えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

出会い系

40代既婚の平凡なサラリーマンが出会い系で出会えるまで

投稿日:2017年9月28日 更新日:

日常の生活に出会いなんてころがっていない

私は都内に住む40代の既婚の会社員男性です。

結婚して10年以上で子どもも2人いて、自分でもいうのもなんですが本当に日本の平均的な男性という感じです。

しかし、妻とはすでに下の子が産まれてからすぐに寝室も別になりましたし、通常でも会話は挨拶のみという完全に家庭内別居の状態です。

なんども離婚ということを考えましたが子どものことを考えると踏み切ることができませんでした。

 

しかし、夫婦生活もまったく無いのが続くと、自分の中でもモヤモヤとした気持ちに埋め尽くさててしまいます。

そんな気持ちを解消するために何度かは風俗にもいきましたが、あのいかにも仕事という感じで接客されてしまうと、当たり前と思いつつも寂しい気分になってしまい、自然と足も遠のいてひたすら自家発電の日々でした。

当然日常の生活で女性との出会いなどなく、このまま誰とも出会わずに老いていくんだろうというのが正直な気持ちでした。

 

出会い系サイトは誰でも出会うことができる?

そんなときに会社の後輩が出会い系でたくさんの女性に出会っているという話を耳にしました。

確かに彼は独身ですがイケメンというわけでもないのに、出会い系でたくさんの女性に出会えるというのは自分でも少し謎でした。

 

たまたま会社の飲み会があり、彼の武勇伝ではないのですが、出会い系サイトで出会った女性の話をいろいろ聞く機会がありました。

彼の場合は基本的に女性にお金を渡して会うことはしないと言っていたのですが、お金を渡せばもっと出会えるということでした。

おまけに会っている女性の年齢幅も上も広かったので、自分でもいけるのでは?と少し思ったりもしましたが、小遣い制の中で女性に渡せるお金をひねり出すことなど不可能なので、めんどくさいという気持ちもあり、その時は話を聞いたままで終わっていました。

 

ついにサイトに登録へ

それからは出会い系サイトのことなどは完全に忘れていたのですが、しばらくたって別の飲み会で別の後輩が出会い系をしているという話になりました。

よく話をきけば会社の独身の男性はほとんどやっているということで、自分では抵抗があった出会い系なのですが、年代が変われば通常のコミュニケーションつーつなんだと実感しました。

ただ、実感はしたものの、自分は既婚者で40代と彼らとはかなりおかれている条件が違います。

そんな自分にニーズがあるのだろうかとかなり不安でしたが、登録しなければ何も始まらないと思い、業界でも一番の老舗で会員数も多いということを宣伝しているPCMAXに登録をしました。



登録はしたものの

登録したときの感想は、なにかこの先に新しい世界が待っているような気がしてとてもドキドキしました。現に登録してびっくりしたのは、女性のプロフィールを見ると既婚独身問わず、自分でも想定以上の女性の登録者がいたことです。

これだけいれば自分も誰か出会えるのでは?という期待をしたのが正直なところでした。

 

最初は見よう見まねで自分のプロフィールを書いて、女性のプロフィールを見て気になった人にはメールを送りました。

男性は待っていても誰からもメールが来ない。

というのをネットの口コミで見ていたので、何通か送れば1通は返事はあるだろうと気持ちで女性にメールを送っていました。

5通ほど送ったところで、入会時のサービスのポイントも無くなってしまい課金の必要がありました。

返事をもらったのにポイントがなくては意味が無いと思い課金したのですが、その5名の女性からは誰からも返事はありませんでした。

課金もしたし気を取り直して女性にメールを送り続けたのですが、返信率は1割もなかったと思います。

あっという間にポイントが無くなってすぐに課金するという繰り返しでした。

 

ようやく希望がみえた

結局1万円弱ほどはポイントの購入で使ってしまいました。

そのときは自分は年齢もあるし、やはり出会い系に求められていないんだと思っていました。

 

最後のポイント購入と決めて、どうせ最後なんだからいままでと違った方法で女性にアプローチしようと思いました。

それまでは30代の女性にだけメールを送っていたのですが、自分と同世代の40代の女性だけに送るようにしました。

すると不思議なことにメールの内容は同じなのに、返信率が2倍以上よくなりました。

やはり30代女性は競争がかなり厳しかったようです。

 

それから複数の人とやり取りする中で、自分より2歳上の女性と仲良くなりました。

彼女とは趣味などの話もあって、お互い既婚者という状況もあり話がとても盛り上がりました。

2週間ほどやり取りをしたところで、少しためらいましたが自分から会うことを誘いました。

彼女も昼間なら大丈夫ということで、ランチデート?をすることになりました。

ただ不思議なもので会うまではとても緊張していたのに、会って話をしだすと、今までずっと知り合いだったかのような錯覚になるぐらい楽しく盛り上がれて時間もあっという間に過ぎてしまいました。

 

それ以来月に1度会うかないかを3か月強続けています。

未だにプラトニックな関係ですが自分の気持ちがとても満たされていることにとても満足していますし、彼女とはずっと関係を続けていきたいと思っています。


-出会い系
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出会い系は見返りに体の関係を要求?思い違いをしていた私

【誰かに認められたい】 私が初めて出会い系サイトを利用したのは大学4年生の春だった。 周りの友人たちが次々と内定をもらっていく中、私はまだ内定をひとつももらえていなかった。 焦る気持ち、増えていく落選 …

no image

デジカフェで体目的が多いなか、素敵な人に出会いました

1、友人に誘われて出会い系サイトに登録。 私が出会い系サイトに登録したのは24歳の時でした。 きっかけは、会社の同僚です。 お昼休みに同僚が何やら楽しそうにスマホを触っているのを見て、何をしているのか …

no image

40代既婚者女で出会い系サイト常連の私が初心者の頃の経験

私は40代既婚者の女性です。 日常的に出会い系のサイトを使っています。 私が出会い系にはまるようになったのは、約3~4年くらい前からのことでした。 私は出会い系のサイトを使う様になったきっかけや、どん …

no image

出会い系で現役JDムッチリ巨乳と巨漢デブスと会った記録

1. 出会い系を始めた理由&JDとの出会い これはまだ最近の話で、去年の10月ごろの事である。 当時の僕は彼女はいましたがそれ以上に女体を探してました。 風俗は高いしなによりプロだ。 私は安くそして素 …

no image

出会ったばっかりで婚約解消。ゲイの出会い系体験談

1、出会い系サイトの世界 単刀直入ではありますが、私はゲイです。 今でこそメディアで明るく放送されていますが、今も昔も本質の部分はアンダーグラウンドです。 過半数の人がゲイである事を隠して生きています …