えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

出会い系

出会い系サイトで知り合った未亡人とのセックス

投稿日:2017年10月5日 更新日:

・性を求めること

男性だけでなく、女性でも性の開放や快楽を求めることは、決して恥ずかしいことではありません。

人である以上、精神的にも肉体的にも、そんな欲求が高まってくることがあります。

私もそのような人達の中の1人ですが、本当に性について、積極的に求めている女性と知り合ったことがありました。

 

・未亡人の女性

その人は、年齢が30歳になったばかりの女性だったのですが、既にパートナーを亡くされた未亡人でした。

まるで、テレビドラマに出てくる悲劇のヒロインのような人です。

スタイルは抜群で、モデルになってもおかしくはないと言えるくらいの女性。

ルックスだけでなく性格も穏やかな人で、まるで夜の相手を探している人とは想像も付かないくらいです。

 

・出会ったきっかけは

私が知り合ったきっかけは、出会い系サイトです。

自分自身が精力的で、処世の肌を時々、求めてしまう癖がありました。

既婚者ではあるものの、刺激的でアバンチュールな夜の出会いを求めていたのです。

ただ、日頃は仕事で地方出張の多い自分なので、自宅にいるのは、月の中で1/3程度です。

こんな生活だと自然と家族との距離感も生まれてきて、孤独感に苛まれることが多くなっていきました。

そんなこともあってか、地方に行った時に、時々、出会い系サイトで一夜の恋をに耽ることもあったのです。

 

しかし、しばらくは仕事が忙しくて、宿泊しているビジネスホテルで、睡眠を取ることで精一杯の時期が続いていました。

心身ともに疲れ果てていて、早目にホテルに戻り眠ったつもりでも、頭の中が冴えていて、ぐっすりと眠ることができない日々が続いたのです。

ふと、そんな時に誰かの胸に顔を埋めて、目を閉じたいという気持ちも出てきたこともあります。

そんな時に知り合ったのが、彼女でした。



 

・出張の時の出会い

私が福岡に仕事で行った時のことです。

この時は、久しぶりに現地での仕事が早く終わり、支店のSEと軽く夕食を済ませて、ホテルでゆっくりとしたいと思っていました。

「せっかくの博多の夜を楽しんだら?」と同僚から言われたのですが、「いや、今日は大人しくホテルに戻ってゆっくりするよ。」と言いました。

 

そして、ホテルに戻ったのですが、シャワーを浴びて椅子に腰掛けてテレビを見ていながら、ゆっくりしていたのですが、ふと同僚の言葉を思い出してしまい、再び男の気持ちが再燃してきたのです。

とは言っても、一旦、ホテルに戻り、外の風俗店に行こうとも思いません。

そんな時に久しぶりに出会い系サイトを使いました。

 

いつも眺める掲示版を福岡に切り替えて見ていたのですが、博多の女性の人がいかに積極的なことか。

刺激的なワンナイトラブを望む女性ばかりのだったのです。

その中でも、目に止まったコメントがありました。

「訳ありでずっと1人ぼっちの私。」

ただそれだけの書き込みでした。

“訳あり”という言葉は、とても怖い反面、強く知りたい衝動にもかられてしまうのです。

 

そして、思わずメッセージを送るのです。

「ずっと1人とおっしゃってますが、どうしました?」

挨拶抜きのストレートなメッセージだったので送った後に反省をしたのですが、程なくして返事が来たのです。

「実は主人がいなくなってから、1人なんです。寂しい夜はもう嫌なんです。」

そんな言葉に心を動かされたと言うと、嘘のように感じるかもしれませんが、何故か心が引き締められるように痛くなって、また返事をしたのです。

 

・そして出会った

「もし良ければ、僕が代わりになれますか?」

「本当にありがとう。今、どこにいらっしゃいますか?すぐにでも会いたいです。」

この時は、博多駅の近くのホテルに泊まっていたのですが、彼女も駅近くのマンションに住んでいるようで、徒歩10分足らずで、ここまで来ると言うのでした。

まだ、時間は夜の9時を回った所で、決して遅くはない時間帯。

ただ、出会い系サイトでの会話なので、何処かで待ち合わせをしたのです。

 

駅前のコンビニが待ち合わせ場所になりました。

不思議なもので、顔を見たこともないのに、すぐにお互いが分かるのです。

この時は、さすがに初めての出会いだったので、かしこまった挨拶になりましたが、本人の希望もあって、ホテルにバック。

 

部屋に戻り、しばらくはゆっくりとお互いの自己紹介からのおしゃべりです。

この時に彼女の詳しいいきさつを聞いて、未亡人だということが分かったのです。

とてもおしとやかな雰囲気を持っていても、やはり人なのです。

誰かに強く抱きしめられたいという気持ちは強い人でした。

 

部屋に戻ってから一時間後には、ベッドの中で、熱い愛を交したのです。

その時の彼女は狂おしい程に切なく、そして可愛く愛おしく感じました。

誰かに支えられることを望んでいるからのように。

未亡人なために、こんな人を相手にするのは、どこか背徳感が強くなるのですが、何故か性の虜になる前に守ってあげたいという気持ちにもなるのでした。

 

それからかなり長く愛の時間が過ぎましたが、朝方、お別れした後にLINEを交換。

今でも2ヶ月に一度は福岡に行くので、彼女とのデートは予定にきっちりとスケジューリングされています。



-出会い系
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

マニアックな競泳水着プレイで背徳的なセックスを体験

・出会い系を始めたきっかけ 私が出会い系を始めたのは、20歳を迎えてすぐの頃でした。 最初は「ちょっと覗いてみたい」という好奇心に負け、試しに登録したんです。 実際にサイトで人と会ってどうのこうのなん …

no image

出張先での人妻との熱いセックス。関係はこれから先も…

数年前の思い出です。 当時は、営業の仕事で地方に出張によく行っていました。 特に北海道や東北を中心に出かけることが多く、札幌には、月2回は出かけていました。 もちろん宿泊の出張です。 1回行くと、たい …

no image

旦那さんの依頼で可愛い系の奥さんを寝取った体験談

1.今回の体験について 今回出会い系サイトを利用して経験したのは、旦那さん公認でその奥さんを抱くという「寝取りプレイ」でした。 初めての体験で戸惑いも多かったのですが、実際に行為をしてみると今まで経験 …

no image

出会い系のイメージ写真とは違う人。それでも好きで告白

最近では、恋活アプリがとても盛んで、登録している人もたくさんいますよね。 そこで、私が彼と直接会った時の事をご紹介したいと思います。   ・始まりは一目惚れ 私が恋活アプリを使い始めたのは、 …

no image

出会い系サイトで見つけた趣味友とセフレ関係へ

出会い系で趣味友達を見つける 趣味がスキーでココ長野県では会社の知り合いと一緒に行くことがほとんどでした。 出身が関東なので、友人知人と長野県内でスキーをするのは年に1回か2回。 週末ちょっと滑りに行 …