上がる、彼女の乳房の形まで想像してしまいました。

男好きをする体と言いますが、彼女の身体はまさしくそうでした。

先ほどまでのんびりと日曜の午後を過ごすはずだったのに、今では妻の彼女の身体に夢中です。

車を走らせると、彼女と密室にふたりだけということに気付き、異様に興奮してしまいました。

どこか人気のない所に車を走らせて、そして強引に押し倒せば…無意識にそんなことまで考えてしまうほどでした。

普通に車を走らせれば5分でマンションに着く距離ですが、興奮しすぎている私は、まともに車を走らせる自信がありませんでした。

そこでコンビニの前で車を止めて「タバコを買ってきます」と言って、車を出ました。

3. 社内での恍惚の瞬間

コンビニに入ると「落ち着け」「妻の友達だ」と自分に言い聞かせました。

このままでは彼女を襲ってしまいそうです。

もちろんそんなことは許されるはずがありません。

 

タバコを買って車に戻ると「大丈夫ですか…」と彼女が言いました。

「あ、はい…」と私が言うと、「本当ですか?」と彼女は視線を落としました。

視線は私の股間に伸びています。

私の股間は、これ以上ないくらい大きく勃起していたのです。

彼女は「このまま車を運転すると危ないですね」と言い、股間に手を伸ばしました。

私が驚くと、「前を向いて何事もないような顔をしてください」と小さな声で言いました。

彼女も姿勢を正して、前を向いています。

しかし彼女の左手だけは、独立した生き物のように動いています。

 

ベルトを外し、パンツの間に手を滑り込ませ、そして直に私のあそこをにぎりました。

「あっ」私はつい呻きました。

「大丈夫です。誰にも内緒にします」と彼女は言って、手を前後左右に動かします。

私は彼女の手に包まれながら、ついに発射してしまいました。

 

4.体を求め合うふたり

私はティッシュで簡単にあそこをきれいにし、ベルトをしました。

「さっき会ったばかりなのに、不思議ですね」と彼女は私に微笑みながら言いました。

「本当です…」私は申し訳なさそうに言いました。

「ごめんなさい」私は勃起したことと、手コキをさせてしまったことを謝りました。

すると彼女は「いいんです。私もこんなこと普段は絶対しないのに…」と言って、「ごめんなさい」と謝りました。

おたがいに謝っているのがおかしくなり、ふたりで笑いました。

そして、彼女は「私はまだ、最寄駅に着いていないことにしましょう」と言いました。

「みんな酔っぱらってるから、1時間くらい遅れても平気です」と続けて言いました。

 

そして近くのラブホテルに行きました。

最初に駅で見た時に想像した通り、彼女は素晴らしいボディの持ち主でした。

シャワールームで、ベッドの上で、そしてもう満足したはずなのに、帰り際にもう一度肉体関係を持ちました。

それでもまだまだ、満足できない自分がいました。

結局2時間ほど遅れてマンションに着きました。

すぐに彼女はパーティに溶け込んで、何事もなかったように楽しく過ごしていました。

 

5.関係は続く

パーティの日からずっと、彼女との肉体関係は続きました。

彼女の部屋やラブホテルで、ことあるごとに彼女を抱きました。

彼女に彼氏ができても彼女がその男性と結婚をしても、二人の肉体関係は続きました。

-えっちな体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大学生が飲んだ勢いで王様ゲーム。友達の前で潮吹き絶頂

これは、私(あい)が20歳になったばかりの時の話です。 とある日、友達3人(ゆか、なるみ、ひかり)と私の家でたこ焼きパーティーをしようという話になっていました。 材料をかって家に帰って準備をしていると …

no image

高校生の生徒にキスをしてフェラまでしてもらった

私は大学を卒業してからずっと学習塾で地歴公民のアルバイトをしています。 教える対象となるのは高校3年生がほとんどです。 卒業するとすぐに彼女たちは大学生になるので、一緒に食事に行ったりすることはできる …

no image

従妹のパンツを見てムラムラしたからオナニーをしていたら…

従妹の由美子 私は現在20歳の男性で神奈川県在住の大学生です。 名前は春樹と言います。 私には、二つ年下の由美子という従妹が居ます。 一人っ子の由美子とは家が隣で、幼いころよく一緒に遊んでいましたが、 …

no image

7歳下の同僚(処女)と肉体関係になった不倫の話

15年前の話になりますが、私は妻子がいながら、一度だけ不倫をしたことがあります。 その時の話をここで書いてみたいと思います。   私は大学を卒業してからずっと学習塾講師として国語を教えている …

no image

お風呂で中学生の私のおっぱいとまんこを執拗に責めた叔父

・叔父と私 私が中学生だった頃、学校帰りに急な大雨に降られたことがありました。 傘もなく、鞄の中身までびしょ濡れになりそうな酷さで、とても家まで帰りつけないと思った私はちょうど近くにあった叔父の家に寄 …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao